この世界の片隅に映画動画をアニポ以外で無料で安全に視聴する方法

この世界の片隅に映画動画をアニポ以外で無料で安全に視聴する方法
蒼井さくら

「この世界の片隅に」は、昭和初期の広島に生きたヒロインの視点からとらえた、生きることの苦しみと喜びを描いた作品です。

豊かな自然とにぎわいのある市街で楽しく生きる人々を表情豊かに紡ぎだすところから始まります。

 

戦争という重いテーマに原爆投下という過酷なシーンを経て、そこから立ち上がる人々の喜怒哀楽が深く掘り下げられています。

ヒロインのしなやかな優しさと強さが大きな人間愛を鮮烈に呼び覚ます、感動的な作品です。

 

今回は、そんなこの世界の片隅にのあらすじ紹介と映画動画をアニポ以外で無料で視聴する方法をご紹介していきます。

 

この世界の片隅に映画動画を無料で視聴する方法!

『この世界の片隅に』のように動画配信サイトで配信されていない作品を視聴するときは、TSUTAYA DISCASを使用する方法がおすすめです。

TSUTAYA DISCASとは、ほかの動画配信サービスと同じような動画配信と共に、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスの事です。

返却もとっても簡単で、視聴し終わったDVDは専用の袋に入れて郵便ポストに投函するだで、延滞料金等の発生もしません。

 

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料お試しキャンペーンを実施しています。

もし試していただいて気に入らなければ30日以内に解約すれば、あなたのお金は一切かかりません。

30日間の無料お試しキャンペーンはいつ終了するかわからないので、今すぐにでも登録したほうが良いですよ。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『この世界の片隅に』を視聴する↑↑↑

 

「この世界の片隅に」映画動画の基本情報は?

「この世界の片隅に」は昭和初期の広島市・呉市を舞台に戦時下で強く生きる人々を描いたアニメーション映画です。

2015年にクラウドファンディングで目標額を大きく上回る3912万円もの支援を集めたことが大きな話題になり、2016年の公開後は1年以上にわたってロングランヒットを継続しています。

 

さらに、日本アカデミー賞アニメ部門をはじめとする映画賞を多数受賞し、外国でも50か国以上で公開されて人気を集めています。

2018年末には約30分以上の新作パートを追加した長尺版の公開も予定されています。

 

「この世界の片隅に」映画動画あらすじは?

すずは働き者でピュアな少女

#この世界の片隅に

A post shared by li-ptn (@fo4gooo) on

ヒロインの浦野すずは、絵を描くのが大好きなおっとりとした性格の少女です。

両親が営む海苔づくりの仕事や妹の世話なども真面目に手伝っています。

 

すずは、ショーウインドウが映えるデパートを中心に賑わう広島市や、豊かな自然のなかで家族や友人たちと楽しく暮らしています。

あまいキャラメルや祖母が仕立ててくれた着物にときめいたり、不思議な少年や座敷童に出会って空想を広げたり、同級生の少年・水原哲と軽口を叩きあったりする穏やかな日々が流れます。

 

この世界の片隅に:ささやかな幸せと忍び寄る戦争の影

「この世界の片隅に」 ・ 2016年に公開され異例の大ヒットとなったアニメーション映画 ・ この映画を見て私が感じたことは、 「戦争が“日常”となってしまうことの恐ろしさ」 本来身近にあってはならないはずの戦争が、極普通の幸せな暮らしを奪い去り、多くの人の人生を狂わせる。 ・ 一方で、一緒に見た母の感想は、 「戦時中におけるささやかな“日常”の美しさ」 世間に暗い影が落とされた時代でも、小さな幸せをみつけて生きていく人々。 ・ 面白いくらいに捉え方が分かれた。 だから、母は見終わったあと「なんとなく幸せな気持ちなった」と言ったし、 私は精神的に疲れた、と感じた。 ・ この感じ、何かに似てる。と見終わってからずっと考えてて、やっと分かった。 修学旅行で被曝者の方の体験を聞いたときと同じ感じだって。 歴史に描かれることのないその時代にどこにでもいたであろう人の言葉の重みは、他の戦争記録とは比べ物にならなかった。 でもその話を聞けたことは凄く貴重な経験だと思うし、聞けてよかったと心から思った。 この映画からもそのときと似た気持ちを覚えた。 ・ この映画には、クスリと笑えるようなシーンも沢山あって、戦争だけがテーマじゃない。だから、母が感じたように温かさも含まれてる。 ・ うまく言えないけど、作り手の愛が感じられる素敵な映画だなと思いました。 ・ #この世界の片隅に#movie#映画#趣味#趣味の時間

A post shared by n a m i ❄️ (@ny______1228) on

18歳になったすずは、幼少時代に一度だけ出会った北條周作という青年と結婚し、広島市から呉市へと嫁ぎます。

嫁いだ北条家でもすずはよく働き、よく笑って幸せな日々を過ごします。

 

嫁ぎ先から出戻ってきた周作の姉・径子はクールで何でもテキパキこなしてしまう女性だったので、小言を言われたりすることもありましたが、ホンワカしたすずにはあまり響いていませんでした。

径子が連れて帰ってきた娘の晴美はまだ幼い無邪気な少女で、すずによく懐き、すずも絵を描いてあげるなどとてもよく可愛がっていました。

 

しかし、徐々に空襲や疎開、すずの兄の死亡など、戦争の影が色濃くなって平和な生活が壊れ始めます。

 

この世界の片隅に:何もかも奪っていく戦争の痛み

空襲警報が市街に鳴り響き、防空壕に避難する回数もどんどん増えていきます。

すずは晴美を連れて、空襲でケガを負った義父のお見舞いに行きますが、そのま帰り道にまた始まった空襲で防空壕に避難します。

 

懸命に晴美を守ったすずでしたが、安心して防空壕からでた直後に、時限式の焼夷弾の爆発に巻き込まれて晴美が亡くなってしまいます。

すずは晴美としっかりつないでいた右側の手を失い、大事な義妹と絵を描く自由を奪われました。

 

径子はすずを「あんたがついていながら!人殺し!」と激しく批難し続け、すずもただただ絶望して死にたいと思うような暗い日々過ごします。

 

この世界の片隅に:原爆投下された広島で…それでも前へ

https://www.instagram.com/p/BeNqLE_BG3M/?hl=ja&tagged=%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB

7月に入ってさらに戦況が悪化する中、焼夷弾や機銃掃射による空襲で多くの人々が命を落とします。

すずは、「広島に帰りたい」と周作に訴えるなど、精神的に不安定な状態を引きずっていました。

そんな中で迎えた8月6日の朝、ようやく気持ちの整理がついた径子がすずに謝罪し、すずは心を救われて安らぎを得ます。

 

しかし、その直後に広島で原爆が投下され、人々はその衝撃音と見たこともないキノコ雲に驚愕し、追って伝わってきた広島市の惨状に打ちのめされます。

そしてようやく迎えた終戦の日。玉音放送をラジオで聞いたすずは、畑に飛び出して泣き崩れました。

 

終戦後、すずは広島市の惨状を目にし、両親の死と、妹のすみが生きていることを知りました。

すずと周作はすみのお見舞いに行った後、呉に向かう電車待ちの間に幼い身寄りのない少女・ヨーコに出会います。

 

すずを母だと思って無邪気に慕ってくるヨーコを微笑ましく見守った2人は、ヨーコを連れて呉に帰郷します。

そして北條家の面々も突然現れた幼い少女をあたたかく迎え入れるのでした。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『この世界の片隅に』を視聴する↑↑↑

 

「この世界の片隅に」映画動画に登場するキャストは?

この世界の片隅に 北條すず役:のん

https://www.instagram.com/p/BeXkBETAA_t/?hl=ja&tagged=%E3%81%AE%E3%82%93

すずは明るくて、のんびりした性格ですが、忍耐力も強く、よく働く芯のある女性です。特技は絵を描くことや空想にふけること。

旧姓は浦野で、実家は広島市江波で海藻から海苔を作る生業を営んでいました。

幼い頃に周作と出会ったのをきっかけに見初められ、呉市に住む北條家に嫁ぎました。

 

この世界の片隅に 北條周作役:細谷佳正

https://www.instagram.com/p/BeVmjO2A1a9/?hl=ja&tagged=%E7%B4%B0%E8%B0%B7%E4%BD%B3%E6%AD%A3

すずの夫で、呉鎮守府の軍法会議録事(書記官)という軍関係の仕事に就いています。

幼い頃に一度だけ広島市で出会ったすずに恋をして、数年後に名前と稼業を頼りに探し出したという情熱的なエピソードを持っています。

すずを優しく、おおらかに見守る立派な男性です。

 

この世界の片隅に 水原哲役:小野大輔

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章「天命篇」|古代進役・小野大輔さんのオフィシャルインタビュー . ──最後に第四章を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。 小野:いきなり第四章から観ると分からないこともあると思いますが、冒頭に「これまでのあらすじ」もありますので初心者の方もご安心ください!劇場で見ていただくのが一番いいなと思うスケールの大きさで描かれています。その大きな愛を感じていただければと思います。 (文章の一節を抜粋する) . ※ アキバ総研/mantan/webnewtype/animatetimes(インタビュー写真まとめ) #小野大輔 #onodaisuke #onod #声優 #seiyuu #_onodaisuke_news

A post shared by 「小野大輔 Ono Daisuke Fanpage」 (@_onodaisuke_) on

小学校時代のすずの幼なじみで素直になれない不器用な性格。

すずとは軽口を叩きあうような仲でしたが、お互い淡い初恋を抱いていました。

志願兵として海軍に入隊して、重巡洋艦「青葉」の乗員となります。

すずを探して浦野家を訪れた北條周作と父親に、わざと違う道を教えて邪魔をしますが、その先にはとつぜんの求婚に驚いたすずが避難しており、結局は周作とすずが再会するきっかけとなりました。

 

この世界の片隅に 黒村 径子役:尾身美詞

周作の姉で、しっかり者の女性。

夫の病死後、建物疎開で義実家が引っ越すことになったため離縁して、跡取りの長男を残し、娘の晴美を連れて北條家に戻ってきました。

 

この世界の片隅に 黒村晴美役:稲葉菜月

すずさんと晴美ちゃん。 #のん #稲葉菜月 #この世界の片隅に

A post shared by dewasanzan (@dewasanzan) on

径子の娘で、無邪気な性格の幼い少女。兄に教えてもらったらしく、呉に停泊する軍艦を見てはしゃぐのが好きです。

よく一緒に遊んでくれる優しいすずにベッタリ懐いています。

 

この世界の片隅に 浦野 すみ役:潘めぐみ

すずの年子の妹で、しっかり者の美人。女子挺身隊の一員として陸軍の軍需工場に動員されて働いていました。

原爆投下後の広島市内で、父とともに母を探しているうちに二次被爆してしまい、原爆症に悩まされることになります。

 

「この世界の片隅に」の映画動画の3つの必見ポイントは?

やわらかな色彩で描かれた豊かな表情と風景

#この世界の片隅に #すず #周作 #広島 #japan

A post shared by misyeru (@misyeru___1) on

「この世界の片隅に」の最大の見どころは、登場人物の優しさや強さです。

人々の喜怒哀楽から、豊かな海や山野、にぎわいのある街並みといった背景にいたるまで、すべてが柔らかな雰囲気で描かれ、作品全体があたたかなノスタルジーに満ちています。

そしてその美しさが、失ってしまったもの、そして取り返していくものの大きさの価値をまたより強く印象づけています。

 

非常時の中の日常

結婚後のすずが暮らした呉市は、「大和」をはじめとする大型の軍艦を製造していた巨大な軍港でした。

それゆえに生業を得て潤っていた部分もあれば、逆に空襲のターゲットとなって多くの犠牲をはらうことになった部分もあります。

作中では、空襲が次第に激しくなって戦況も生活も急速に悪化していきますが、そんな中でも生活の工夫を凝らし、ただ前向きに生きようとするヒロイン・すずと北條家の人々の姿が力強く描かれています。

 

目をそらさず、伝えていくべき戦争の記憶

「この世界の片隅に」では、生活面でも戦争面でも、戦争綿密な取材に基づいた時代考証がなされています。

懐かしくあたたかな生活面の描写は癒しであり、そして残酷なまでにリアルな戦争面の描写は悔恨と平和への祈りを強く呼び覚まします。

 

穏やかな日常のあとに迫りくる苛烈な空襲、原爆投下、逃げまどう人々の怒り・苦しみは、その落差もあって目をそむけたくなるようなシーンの連続です。

原爆投下に続く終戦の流れでは完全に何もかも終わってしまったかのような絶望に浸食されます。

 

しかし、そのどん底からまた立ち上がり、歩き出した人々の再生がまた穏やかに紡がれていきます。

希望を掲げて新たなスタートを切る人々の力強さと、ゆるぎない反戦・平和への祈りに心を揺さぶられます。

 

「この世界の片隅に」の動画を視聴した人たちの感想は?

「この世界の片隅に」が描く戦争や日常を見た皆さんのコメントをご紹介します。

青森県:岩本 毅

壮絶な戦争の中と前後に、あたたかい日常が希望となって描かれています。

正直、戦争物もアニメ映画もあまり興味はなかったのですが、見てとても良かったと思っています。

名作「火垂るの墓」のように繰り返し、語られていくべき傑作です。

東京都:堀端 唯夫

のんさんが演じる、ホンワカした主人公がとても印象的でした。戦時下なのにまだ笑える強さ、人を動かしていく力が本当にスゴいです。

失ったものの大きさが本当に身に染みます。玉音放送のあとのすずの慟哭は、まさにその時誰もが思っていた日本人の叫びでした。

香川県:片田 和泉

戦争の話はあまり見たくないというか、見ないようにしていたのですが、柔らかなタッチやヒロインの笑顔にひかれて見ることにしました。

今まで学校などで戦争についてさんざん聞かされて、映画も記録も見て、感想を述べてきましたが、そこにあった人々の生活にまで思いをはせたことはあまりありませんでした。

平和なシーンと辛い戦争のシーンとの凄まじいギャップで、改めて戦争が現実にあったことだったと思い知らされた気がします。

長野県:木南 由依子

まるで自分がその時代にいたかのように、すべてに感情移入してしまう映画です。

単なる反戦でもなく、戦争美化でもない、リアルな人々の喜怒哀楽と残酷なまでにディテールが細かい戦争の描写に圧倒されました。

最後に灯る希望の光が、見終わった後もずっと心にあたたかく残っています。

「この世界の片隅に」は、戦時下の人々のリアルな描写による臨場感で、現代を生きる人々に大きな反響を呼んでいます。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『この世界の片隅に』を視聴する↑↑↑

 

「この世界の片隅に」映画動画のまとめ

「この世界の片隅に」は、どの時代でも変わらないあたたかな人間愛と、戦争という人間の愚かさを改めて思い知らされる力強い作品です。

客観的に見た厳しい現実も織り込まれていて、単なる反戦ではない、より強い平和への祈りと人間賛歌が心に大きな感動をもたらします。

 

*本ページの情報は18年1月時点のものです。最新の配信状況はTSUTAYAディスカスのサイトにてご確認ください*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*