あいのりネタバレ16話アジアンジャーニーネタバレ『心が叫びたがってるんだ・・・』

蒼井さくら

あいのりアジアンジャーニー第16話「ママ」のネタバレです。

 

今回の第16話を見て、良くも悪くも、家族の存在って大きいんだなって思いました。

そして、シャイボーイの歌、意外と言ったら失礼ですが(笑)、本当にステキでした♪

シャイボーイの歌声も、さくら的には好きな感じです^^

 

今回はアスカが自分の過去を裕ちゃんに告白します。

さぁ、その結果は?!

 

あいのり:Asinan Journy前回のあらすじは?

まずは前回のお話をチェックしてから、先に進みましょう^^

 

前回は、LGBT事情と、孤児院が多く存在しているというタイの社会的状況を目の当たりにしたメンバー達。

その中の孤児院での体験から、アスカは自分の生い立ちについて、裕ちゃんに話したいという様に考えるようになりました。

 

そう思い悩んでいた時のフリータイムで、裕ちゃんからアスカの手を握ってくると言う出来事が!

これには本人同士だけではなく、スタジオ(そして視聴者も^^)一気にラブモードに突入した様です。

 

かすがは、シャイボーイと新メンバーのトムの2人の間で揺れていました。

この2組のカップルが、今回どの様に進んでいくのか注目です。

 

あいのり:Asinan Journy第16話のあらすじは?

では、本編のご紹介です!

あいのり:Asinan Journy第16話「ママ」のネタバレ、行ってみましょう♪

 

バーベキュー

宿泊先のホテルを探すメンバーですが、見つけたホテルが素敵なコテージ♪

その割にはお安く、生活費に余裕が出たメンバー達は、その日の夕食はコテージのお庭を借りてバーベキューをする事にしました。

 

シャイボーイ・あきら・かすが・かにゃの4人でバーベキューの買出しに出ます。

そこで、金庫番の特権を活かしつつ、シャイボーイがかすがを喜ばせようと頑張ります。

 

シャイボーイ「トウクトウク(タイの簡易タクシーみたいな乗り物)乗ってく?」

かすが「乗ってみたい!乗った事ないねん、トウクトウク」

 

(市場にて)

シャイボーイ「せっかくだから、ご飯だけで1500バーツ(日本円で約5000円)行っちゃいましょうか。」

そして、豪快にお肉を買います。

 

かすが「ピーマン。」

シャイボーイ「ピーマン、欲しいな。大丈夫、もう1個くらい」

かすがの喜ぶ顔見たさに、シャイボーイはかすがの希望を叶えてあげます^^

 

メンバー全員「カンパーイ!!」

バーベキューの時にはビールで乾杯し、メンバー達も楽しそうです。

そして、そこでシャイボーイの恋愛話になります。

 

シャイボーイ「私はあんまり人生で恋愛をした事がなくて。」

アスカ「あんまりって、どれくらいですか?」

シャイボーイ「人生で1度も…です。」

 

裕ちゃん「初恋は?」

かすが「好きな人いるって言ってたやん、昔。」

シャイボーイ「うん、今でも初恋の人が好き。」

 

そこから、それぞれメンバーの恋愛話に発展します。

 

かにゃ「まぁ、好きになった人が、後々結婚したばっかで…そう…悲しい、結構いろいろあったの。」

と泣き出すかにゃ。

男性に対してトラウマがあるそうです。

 

あすか「いっぱい悩んだし、泣いたけど。ここに来れて良かったの。本当にいい旅です。本当に感謝です。」

アスカも思わず泣きだしてしまいます。

 

トム「周りにさ、こんなに真剣に聞いてくれる人もいないしさ。」

トムがそう言うと、メンバー達も「そう!そうなの!」と同意します。

 

真剣に恋愛を考えたいけど、まぁまぁ…と軽く流されてしまってきたと言います。

許嫁がいるトムは、同世代の子よりも真剣に恋愛について悩んできたのかもしれませんね。

 

泥酔するシャイボーイ

恋愛経験の無いシャイボーイは話す事もなく、ついついお酒が進んでしまったようで。

最後には泥酔してしまいます。

 

シャイボーイ「俺はもう、だめだ…もう謝らないけど、本当にごめん。」

かすが「なんで、なんで?なんで、何に謝るん?」

酔っぱらってるシャイボーイの側にいてくれたのは、かすがでした。

 

シャイボーイ「頼りになりたいと思ってた。」

かすが「ううん、頼り甲斐あるよ。」

 

そう言いながら、ヨタヨタと歩き出したシャイボーイの腕を取り、少しお散歩する2人です。

弱って本音を漏らすシャイボーイに、思わずかすがは愛しさが増していったようです。

 

でも、気がかりもあるようで。

かすが(スタッフとの会話)「もし一緒に帰る事になったら、わたし、責任取れるかなって、ちょっと思いました。初めての彼女になるわけじゃいですか、一緒に帰ったら。で、もしキスしたら、それが初めてのキスやし・・・そっか!って、ちょっとビビりました。」

 

ですが、肝心のシャイボーイはというと?!

シャイボーイ(スタッフとの会話)「かすがとしゃべっている時は、よく分からないまましゃべって…あんまり覚えてないです。」

せっかくかすがと腕を組んで歩いた事も、何も覚えていないシャイボーイでした^^;

 

シャイボーイ・オンステージ!

とある漁村にやってきたメンバー達は、その漁村の名物であるカニを食べさせてくれると言うお宅にお邪魔しました。

カニの甲羅剥きをお手伝いするメンバー達。

そして、そのカニを使ったグリーンカレーを頂きました。

 

食事に大満足したメンバー達ですが、外はあいにくのスコールです。

止むまでしばらくの間、そのお宅に居させてもらう事になりました。

 

そうすると、どこからかギターを見つけてきたシャイボーイがノリノリでみんなに歌を披露すると言いました。

シャイボーイ「ギター、もしあったら、かすがに1つアピールになりますけど。ギターはわたしの1つですので。」

 

そして、ここでシャイボーイの作詞作曲の歌を2曲披露します。

1曲目「ママ」

 

2曲目「妹」

 

この歌を聞いたアスカは涙ぐみ、かすがは温かく見守りながら感動したようです。

帰りのラブワゴンで、かすがはシャイボーイの肩にもたれかかり、その姿は本当の恋人同士のようでした。

 

かすがの日記「シャイボーイが喜んでくれるなら、うちはいつだって笑顔でおりたいと思った。」

シャイボーイもかすがと一緒に日本に帰りたいと、さらに強く思った様です。

 

アスカ、裕ちゃんに打ち明ける

その日の夜、アスカが1人で考えていました。

シャイボーイの歌を聞き、家族への思いやあいのりの旅を通じて感じた思いなど、色々な事が頭をよぎったようです。

アスカ(スタッフとの会話)「わたしの悩みが全部、両親とかに繋がるから。そういうのを分かってもらいたいなって思って。」

 

そんな思いを秘めて、裕ちゃんにそんな気持ちを聞いてもらう事を決意したのでした。

アスカ「今回呼び出したのは…いろいろあって、うんとね・・・ベトナムで(私の)家族のこととか、言ったじゃん?ちょっと。」

裕ちゃん「うん、聞いた。2歳から18歳まで施設で育ったって聞いた。」

アスカ「自分が普通の環境じゃないんだなって、思春期とかって気にするじゃん?で、先生とかに、なんで私ここにいるの?って聞いた時に…幼かったから、私はちゃんと覚えてないんだけど…お母さんに暴力振るわれててって聞いて・・・。」

アスカ「お母さんに育ててもらえなくて。お父さんも、経済的にわたしたちを育てる環境になくて、それでアスカはここに来たんだよって聞いて・・・。」

 

アスカは辛そうですが、それでも裕ちゃんに伝えたいと一生懸命話します。

アスカ「お母さんになんか・・・あんたなんか産まなきゃよかったとかって言われて・・・自分が生きてる意味が分かんなくなって私って必要なのかなって。」

 

そこから、自分も病んで行ってしまい、お酒に走ったりした事。

そして、自分も将来的には母親と同じように、自分の子供に虐待をしてしまうんじゃないかという恐怖が常に頭にある事を話します。

 

裕ちゃん「ありがとう、話してくれて。」

そう言って部屋に戻っていくアスカを見送りますが、アスカの状況を理解するのは難しいと言います。

 

そして、正直な胸の内をスタッフにこぼすのでした。

裕ちゃん「重いっすね。自分だけって言われたのも。そうですね、重いですし・・・。」

 

その翌日

裕ちゃんは、翌日からアスカを避けてしまいます。

ラブワゴンでも隣に座るのを避け、ただただ後ろからアスカを見つめています。

フリータイムでも、アスカも裕ちゃんも、それぞれ1人で過ごしていました。

 

その夜、アスカがスタッフに今の心の内を語ります。

アスカ「あっちがどう思ってたとか、はっきり分かんないし。・・・でも告白して、返事を待つしかないかなって。明日でもいけます、早くしたいです。」

とうとう、アスカは裕ちゃんへの告白を決意します。

 

あいのり:Asinan Journy第16話を見た人の感想は?

アスカから裕ちゃんへの告白を決意したところで終わった16話です!

この回を見た人達の感想を集めました!!

 

あいのり:Asinan Journy第16話 まとめ

アスカがついに裕ちゃんへの告白を決めましたね!

初カップル誕生成るか?!

 

前回までは、誰が疑う事も無く両想いで雰囲気も良かったですが、今回のアスカの自分の生い立ちを告白した事で、どの様な展開になるのかが掴めなくなってきました。

正直、普通の家庭で育った20代男子には、厳しい現実ですよね…。

 

でも、アスカにとってはそこは避けて通れないところ。

どうか、上手くいってくれる事を願って、次回を待ちたいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*