ぽっぽや映画のキャストとあらすじ無料で視聴できる方法はこれだ!

ぽっぽや映画のキャストとあらすじ無料で視聴できる方法はこれだ!
蒼井さくら

こんにちは、渋めのオジサマ好きのさくらです。

大人気映画の『ぽっぽや』ですが、あなたは以前に映画館でチェックしましたか!?

今や知らない人はほとんどいないのでは!?と言われている程有名な映画の一つですが…

 

  • 『今更だけどぽっぽやをもう一回ちゃんと観てみたい!!』
  • 『ぽっぽやを家でゆっくり観たいんだけどどうすればいいの!?』
  • 『ぽっぽやのキャストとかあらすじをもっと知って、もう一回自宅でストーリーを楽しみたい!』

 

こんなふうに感じている方も多いのではないでしょうか!?

以前気になっていた映画を自宅でゆったり観るのってとっても幸せですよね…。

 

そこで今回は『ぽっぽや映画のキャストとあらすじ無料で視聴できる方法はこれだ!』について詳しくご紹介していきたいと思います!!

あなたももっとぽっぽやについて詳しくなって、ストーリーをさらに楽しんでみてはいかがでしょうか!?

では、さっそくぽっぽや映画動画についての基本情報をご紹介していきます!!

 

ぽっぽや映画動画の基本情報は?

映画『ぽっぽや』は、北海道の雪深い町の駅舎を舞台に、鉄道員として生きたひとりの男の姿を綴ったドラマになっているんですよね。

監督は「現代任侠伝」の降旗康男さんという方なのですが、もしかしたら現代人はそこまで知っている!という人が多くないかもしれませんね…。

 

浅田次郎による第二十七回直木賞受賞の同名小説を、『植村直巳物語』の岩間芳樹と降旗監督が共同脚色したと言われているとても壮大な作品に仕上がっています。

撮影は「おもちゃ」の木村大作が担当しています。

 

何と言っても主演が「四十七人の刺客」でも名演技を魅せてくれた伝説の俳優高倉健さん。

ぽっぽやと聞くと、やはり一番に高倉健さんの顔が浮かぶ…という人も少なくないのではないでしょうか?

このぽっぽやでの名演技がとても有名で、さすが高倉健様!!と言った感じです。

その他にも今や大女優である大竹しのぶさんや、広末涼子さんらが出演していることでも有名ですよね。

主人公の佐藤乙松は、北海道の道央にある廃止寸前のローカル線「幌舞線(ほろまいせん)」の終着駅・幌舞駅の駅長として働いていました。

鉄道員一筋に生きてきた彼はいよいよ定年退職の年を迎え、また同時に古くなってしまった幌舞駅も路線とともに廃止の時を迎えようとしていたのです。

 

彼は不幸にも生まれたばかりの一人娘を病気で失ってしまい、なんと妻にも先立たれてしまい…とてもとても孤独な生活を送っていたました。

ある大雪の日、ホームの雪掻きをする彼のもとに、忘れ物をしてしまったと訴える一人の鉄道ファンの少女が現れる。

乙松が近所にある寺の住職の孫だと思い込んだ彼女の来訪は、彼に訪れた優しい奇蹟の始まりだったのです…。

 

では、ぽっぽや映画動画のあらすじはどんな感じなのでしょうか!?さっそく見て行きましょう!!

 

ぽっぽやを今すぐに無料で視聴する方法

ぽっぽやを無料で今すぐに視聴する方法を紹介します。

ぽっぽやを視聴するおすすめの方法は、動画配信サービスのHuluを使用する方法です。

 

>>>Huluに登録して『ぽっぽや』を今すぐに視聴する<<<

Huluでは現在14日間の無料トライアルを実施しているので、14日以内に解約をすれば、あなたのお金がかかることはありません。

この機会にぜひ素敵な動画ライフを手に入れてください。

>>>Huluに登録して『ぽっぽや』を今すぐに視聴する<<<

 

ぽっぽや映画動画のあらすじは?

鉄道員

いよいよおんぼろの駅で働く佐藤乙松の定年退職が近づいてきた北海道の冬…。

駅長を務める幌舞駅もまた、定年というものが近づいてきていたのです。

北海道ローカル線である幌舞線が廃止になる翌年の春は、佐藤乙松が退職する時期とたまたま同じ時期になるということだったのです。

 

寡黙に仕事をこなす彼に家族はいないし、帰ってもいつも一人…生き甲斐はやはり駅の仕事しかなかったのです。

17年前まだ幼かった一人娘の雪子を亡くしてしまい、それと同時に妻の静江が亡くなってしまったのです。

妻が亡くなった日でさえもきちんと仕事をこなし、北海道で今にもつぶれそうなおんぼろの駅のホームに立ち続けていました。

 

正月に同僚の美寄駅長を務める杉浦が訊ねてきて、共にトマムのホテルへ再就職しないか?というふうに誘われることもありましたが、乙松は賛同しませんでした。

鉄道員(ぽっぽや)でなくなった自分など全くもって想像できなかったし、これからどうなるのかなんてこれっぽっちも考えていなかったのだ。

今のままがいい・・今のままでいいと感じていたからです。

 

少女

そんなある日変わらず業務をこなす乙松のもとへ、とっても小くて可愛い女の子が姿を見せたのです…。

正月休みを使ってここまでやって来たのだと話す、まだあどけないその女の子は、なんと帰り際に大好きな人形を駅に忘れていってしまうのです…。

 

なにやら最近ではあまり見かけないその人形が、彼が生前の雪子に自分があげた人形と、なんとなくというより本当にそっくりだったのを思い出していました。

午後になって、女の子の姉だと言う小学校6年生の少女が、あの女の子が大事にしていた人形を取りにきたということを伝え、駅を訪れました。

 

誰に対しても人見知りしない彼女は、不器用でわりと無口な乙松にもまったく動じずにとても親しげに話し、なんと最後には彼の頬にキスをして帰っていったくらいです。

また顔を見に来ていた杉浦に、相手は雪女かと茶化されるが「雪女にちゅーされたら凍っちまうべ」と呟く乙松の顔は、まんざらでもなさそうだった。

 

乙松は、なんとなくではありますが、久しぶりに自分自身の心の奥底があったまるのを感じていました。

 

高校生

杉浦も帰ってしまい、また一人になった駅へ今度は高校生くらいの少女が現れ乙松に声をかけてきたのです…。

「また姉さんかい」と聞く乙松に、自分たちは近所に住む寺の住職の孫だと話す。

 

「鉄道が好きなの」と話す少女は本当に心底鉄道が好きらしく、二人は誰も来ない駅舎で鉄道についての会話をどんどん弾ませていったのです。

更になんと少女は乙松のために鍋を作ってくれたのです…!!

 

寒い季節にこんな鍋とは…と感極まる乙松は、もういつ死んでもいいと少女にこぼすくらい心があったまり、感動してしまいました。

そこへ電話がかかってきて出てみると、住職からということで、その住職から「孫は帰って来てない」と告げられ驚く乙松。

 

雪子

改めて少女の顔を見た乙松は、人形を忘れた女の子や6年生の少女にも感じていた既視感にいよいよ『もしかしたらこの子達は…』と確信を持つようになるのです。

「ゆっこ(雪子)か?」という問いかけに、少女佐藤雪子は笑って答えた。

 

そうなんです…死んだ雪子が幽霊となって、17年で成長していく姿を見せに現れてくれていたのでした。

この瞬間、視聴者はきっと鳥肌が立ったり、自然に涙が溢れることでしょう。

 

そしてあの人形もやはり、乙松が買ってあげた人形に間違いなかったと再認識するのです…。

強く抱きしめる乙松に、雪子は微笑んで抱き返しますが、やがて雪子は乙松を残して静かに静かに消えていきました…。

 

日誌には「異常なし」の文字だけがつづられていた。

翌日の駅のホームで、冷たくなった乙松の亡骸が雪に埋もれていたのを、ラッセル車の乗員が発見しました。

 

では、気になるぽっぽや映画動画のキャストをご紹介していきます!!

 

>>>Huluに登録して『ぽっぽや』を今すぐに視聴する<<<

 

ぽっぽや映画動画のキャストは?

佐藤乙松:高倉健

幌舞線とともに生きてきた鉄道員を演じるのはあの有名俳優である、高倉健さん。

蒸気機関車のカマ焚き・機関士を経て1976年(昭和51年)より幌舞駅長を任じられ、退職を迎える。

 

ちょっとだけ怖がりな自分の性格をきちんと自負しているが鉄道員一筋で、寡黙でまじめ。

きちんと部下や同僚を気遣うことができる心の優しさを持っていて、みんなからは「乙松さん」と慕われている。

 

佐藤雪子乙松と静枝が結婚後17年を経て授かった一人娘がいますが、生まれて数ヶ月で亡くしてしまう。

それと同時に奥さんも亡くしてしまうと言う不幸な出来事が続いた過去があった…。

 

佐藤静枝:大竹しのぶ

乙松の妻を演じるのは大竹しのぶさん…乙松とともに駅を支える存在である。

しかし体が弱く、暫く子供に恵まれなかったと言われています。

 

雪子の没後しばらく経過した現在から2年前に病死するが、乙松は雪子の時と同じく、仕事から離れられずに最期を看取れなかった。

大竹しのぶさんの演技力がとても光っているので、ぜひ注目してみて下さいね。

 

3人の少女(佐藤雪子):山田さくや(幼少時)・谷口紗耶香(小学校6年生)・広末涼子(高校生)

現代の乙松の許へ、見覚えがある人形を抱えて現れた少女とその姉二人。

乙松と同じく「佐藤」と名乗る。

 

正月休みで遊びに来たと話し、乙松は近所にある寺の住職の孫だと思い込んでいたが、住職からの電話で「娘も孫も帰ってきていない」と告げられ、少女が亡くなった雪子であることを悟る…。

この映画で広末涼子の演技力や存在感が認められたと言われている程、とてもナチュラルな演技が美しく、見ていて清々しい気持ちになる。

 

杉浦仙次:小林稔侍

乙松の同僚で互いに”乙さん”、”仙ちゃん”と呼び合う仲だと言われている。

退職後はトマムのホテルへJRのコネで天下りすることになっており、乙松にも勇退後の再就職先として誘いに、正月に幌舞駅を訪れる。

が…断られてしまう。

でも二人はとても仲がいいので、映画の中でもほっこりした時間が流れて行きます。

 

杉浦明子:田中好子

仙次の妻。

乙松に代わって仙次と共に静枝の最期を看取り、当時は静枝の最期を看取れなかった乙松を強く責めてしまう。

ですが、仙次と同じくらい乙松の人柄をよく知っているため、静枝の亡き後は乙松の支えになったと言われています。

とてもしっとりした演技が魅力的なので、あまりくどい演技が好きじゃない!という映画ファンからはとても好評だったようです。

 

杉浦秀男:吉岡秀隆

仙次と明子の長男。乙松から“秀坊”と呼ばれるくらい可愛がられている。

幌舞線で高校へ通ったことから乙松にはとても感謝している。

JR北海道の札幌本社に務めているということもあり、内示より早く、乙松へ幌舞線の廃止を電話で伝えた。

 

では、ぽっぽや映画動画の必見ポイントを3つご紹介していきます!!

 

>>>Huluに登録して『ぽっぽや』を今すぐに視聴する<<<

 

ぽっぽや映画動画の必見ポイント3つは?

北海道の寒さが映像で伝わってくる!!

映画ぽっぽやは、北海道が舞台のためやはりその寒さがすごいんだろうなあ…というところが、映像を通してビシビシ伝わってくるのです。

ただ寒そう…というだけでなく、その寒さが高倉健が演じる乙松の寂しさや孤独感をとてもよく表現しているため、痛々しくなってしまうくらいなんです…。

 

ですがその痛みこそがこの映画のいいところであり、見どころポイントになっているので、北海道の寒さと乙松の孤独感や悲壮感をぜひぜひ感じてほしいなと思います!

ぽっぽやを見たあとは、思わず北海道にいきたくなること間違いなしですよ!!

 

高倉健が渋い!

ぽっぽやと言えばやっぱり高倉健さん!と言えるくらい高倉健さんの名演技が光る映画になっているんです。

もちろん『もう知っているよ!』『高倉健を知らない人はいないだろ!!』というような声が聞こえてきますが、それでもそれでももう一回高倉健さんの凄みを確認してみて下さい。

 

言葉ではなくて、本当に顔の表情や背中、横顔で魅せてくれる高倉健独特の世界観に浸ってみてください。

本当にどうして彼が名優と言われているのかということが、よくわかる映画の一つとなっているので、これを見逃してしまったら高倉健を語れないでしょう。

ぽっぽやは若い世代はもちろん、やはり高倉健さん世代にとてもウケがよかったため、お父さんやお母さんを誘って自宅でゆっくり見るなんて言うのもおすすめですよ!!

 

とにかく泣ける!!

最初は本当に純粋に、駅に遊びに来る少女達を眺めているのですが、だんだんと視聴者も『ん…?もしかして…』とわかってくるかもしれません。

それが亡くなってしまった最愛の妻雪子だと知った瞬間に、きっと鳥肌ものですよ!!

 

わかってしまっている人もいるかもしれませんが、本当にそれが実感に変わったとき、きっとあなたの涙がとてもあたたかいところから流れ出すでしょう。

その時の高倉健の名演技にも注目してみて下さい!!

まさにこれぞ名演技…という演技を魅せてくれるので、涙を流すんだ!という心の準備をしっかりしてから映画を楽しんで下さいね。

 

きっと、メイクも心の汚れも最後にはスッキリ落としてくれて、あなたの綺麗な部分を引き出してくれるような映画になっていますよ。

とにかく泣けます…。

 

では、最後にぽっぽや映画動画を視聴した人たちの感想を見て行きましょう!!

みんなも色んな感想を持っているので、ぜひぽっぽやを見る前に感想もチェックしてみて下さいね。

 

ぽっぽや映画動画を視聴した人たちの感想は?

やはり名作といわれるだけあって、今でもその次場r鷲差に感動している人が多いよううです。

 

>>>Huluに登録して『ぽっぽや』を今すぐに視聴する<<<

 

ぽっぽや映画動画まとめ

いかがでしたか、高倉健さん主演の名作ぽっぽや。

今でも第一線で活躍している俳優さんたちが多く出演されています。

古き良き日本を感じさせてくれる作品で本当に感動します。

 

そんなぽっぽやを視聴したいという方は上記で説明した方法であれば、今すぐに無料で視聴できますよ!

無料お試し期間のうちにぜひご覧くださいね。

 

>>>Huluに登録して『ぽっぽや』を今すぐに視聴する<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*