シンゴジラ動画フルのリアルな設定や庵野監督のこだわりがすごい!

シンゴジラ動画フルのリアルな設定や庵野監督のこだわりがすごい!
蒼井さくら

こんにちは!さくらです。

今回は2016年に公開されて非常に話題になった『シンゴジラ』のご紹介をします。

 

シンゴジラの総監督を務めたのは、『新世紀エヴァンゲリオン』などでも有名な、庵野秀明さんです。

庵野監督は本作のに向けて自衛隊・政治家などかなり多くの方への取材をしたのだそう。

日本では10年間作られなかったゴジラは、天野監督の世界観で本当に別なものに生まれ変わりました。

 

今回はそんな『シンゴジラ』の設定や裏話などを集めてきましたので、ぜひご覧ください!

 

シンゴジラを視聴する方法

シンゴジラは現在フジテレビオンデマンドで配信されています。

フジテレビオンデマンドでは、通常月額888円かかるのですが、現在31日間無料キャンペーンをやっています。

 

>>>FODに登録して今すぐに『シンゴジラ』を視聴する<<<

 

シンゴジラ映画で見た方も、一度も見た事無い方もぜひこの機会にシンゴジラをご視聴してください。

 

>>>FODに登録して今すぐに『シンゴジラ』を視聴する<<<

 

『シンゴジラ』動画の基本情報は?

公開 2016年7月29日
総監督 庵野秀明
観客動員 551万人
興行収入 80億167万円
制作 市川南
撮影 山田康介
制作 東宝
出演者 長谷川博己・武内豊・石原さとみ

シンゴジラは、『現代の日本にゴジラが来たら、日本は一体どう対処するのか?』というテーマで制作されています。

政府や自治体そして多くの人が、ゴジラという災害に対してどのように立ち向かっていくか、リアルを追及していって描かれているのです。

 

そんなゴジラを制作するに当たり監督の庵野氏は実にいろいろな方への取材をしていきます。

その取材対象は、小池百合子東京都知事や、政治家の枝野幸男氏や、共同通信社で長年自衛隊の取材をしている石井暁など多岐にわたります。

 

そこまでして庵野氏がこだわったシンゴジラは、これまで日本で作られた特撮映画のゴジラとは違い、主役が政治家といった新しい世界観で描いているのです。

 

スポンサーリンク

 

シンゴジラ庵野秀明氏監督の裏話

シンゴジラの総監督を務める庵野秀明氏は誰もが知っている『新世紀エヴァンゲリオン』で監督を務め、『風の谷のナウシカ』などでも制作に携わった超実力派監督です。

 

そんな庵野氏はこのシンゴジラを制作するにあたって、数々の常識を打ち壊していったのです。

 

最大の課題は庵野秀明が監督であること

 

プロデューサー大屋氏と編集の佐藤氏は、制作するうえで製作期間の短さやキャストのスケジュールなど様々な課題がある中最大の課題が『監督が庵野秀明であった』ことだという。

 

当然映画を作るうえでは様々な課題に直面するが、シンゴジラでは庵野が最大の課題だと言う理由は、庵野の妥協を許さない作品に対してのリスペクトだという。

もはや業界人の中では知らない人がいない庵野だが、庵野と組むには相当な覚悟が必要なんだそう。

作品の品質向上のためにはどんな努力でもして、非常にこだわりの強い監督であるから他の作品では見逃されるような細部まで一切妥協が許されないのだそう。

 

音楽に対する要望

シンゴジラでは『新世紀エヴァンゲリオン』の音楽をふんだんに流用しています。

 

ある日、庵野氏がスタジオへエヴァンゲリオンの音楽素材を持ってきたんだとか。

スタッフはてっきり『音楽はエヴァのこんなイメージで』とか『こうしたテンションで』などの参考に持ってきたと思ったそうです。

 

しかし、庵野からは驚きの要望が出てくるのです。

なんと庵野は音楽を片手に『これをそのまま使いたい』といってきたそうで、その場にいたスタッフは全員ざわついてしまったそうです。

 

実際にシンゴジラでは多くのシーンでエヴァンゲリオンの音楽がそのまま使用されており、見事にその世界観がマッチしているのです。

そして、その最大の効果はエヴァンゲリオンの劇中歌を使用したことにより、エヴァファンの多くを取り込むことができた事にもあったそう。

 

とことんに追及されたリアル

シンゴジラでは、政府の対応や政治家の動きなど事細かに描かれています。

というの東日本大震災で未曾有の震災対応を経験した枝野幸男氏など本当に多くの方に取材を繰り広げていたからなのです。

庵野氏は枝野氏に3・11の際の後方支援体制など事細かに質問をしていったそうです。

 

例えば自衛隊の出動をさせる際には、災害派遣なのか防衛派遣なのかなどを本当の日本の法律に乗っ取っているシーンがあったり。

各役所から緊急で集められた被災者の支援チームが、暫定的に作業した首相官邸の会議室の風景。

総理の執務室で開かれた緊急の閣僚の会議では、本来はトップシークレットのはずの総理の執務室のものの配置が正確に描かれているのだそう。

 

シンゴジラではリアリティを徹底的に追及している為、シーンの一つ一つがリアルに基づいて作られているのです。

 

iPhoneやGoProを使用した撮影

シンゴジラの作品ではリアリティを追及しているために、実際に戦闘機や戦車などを使用した場面も多く映し出されています。

しかし、実際の戦闘機や戦車などは大きな撮影機材などの搬入ができないという問題があったのです。

 

そこでシンゴジラでは、戦闘機や戦車の内部や戦闘機の翼にiPhoneやGoProをつけて撮影が行われていたのだそう。

シンゴジラのリアルな戦闘シーンはこうやって生み出されていたのです。

 

ちなみにiPhoneは庵野監督はよく使うらしく、言葉では伝わりにくいカメラアングルなんかは、庵野監督が自らのiPhoneで撮影してスタッフに見せるのだそうです。

 

それではシンゴジラのキャストをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

シンゴジラ動画のキャスト情報は?

シンゴジラでは主役はなんと『政治家たち』といわれています。

今の日本がゴジラという脅威に遭遇したらどのような対応がされるのか、そんなこだわりを演じる個性豊かなキャストさんを紹介します。

 

シンゴジラ動画 矢口蘭堂:長谷川博己さん

本作の主人公で内閣官房副長官である。

巨大不明生物特設災害対策本部事務局長、巨大不明生物統合対策本部副本部長、特命担当大臣である。

かなりの理想主義者で、ほかの官僚が地震や海底火山説を唱える中いち早く巨大生物の存在に気が付き、ゴジラとの戦いに関わっていく。

 

シンゴジラ動画 赤坂秀樹:竹野内豊さん

内閣総理大臣副補佐官。

矢口とは顔なじみの中であるが、理想主義の矢口とは一線を置いている。

現実主義者で矢口の理想から出てくる発言に苦言を呈してりもするが、不仲というわけではなく、お互いに高めあっていく仲と思っている。

 

シンゴジラ動画 カヨコ・アン・パタースン:石原さとみさん

米国大統領特使。

日本人の祖母をもち、日本語と英語のバイリンガルだが敬語が苦手で、英語交じりの話をすることが多い。

アメリカでは代々政治家の家に生まれて父は上院議員でかなりの力を持っている。

地震の祖母は被爆者で、米国がゴジラの脅威に対して核攻撃を行うという決定に困惑している。

日本を3度目の被爆国にしないために矢口らと協力してゴジラと戦っていく。

 

シンゴジラ動画 大河内清次:大杉漣さん

内閣総理大臣。

ゴジラ襲来の際は困惑してしまい回りの意見に流されてしまい、ゴジラが上陸しないと記者会見を開いたものの、すぐに上陸を許してしまう。

その後も非常事態宣言の布告や、自衛隊の防衛派遣には躊躇したが、矢口や赤坂らの説得にようやく決断をした。

 

ゴジラの進路上に首相官邸が入ってしまったため、東京からの脱出を進言されるが、都民を残してはいけないと反発するも、これも矢口らの説得により、移動の決断をする。

しかし、その移動の際にゴジラの攻撃に会いヘリごと撃墜されてしまう。

 

シンゴジラ動画 東竜太:柄本明さん

内閣官房長官。

大河内の補佐をする傍ら、意見がばらばらでまとまらない際には議論を一括してリードするなど総理の女房役として活躍する。

矢口のことを非常に信頼しており、内閣官房副長官に押した一人である。

しかし、大河内と乗ったヘリでの移動中にヘリが撃墜されてしまい死亡する。

 

シンゴジラ動画 花森麗子:余貴美子さん

防衛大臣。

大河内の指示に従い自衛隊の統率w\雄行っている。

ゴジラ駆除に対して、日米安全保障条約の適用を進める一部閣僚に対しては、日本で対処すべきだと反論する。

普段は冷静沈着ではあるが、自衛隊のタバ作戦が失敗に終わると、大声を上げて机をたたき悔しがるなど感情をあらわにする姿も描かれている。

 

シンゴジラ動画 里見祐介:平泉成さん

農林水産大臣。

大河内がヘリで撃墜されて以降臨時で内閣総理大臣に就任する。

しかし、里見は生き残ってしまった自分が臨時総理を押し付けられたと酷評しており、里見や亜k坂はその手腕を疑っていた。

就任直後は長引いた事象報告のせいで伸びたラーメンのことを嘆いたりするなど、総理としての質が問われた。

 

それではゴジラを視聴した方の感想をのぞいてみましょう!

 

スポンサーリンク

 

シンゴジラを見た人の感想は?

早速シンゴジラを視聴した皆さんの感想をTwitterでのぞいてみましょう。

やはりリアリティーを描かれているだけあって、様々な感想がありますね。

 

スポンサーリンク

 

シンゴジラ動画まとめ

いかがでしたでしょうか、シンゴジラは徹底した主事をもとにリアルを描いた作品です。

今の日本をリアルに映し出したシンゴジラ、ぜひとも見ていただきたい作品です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*