ゴーストライターのドラマ動画を無料で視聴する方法をご紹介

ゴーストライターのドラマ動画を無料で視聴する方法をご紹介
蒼井さくら

売れっ子小説家、遠野リサ(中谷美紀)のゴーストライターとして川原由樹(水川あさみ)が小説を書いていきます。

最初は師匠である中谷美紀の方が立場が上ですが、その立場はどんどん逆転していきます。

最後は、どのようにストーリーが進んで行くのでしょう。

ドラマゴーストライターの基本情報は?

【DVD】ゴーストライター

【DVD】ゴーストライター

2015年にフジテレビにて放送されたドラマです。

2014年に、実際に音楽家の佐村河内守と新垣隆さんのゴーストライター問題がニュースになった事もあり、話題を集めました。

今作は、小説家のゴーストライターという話を描いた、渡部敦子のオリジナルストーリーです。

 

ゴーストライターを無料で視聴する方法

それでは早速『ゴーストライター』を今すぐに視聴できるとっておきの方法をご紹介します!

その方法とはフジテレビオンデマンド(FOD)を使用する方法です!!

FODとはフジテレビが運営している動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメなどがスマホやタブレットで視聴できるほか、雑誌なども見ることができるのです。

しかも、FODでは現在31日間無料トライアルキャンペーンを行っており、最初の31日間は無料で『ゴーストライター』をはじめ動画を視聴することができるのです。

仮にサービスが気に入らない場合は31日以内に解約してしまえば、あなたのお金は一切かかることはありません。

最初から無料期間だけ使いたいという方でも大丈夫なので、まずは試しに利用してみてください。

ただ、この無料期間キャンペーンはいつ終了するかはわからないので、今すぐに登録することをお勧めします!!

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『ゴーストライター』動画を無料で視聴する』↑↑↑

ドラマゴーストライターのあらすじは?

天才小説家のスランプ

川原由樹(水川あさみ)は、小説家を目指し1年で芽が出なければ故郷に戻り結婚するという約束で上京していた。

プロから直接『才能がない』と言われれば、諦めがつくと考え、駿峰社に直接原稿を持ち込んでいた。

小田(三浦翔平)は、遠野リサ(中谷美紀)のアシスタントを探していた為、川原にアシスタントにならないかと勧めた。

 

遠野は、有名な小説家だが最近あまり評判が良くない。

編集長の神崎(田中哲治)は、遠野の次回作を映画化しようとしていた。

 

ある時有名作家の、花屋敷寛(花王おさむ)が末期がんで亡くなった。

日本の名だたる作家達が、追悼文を書く事になった。

 

しかし、遠野はスランプで文章が思いつかなかった。

 

小田は、持ち込まれた川原の作品『二番目の私』を読む。

川原の作品は素晴らしく、この作品を本にしたいと考えた。

 

しかし、神崎に良い本ではなく、売れる本を作れと言われ見てもらえなかった。

 

ネット上では、遠野の最新作『エバーフレッシュ』の評判が良くなかった。

酷評を知った遠野は更に、文章を書けなくなっていた。

 

川原は、追悼文に必要な資料を集め、追悼文を考え秘書の田浦(キムラ緑子)に提出した。

しかし、こういう事は止めてとゴミ箱に捨てた。

 

神崎は、ゴミ箱から追悼文を拾い、これでいけるじゃないか!と言った。

しかし、アシスタントが書いたものだからと、遠野はごみ箱に捨てた。

 

その文面がとてもすばらしく、遠野は頭から離れなくなってしまった。

遠野はごみ箱からくしゃくしゃの追悼文を拾いあげ、提出した。

だが、最後に思いとどまり、自分の文章と差し替えたのだった。

 

結婚より、ゴーストを選んだ人生

https://instagram.com/p/yOyzpLmPH7/

遠野リサは、川原をアシスタントとして正式採用する事とした。

遠野は、驚くべき事に小説のプロット(あらすじ)を作成する様に川原へ指示したのだ。

川原は、田舎に戻り結婚することになっている為、アシスタントを辞めると言おうとしていたが切り出せなくなってしまった。

 

出版社では、遠野の次回作を映画化する大プロジェクトが進行していた。

遠野は、今まで連載の締め切りをずっと守って来た。

しかし、ある会社の連載を守ることができなかった。

 

なぜかと言うと、認知症の遠野の母が、徘徊し施設からいなくなった事や息子の大樹(高杉真宙)は、学校のテスト問題をパソコンから盗み出し、クラスの皆に公開した。

そのせいで、数学と英語のテストは大樹以外みんな100点だった。

 

大樹「母さんが育てた結果こうなったんだ。」

その言葉は、昔自分が母親に言った言葉だったのだ。

 

遠野は川原のプロットを夢中で読んだ。

川原の彼氏が東京に来るというので、遠野が一緒にレストランにと誘います。

 

遠野「彼女の事をよくわかっているのね。

しかし私はひとつだけわかっている事がある。

彼女は、今書く事がたまらなく楽しいはずよ。

貴方が求めているのは、隣でニコニコし従う女。」

 

彼は怒って、先生に最後の挨拶をして、アシスタントを辞めるように川原に言い立ち去った。

 

自分のプロットを、遠野が素晴らしい小説にした事を純粋に喜んだ川原。

遠野「才能ある人物が、目的を達成できないのは目の前のチャンスを見過ごすからよ。」

と言われた事で川原は、彼氏に実家に帰らず東京に残ると言う。

 

川原のプロットで書いた作品は、世間の評価が高かった。

 

離れられない2人

https://instagram.com/p/yrTfJXEYM4/

川原がプロット(あらすじ)を書いて、リサが内容を付け加え小説にする。

川原、遠野、秘書、神崎編集長4人だけの秘密。

 

神崎「小説を書く為に、結婚も諦めたのだろう。

プロットばかり書かず、自分で書いてみたらどうだ。」

 

そして遠野に提出したプロットを基に、自分で小説を書いてみる。

その小説を読んだ神崎は遠野に、ある提案をする。

 

神崎「書くのをやめてみないか?

川原をゴーストライターにしてみてはどうか。」

と遠野に提案した。

 

神崎「遠野を休ませるために、力を貸して欲しい。

このままでは遠野は倒れてしまう。

君の名前は出せないが、今後君の事はちゃんと考えるから。」

 

神崎の説得で川原は、ゴーストライターになる事を了承したのだ。

 

遠野の名前で、川原の作品が出ると世の中の反応は非常に高かった。

川原は、豪華なマンションを与えられ、予想以上の給与も振り込まれていた。

 

川原「いつまで、先生のゴーストライターをすればいのか?」

神崎「君の書いた小説を本にする。

その代わり、遠野の連載をこれからもよろしく。」

川原は戸惑いながらも了承する。

 

そして神崎は、川原の小説を3000部本にする事にする。

 

川原「私を育ててるんじゃなくて、利用してるんじゃないですか!」

遠野「利用しているのは、あなたじゃないの?

あなたの名前で出せば3000部、私の名前で出せば20万部。」

 

土下座…。立場逆転

遠野は、連載全てを川原に頼むようになってしまいました。

しかし、映画化の作品は自分で描くと譲らない。

川原が遠野の名前で書いた小説は、世間に絶賛されています。

だが、川原由樹の名前で出した小説はまったく売れずほとんどが返品されてしまいます。

 

遠野の作品は、本当は自分が書いている。

たくさんの人に読まれ、絶賛されている事が嬉しく感じているのも事実。

 

ある日、映画の原作の進行具合を聞きに神崎が訪れます。

しかしタイトル以外、遠野は何も書くことができてなかったのです。

遂に映画までも、川原にお願いしようと、決めてしまいます。

 

川原は久しぶりに、婚約者との再会を楽しんでいます。

そこに遠野からの着信があり、無視します。

帰るとマンションの前で、原稿は書けたのかと遠野が待っていました。

 

川原「だったら、自分で書けばいいじゃない」と怒り出します。

その後、川原と連絡が取れなくなり仕事に穴を開ける事になります。

 

映画の締め切りは落とせないと、自分自身で書く事になった遠野。

出来上がったものは全く面白くない。

嘆いていた所に川原が、映画の原稿を持って現れる。

 

川原「もしかして、先生お困りだったんですか?

もうとっくに、代わりのゴーストがいるものだと思っていました。

早く見つかるといいですね。」

 

立ち去ろうとした時。

遠野「原稿を下さい、お願いします。」

と土下座をします。

 

川原は、原稿を投げつけてその場を後にします。

 

ゴーストライターの暴露

川原由樹と遠野リサ #ゴーストライター

A post shared by 黃鈴雅 (@chiuia) on

息子は、母親がゴーストライターを使って小説を書いている事に気付いていた。

人に書かせるなんて卑怯なことをするな、軽蔑する、親と認めないと言われてしまった。

 

男女の関係である神崎と遠野。

一夜を共にした後、小説家を辞めたいと神崎に切り出した。

 

引退後に川原をデビューさせてあげたら?

と提案する。

 

しかし編集長の神崎は『無い』と断言する。

もし、川原の本が大ヒットしたら、遠野のゴーストだった事に気付くものが必ず出ることになる。

 

元婚約者が、再び川原の元へやって来た。

「一緒に長野へ帰ろう、長野でも小説書けるだろう。」

しかし、それを断り帰り際に小説『エターナルレシピ』を彼に渡した。

 

遠野リサは、引退すると川原へ伝えた。

川原「私は結婚を諦め、名前が世に出る事も諦め、家族にも嘘もついた。

もう一度考え直してほしい。

私を引きずり込んだのは先生ですよ。」

 

遠野「あなたが全部自分で決めた事。」

と引退するの一点張りです。

 

そんな時、元婚約者がお見合い結婚した事を知り、落ち込み笑い出した。

映画の原作となる『エターナルレシピ』の発表の日に、遠野は引退発表を決めていた。

 

観客席にいた川原は、壇上に上がり遠野からマイクを奪う。

「映画の原作『エターナルレシピ』は私が書きました。

私は遠野リサさんのゴーストライターです。」

とマスコミの前で発言し、川原は警備員に追い払われる。

 

裁判の時、事実は公表されるのか

翌日の新聞で遠野リサの記事を確認する。

だが、ゴーストライターである記事が何一つ掲載されていなかった。

 

神崎が裏で手を回していたのだ。

なぜなら出版界全体の問題になり、映画、出版物など数億単位の損失になる為である。

小田は、川原の作品を認めてもらう為に協力すると言う。

 

出版社やテレビ局と関係の無いネットニュースでゴーストライターになった経緯を川原は暴露していた。

もう終わりだ、今までの私の作品もすべて、傷がついたと落ち込む遠野。

 

しかし、神崎は、川原を精神異常者で、自分がゴーストだと思い込んでいると言い、ワードネットプレスと川原を訴えてきた。

 

そして裁判が始まる。

弁護士「あなた御自身が、この本を書きましたね。」

遠野「はい。」

 

川原について遠野リサは無断欠勤をしていた。

婚約破棄で精神的に不安定だった。

土下座を強要させたなど、法廷で述べる。

 

マスコミは、一斉に川原を虚言癖や異常者と書き立てる。

遠野リサは裁判に勝った。

敗訴した川原は、病院に入院した。

 

遠野が記者会見を行うことに。

今一番やりたいことは、小説を書くことではなく、息子や母との時間を大切にしたいという。

 

神崎は、常務から休むよう進められる。

神崎は遠野に、旅行にでも行くかと誘う。

 

息子の大樹は、この家を出る。

目的は遠野リサから離れる為だと言う。

一人でやっていけるわけないと言うが、大樹は家を出て行く。

 

そんな時、川原は車を運転している遠野を見つける。

誹謗中傷により、精神不安定だった川原は遠野を見つけた事で、横断歩道を渡り終えると倒れこむ。

駆け寄る遠野に「こないで、近寄らないで」と言う。

 

川原「小説なんか書かなければ、こんなことにならなかったのに。

裁判でずたずたにされて、親にも迷惑かけて。

死にたいって思いました。

二度と書きたくないって思いました。」

小田は、言葉を失う。

 

神崎と遠野は、温泉旅行に来ていた。

旅館の調理場で火事が起きる。

遠野は大樹の事を思い出し、逃げる事をやめて部屋に佇んでいた。

そして救急車で運ばれる。

死ぬことはできなかった。

 

逃げたくなかった、死んだら楽になれると思ったと言う遠野。

大樹「死んだら許さない」と泣きながら言った。

 

後日、遠野は『エターナルレシピ』の原作者としてテレビ出演していた。

 

遠野「これは、私が書いた小説ではありません。

この小説は、私のアシスタントだった川原が書いたものです。

川原さんはゴーストライターでした。」

と告白したのだ。

 

刺したのは誰?!

駿峰社の神崎は、今までの作品の名前は全て川原に変える。

だから、本を書いてくれと頼む。

困惑する川原。

 

遠野リサは、取材陣になぜ裁判で嘘をついたのですか?

などと質問攻めにあっていた。

駿峰社は何も知らなかったと、神崎を庇ったのだ。

 

遠野リサの家に川原が向かう。

そこでなぜ告白したのか聞く。

 

「嘘に疲れた、あなたには酷い事をした。

許される事ではないけれど。

私は小説家、遠野リサから開放され、自分らしく生きていける。」

と清々しい表情。

 

神崎と川原は、記者会見を行うことに。

そして小説を書く事になる。

小田が川原の担当になる。

 

川原は執筆活動を行うことに。

本を売るために、プロモーション活動が行われる。

 

小田が川原の原稿を見て、前よりものびのびと書けていない、とダメ出しをする。

川原の本が売れ、サイン会を行っていた。

 

そこに遠野の元秘書が現れる。

本屋から出てきた川原を刺そうとしていたが、間違って同じコートを着ていた遠野を刺してしまったのだ!

遠野は一命を取り留めた。

 

遠野は川原のゴーストライターになるのか

川原「私の新作読んでくれました?」

遠野「あなたはわかってるはず、ゴーストの時の方が面白かったって。」

遠野リサは小説家をやめた。

 

川原は、いろいろとメディアやイベントに参加する。

小田が神崎に『元ゴーストライター』という文字を消してくれないかと頼む。

しかし神崎は断った。

 

リサの秘書が、川原と会う。

川原は、単行本2冊と連載を持っていた。

 

川原は高校の時の同級生と飲み会で出会う。

元婚約者が現れ、本当は結婚していなかった事を知らされる。

 

施設で偶然リサは、昔のライバル向井に会う。

向井は施設を見学に来ていたのだ。

 

向井「小説書かなくなってどれくらい?」

遠野「もう何年も書いてない。」

 

川原は、元ゴーストライターという肩書きにストレスを感じていた。

小田もゴーストの時の方がクオリティーが高かったと発言する。

 

遠野は『私の愛しい人』という小説を書き始める。

思うように動く。

 

遠野リサが、出版社に現れ、神崎に原稿を差し出す。

神崎「残念ですが、うちの出版社では、取り扱うことができません」と断る。

 

川原が、遠野を呼び出す。

遠野「あなた、書けなくなったんでしょ?

どんな気分?想像してなかった?

残念ね、書く場所をたくさん与えられているのに。」

 

遠野「どうせ私の名前じゃどこも出してくれないからあげる。」

と原稿のUSBを渡し去っていく。

その原稿を見た川原は、驚愕する。

 

私は書かなければ生きていけない。

書く事は、苦しみや悲しみを吐き出す事だという事に気付いたのだ。

遠野リサは、川原のゴーストライターになるのか。

 

偽りのない人生

遠野「誰のために書いてるの?

読者に媚を売るのは、そこそこ面白いけどそこまでよ。」

 

神崎にリサの作品を出してくれと川原は言う。

しかし断られた。

 

作品を読んだ小田。

小田「素晴らしい原稿だった。

川原との共同執筆で、小さな出版社から自主出版しないか」と言う。

 

遠野は暴露本に見せた、重厚な人間ドラマをかく。

『偽りの日々』という物語を出そうと提案し、川原も承諾する。

そして1万部で、自主出版する事が決定する。

 

小田は売り上げ状況を連絡する。

大手出版社を差し置いてダントツで売れており重版10万部が決定した。

50万部も夢じゃない、ネットでも評価は高かった。

 

書店には『あなたの楽しいカレンダー/川原』『偽りの日々/川原、遠野共同執筆』『私の愛しい人/遠野』と作品が並ぶ。

 

川原の元婚約者は、平積みにされた川原の本を両手に抱えレジに並ぶ。

「知り合いの本ですから」と微笑む。

 

遠野は刺した秘書の田浦に「面倒で扱いづらい作家の秘書が簡単に見つかると思う?またお願いできますか?」

秘書は涙し承諾する。

 

遠野の母は『愛しい日々』を読み涙を流していた。

 

遠野と川原は海で会う。

「元ゴーストライターのラベルは完全に剥がれたわね。

貴方は小説家・川原由樹よ。」

 

偽りのない人生なんてどこにもない。

偽りの私も本当の私だ。

愚かで、愛すべき私だと呟いた。

 

ドラマゴーストライター登場するキャストは?

遠野リサ役:中谷美紀(女優・歌手)

有名な作品をたくさん執筆している小説家である。

知名度がとても高く、出版しただけで売れるような売れっ子作家。

 

1991年『桜っ子クラブさくら組』のメンバーとしてアイドル活動をしていた。

1993年『ひとつ屋根の下』で女優デビュー。

代表作として『嫌われ松子の一生』『ケイゾク』などがあり、活躍中の女優です。

 

川原由紀役:水川あさみ(女優)

https://instagram.com/p/BccCAwsj9vS/

1年で成功しなければ、故郷に戻り結婚する約束をしていた。

リサのアシスタントに就くことになり、執筆に行き詰っていたリサのゴーストライターとなる。

 

1996年、旭化成のCMでデビュー。

15歳の時、劇場版金田一少年の事件簿で女優デビューをする。

サバサバとして面白い性格であり、バラエティにも引っ張りだこの女優。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『ゴーストライター』動画を無料で視聴する』↑↑↑

 ドラマゴーストライターの動画の3つの必見ポイントは?

美しすぎる土下座は必見

遠野は、ずっとゴーストライターとして川原を支配できると思っていた。

しかし、その立場も完全に逆転することとなる。

原稿が無ければ仕事ができなくなってしまう。

原稿をくださいと土下座するシーンは、もっとも美しい土下座です。

 

立場が逆転していく様子は必見

最初はおっとりとオドオドしていた水川あさみでしたが、回を重ねるごとに、自信に満ち溢れ強い女性に変わっていきます。

一方で、中谷美紀は強い女性でしたが、どんどん自信がなくなって、弱気になっていく立場が変わっていく様子が見所です。

主題歌に注目

andropの『Ghost』が主題歌で使用されています。

ドラマ主題歌に起用されるのは、今回で3度目です。

脚本を読んで、人生での葛藤や苦悩を乗り越える『本当の自分』をテーマにし、ドラマのために書き上げた楽曲です。

 

ゴーストライターを視聴した人たちの感想は?

それではゴーストライターを視聴した視聴者の感想を見ていきましょう!

山形県 りいさん

中谷美紀さんは、最高のはまり役だと思います。
ゴーストライターというタイトルから受けるイメージと違って、人生悪いことばかりじゃない、って思わせてくれる内容にいい意味で裏切られました。
脚本、演出もセンスがあってよかった。
最近の中では、優れたエンタメ系ドラマだったと思います。

鳥取県 まさしむし さん

久しぶりにドラマで面白いと思いました。

主役2人は、もちろん、脇役も良かったです。

新潟県 シマシマさん

遠野リサが、なぜ天才作家と呼ばれたのか

川原由樹の才能とは何か、その中身が分かりません。

いっそ、音楽業界にした方がリアルだったかも。

鳥取県 ねずみさん

最初は現実のゴースト事件に触発された安易なものかと思った。

しかし、さすが中谷さんが主役だと、とても見ごたえのあるいいドラマになりました。

脚本もいいですよね。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『ゴーストライター』動画を無料で視聴する』↑↑↑

ゴーストライターのまとめ

人生を生きていく上で、たくさんの葛藤や苦悩が誰にでもあると思います。

その時に、自分を曲げずに生きることが出来るのか。

周りに流されず、正しく生きることがどれだけ大切な事なのか。

 

このドラマを通し学んだ気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*