コードブルー3 柳葉敏郎は出演しない?腕を切ったお話の全貌も紹介

コードブルー3 柳葉敏郎は出演しない?腕を切ったお話の全貌も紹介
セレナ

フジテレビ系列の2017年7月スタートのドラマ、コードブルー3rdシーズン。

柳葉敏郎さんはコードブルー3で出演しないのかどうかって気になりますよね。

 

  • どうしてキャスト欄に名前がないのか?
  • コードブルー3ではもしかして登場しないのでは?

 

このような声が多く上がっていました。

柳葉敏郎さんが登場しないのは、シーズン1での事故が大きな原因なのでしょうか?

ここでは、コードブルー3の柳葉敏郎さんが登場するのかどうかについて詳しくご紹介します。

 

コードブルー3での柳葉敏郎さんを望む声

コードブルー3 柳葉敏郎は出演しない?腕を切ったお話の全貌も紹介

コードブルー3rdシーズンで柳葉敏郎さんを望んでいる声が多数ツイッターに上がっていました。

セレナ
2008年と2010年にシーズン1、2と放送されましたが、このドラマ「コード・ブルー」が2017年7月にシーズン3としてスタートするものの、残念ながら、キャスト一覧の場所に柳葉敏郎さんの名前はありません。

こちらが公式サイトに書かれていたキャスト達です。

エレーナ
確かにどこにもありませんよねー。

 

今までコードブルーを視聴してきた私にとっては、とってもショックだったんです。

柳葉敏郎さんのファンも多かったということもあって、実際にがっかりしたという人も多いです。

 

シーズン1、シーズン2を視聴していただくとお分かりになると思いますが、柳葉さんの演じた役のセリフの中にはドラマの名言になるような言葉も多かったですのでねー。

なかなかかっこいいですよね。

 

柳葉敏郎さんってどんな俳優さんなのか?

セレナ

それでは、この柳葉敏郎さんはどのような俳優さんなのか、簡単にプロフィールをチェックしていきましょう。

柳葉敏郎さんは、俳優、歌手、タレントとマルチで活躍されている芸能人ですね。

 

基本的なプロフィールはこんなかんじです。

生年月日 1961年1月3日
出生地 日本・秋田県仙北郡西仙北町
身長 171cm
血液型 O型
職業 俳優、歌手、タレント
ジャンル 映画・テレビドラマ・CM
活動期間 1980年 –
活動内容 1980年:俳優デビュー
1984年:一世風靡セピア
1994年:『29歳のクリスマス』
1997年:『踊る大捜査線』
2005年:『容疑者 室井慎次』
配偶者 既婚
事務所 融合事務所

2017年現在56歳で「ギバちゃん」の愛称で広く親しまれています。

秋田の高校を卒業後、18歳の頃に日本テレビのオーディション番組「スター誕生!」に応募してテレビ予選に出場されます。

なのですが、合格ラインまであと一歩届かず、挑戦者全員が落選します。

 

これをきっかけにして、上京し、劇団ひまわりに入団します。

柳葉は上京することは夢だったものの、芸能人になるつもりはなかったそうです。

 

しかし、高校の同級生で柳葉のライバルがいて、その同級生が上京したことをきっかけに、勝負するなら東京でと考え芸能入りをします。

その後、渋谷のディスコ仲間でNHK前の路上で寸劇をしていた劇男零心会に所属します。劇男一世風靡のメンバーの中から結成された「一世風靡セピア」のメンバーとして歌手デビューし、当時の若者の代表格的存在となりました。

1983年9月よりスタートしたバラエティ番組『欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子』に「良川先生」としてレギュラー出演。

 

オードリー

このときに、萩本欽一がオーディションを終えた後に、オーディションが終わって何の予定もない寂しい奴にいいことがあってもいいじゃないか。だから、一番早くに帰宅した人を採用すると決めて、関係者にオーディション参加者の家に電話をかけさせたとき、最初に繋がったのが柳葉だったというエピソードがありますよ。

 

ロザリア

1980年に俳優としてデビューし以後、数多くのテレビドラマや映画、舞台などに出演しているみたいね。

また、バラエティ番組やCMなど多方面で活躍している。

 

ちなみに、最近の出演ドラマには以下のような作品。

  • 検事・霧島三郎(2014年12月15日、TBS『月曜ゴールデン』) – 主演・霧島三郎 役
  • 誤断(2015年11月22日 – 、WOWOW『連続ドラマW』) – 高藤辰美 役
  • ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016「誘う沼」(2016年8月20日、フジテレビ) – 主演・高松明憲 役
  • ノンママ白書(2016年9月17日 – 、東海テレビ・フジテレビ系) – 霧島研一 役(特別出演)
  • 二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった(2017年3月25日・26日、テレビ朝日) – ケン石動

ジャンルも幅広い。

 

柳葉敏郎さんのコードブルーでの役どころと腕切断事件の真相

コードブルー3 柳葉敏郎は出演しない?腕を切ったお話の全貌も紹介
セレナ
柳葉敏郎さんといえば、コードブルー1stシーズン、2ndシーズンでは、山下智久さんや新垣結衣さんが演じているフェロードクターの教育を任されているシニアドクター、黒田修二役を演じていました。

シーズン1では、新垣結衣さんが演じている白石のことをかばって、腕を切断します。

切断にともなって、外科医としての生命を絶たれてしまった黒田。

 

season2ではほとんど出演をしていません。

 

それでは、コードブルー1、2の中でいったい、黒田を襲った悲劇は何だったのか、簡単にお話を復習しておきます。

 

『コードブルー1』黒田先生を襲った事故の全貌はこちら。

https://twitter.com/gakilar_coron/status/881531820675743744

一番気になるのは、黒田先生が腕を切断することになった回ですよね。

 

黒田先生が腕を切断しなければいけない事故に巻き込まれたのは、コードブルー1stseasonの1話の後半です。

8話のラストで、鉄骨の下敷きになり、9話で接合手術が開始されるという流れということもあって、この2回は重要な流れになっています。

 

第8話:『白石の身代わりになる黒田』

化学工場でボイラー爆発事故が発生します。

そこに、黒田と白石、冴島がドクターヘリで向かいます。

 

そんなときに、火災発生地点から離れたところで運び出されてくる患者をトリアージしていると、レスキュー隊員からボイラー室で動けなくなった人がいるという情報が入ってきます。

 

そのことを聞いた白石は焦って走り出します。

しかし、それを追いかける黒田。

 

「おい待て白石・・・待て白石!爆発現場に入るときには、消防に安全確認だ・・・」

 

そう黒田が叫んだとき、突然蒸気が噴出してそのことによって、頭の上から鉄骨が落下してきます。

白石の危険を感じた黒田は白石を突き飛ばします。

 

しかし、その結果、黒田の右腕が鉄骨の下敷き状態になります。

 

タッチアンドゴーで駆けつける藍沢と緋山が黒田先生の元に駆け寄ります。

すでに虚血時間は20分経っていて、骨(動脈)が振れにくくなっていました。

 

しかも、腕にのしかかっている鉄骨の重さは100キロを超えていて、レスキューが間に合いません。

 

ここで、黒田を助ける方法は腕の切断しかありません。

その判断に対して、黒田は「その通りだー」と答え、挟まれた腕を切断するように藍沢に指示。

 

「・・・切れ・・・切れ、藍沢」

「わかりました・・・、消毒だ・・・」

 

そして、すぐに翔北救命センターに搬送されます。

ドクターヘリの中で、搬送中の黒田と切り離された右腕がビニール袋に入っている姿が描写されます。

 

第9話:『壊れた絆』


執刀医は整形外科医の森本。

助手は藍沢が担当します。

 

切断されてしまった右腕肢再建のために緊急手術が行われます。

段端の軟部組織の座滅が酷かったが、何とか接着ができたものの、大幅に機能を改善することが出来ません。

 

2週間してからリハビリをして3か月から半年して動かなかった場合、腕筋肉と腱の剥離手術が行われます。

 

回復する可能性はわずかの10%以下。

意識が戻った黒田に、執刀医の森本が説明します。

 

「・・・もし回復できたとしてもメスは握れないと考えてください。物が掴めるようになれれば、というところだと思います・・・。藍沢の判断はベストでした・・・上腕での鋭的切断は術後の機能回復を最優先に考えたのだと思います・・・残念です」

 

医者が負傷した事故がきっかけに、病院の中では安全管理委員会が開かれました。

安全確認を怠った白石と右腕切断を判断して処置した藍沢。

病院側の弁護士、事務長から厳しく追及されることに。

 

「救命の前責任は私にあります・・・」

そういって、田所部長がすべて引き受けました。

 

以上が黒田が腕を切断することになった事件のお話です。

 

柳葉敏郎さんが腕を切ることになったシーンの動画を視聴したい人はこちらをチェックしてみてくださいね。

>> コードブルー1stシーズンラストの柳葉敏郎が腕を切ることになる動画の視聴はこちらをクリック!

 

柳葉敏郎さんの過去作に対する評価は?

そんな役を演じてきた柳葉敏郎さんなのですが、作品の中ではかなり評価が高いです。

実際にツイッターに上がっていた柳葉敏郎さんに対する評価の声をチェックしていきましょう。

 

こちらを見て頂くとお分かりになると思いますが、コードブルーと言えば、柳葉敏郎さんとでもいえそうな。。。

ここまでファンがいるということからも、どこかでひょこっと出てきたりしないのでしょうか??

このあたり期待したいところですよね。

 

コードブルー3で柳葉敏郎さんが出演するならば?

season1で怪我をしてしまい外科医として人生を終えた黒田の代わりの指導員として、椎名桔平さんが演じる橘さんが登場します。

 

なのですが、コードブルー3のラストで、黒田が返ってくるのではないかという声があります。

仮に柳葉さんの演じる黒田が返ってくるとなると、指導をサポートするのか、それとも、藍沢たちを陰で支えるような存在になって登場するのではないかと考えれます。

 

どうしても後遺症もありますので、外科医としての登場は可能性として低いかもしれませんが、助言であったり、サポートするという立場なら、在りうるかなと考えられます。

ネット上では、黒田は指導する側として再び登場してほしいという声が多数ありますので、ひょっとすると、最後になって登場というサプライズもなきにしもあらずかもしれませんね。

 

とはいえ、確率としては個人的に少ないのかなと思います。

というのも、新人フェローや冴島の妊娠の話、藍沢の海外に行って最先端医療を受けるという目標、橘先生と三井先生の子供、ピアニストの少女の治療の行方など描かなければいけないポイントが多数あります。

そのようなことを考えると、かなり厳しいように感じるんですよね。

 

コードブルー3rdシーズンで放送された作品を視聴したい方はこちらの記事でその方法をまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

ちなみに今回のテーマの柳葉敏郎さんが登場している過去作も視聴することが出来ますよ。

>> コードブルー3の動画を視聴するためには?

 

おわりに

ということで、今回はコードブルー3の柳葉敏郎さんについてまとめてみましたが、いかがでしょうか?

やっぱり再度登場してほしいという人たちの声が多いので、是非とも復活してほしいなとは思います。

 

脚本家がシーズン1と2で異なるということもあって、仮に登場するなら新しい感じで登場するということも考えられそうですよね。

このあたりどのように描かれるのか楽しみにしておきましょう。

 

こちらの記事も忘れずチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*