ダンケルクの感想レビュー口コミはこんなかんじ!解説

ダンケルクの感想レビュー口コミはこんなかんじ!解説
蒼井さくら

2017年9月9日公開の歴史大作映画「ダンケルク」!

クリストファー・ノーラン監督が務め、トム・ハーディは主演を演じます。

 

そんなダンケルクの映画動画を視聴した人たちはどのように感じたのか、ここでは、ダンケルクの感想や口コミレビューをチェックしていきましょう。

 

ちなみに、あらすじやキャスト、公開日などに関しては以下の記事でまとめていますので、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>> ダンケルクの映画のキャストやあらすじ評価、公開日予告!クリストファーノーラン監督を解説

 

ダンケルクのあらすじは?

ダンケルクの感想レビュー口コミはこんなかんじ!解説

1940年にフランス北端の海辺の町のダンケルクに追い詰められたイギリスとフランスの40万人の兵士たち。

 

はるか海の彼方でともに生きて帰ると誓った3人。

限られた時間の中で兵士たちを救うために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行されます。

民間船を含めて総勢900隻が自分たちの命の顧みることなく一斉にダンケルクに向かう中で、ドイツ敵軍による陸海空の3方向から猛攻撃が押し寄せます。

 

迫ってくるタイムリミットの中で若者たちは生きて帰ることが出来るのか、必見です。

>> ダンケルクの映画のキャストやあらすじ評価、公開日予告!クリストファーノーラン監督を解説

 

ダンケルクの映画を視聴した感想・レビュー・口コミは?

ダンケルクの感想レビュー口コミはこんなかんじ!解説

それでは、実際にダンケルクを視聴した人たちの感想やレビュー、口コミをチェックしていきましょう。

30代男性

ノーラン監督には、この人に任せればどんな作品でも完璧で美しい想像以上のものを作り上げてくれるという信頼感があります。

個人的にも世間的にも業界にも。

 

今回の新作は史実に基づいていた新作です。

 

もはや感情ではなく、兵士たちのサバイバルを描いたサスペンスエンターテイメイントのような作品になっています。

戦争映画というのがヒューマンものというイメージを持っている人にもおすすめですよ。

 

3シーン同時進行で時系列も不順で作り出されているということもあって、ノーラン監督の作風を感じることが出来ました。

そして、このサスペンス要素をシンプルに突き詰めることによって、戦争の残酷さや絶望感を理解して、同時に人の温かさや希望が垣間見えてきますよ。

20代女性

IMAX試写会にてこの映画を視聴しました!

伏線はどこかなどと考えないで臨場感を味わいつつ、観ることが出来る映画となっています。

時間は約1時間40分なのですが、あっという間でした。ノーランらしさを感じたのは時間軸の使い方です。

一つのシーンを印象づけるためなのか、また、絶妙でとても印象に残りました。

単に戦争映画で終わらないところが個人的には醍醐味だなと感じました。

30代女性

試写会を鑑賞しました。

音の迫力や危機が迫る映像のシーン、突然のように降り注いでくる爆撃、周囲の動揺、長く続く沈黙など。

ただただ、生き延びることを目的とした若い兵士たち。

意図して演出された映画的なセリフや言い回しやアクションや残酷な描写などは一切なく、客観的に映像をみるのではなく、その場にいるかのような臨場感もありました。

このような体験は滅多に出来ないと思いました。

ノーランの描いている海や空は鮮明で素晴らしかったです。

トム・ハーディ好きとして、観にいったけれども、殿役者さんも素晴らしかったです。

20代男性

久しぶりのノーラン作品ということもあって、ものすごく楽しみにしていました。

IMAXでの試写会で視聴したのですが、予告をおおまかに把握していたものの、始めは唐突でした。

登場人物の背景や名前もわからないまま、一気に戦争状態へ。

 

この作品は、祖国に帰るというテーマをリアルに描いていきます。人物の背景・バック・グラウンドがなく話が進んでいく作品も珍しいと思いました。

皆軍服を着ているということもあって、有名な俳優が出ていることはあまり感じさせないなと思いました。

ハリー・スタイルズが出ていることに気づいたときには本当にびっくりしました。

 

お話は何十万もの兵を祖母に帰すという、とてもシンプルなお話です。

船はやってくるものの、ドイツ軍の攻撃も一緒にやってきます。

 

特に好きなのは、トムハーディーとジャックロウデンのパイロットです。トム・ハーディはとてもすごかったです。

民間船の話もよくできていたなと感じました。

祖国のために、危険を省みなくて、ラストには感動しました。

海軍の将軍がよいセリフを言っていて、また感動させられました。

 

ただ、ややノーラン作品の割には地味に感じました。

臨場感や緊迫感の音が凄いものの。

ダークナイトやインセプション的なノーランを期待していた人には、少しお勧めできないかもしれません。

20代男性

最近のノーラン作品のような青暗い映像と低く響く機械的な効果音。

さらに、映像もとてもきれいで視覚は広いです

話的には特にドラマチックでもなく、歴史にはあまりなじみが深くない日本人にとってはやや理解するのは難しいかもしれません。

 

30代女性

すごまじい臨場感で、世にも恐ろしい体験映画になっています。

映画にたいするこだわりや3つの時間軸を上手く活用していく構成に関してはノーランらしさを感じさせますが、出来る限りシンプルなサスペンスに徹底した驚愕の演出に関しては、まさに天才ノーラン監督。

斬新で新しい自分の手法を確立したようにも思えました!

常に鳴り響いている不穏な音楽も究極の音楽劇を感じさせられるので、本当に素晴らしいと感じます。

冒頭のある音から、がっつりと映画の中に引き込まれてしまいました。

20代男性

個人的には戦争映画の傑作というには、少し違和感があります。

今までの戦争映画のカウンターとしてみてみると面白いかなと感じます。

 

作品なのですが、とても迫力満載の臨場感があります。さらに、撮影の手法もなかなか面白いです。

最後に戦意高揚の意図で書かれたものを読み上げられると少し引きました。

もっとも、ラストカットの主人公の表情を使って上手くバランスをとるように工夫しているのだとは思いますが。

 

出来る限り史実は予習しておいた方がいい作品であるとは感じました。

まっさらでみると、どうして大陸側からドイツ軍が攻めてこないのかと思うと思います。

 

普通リアルな臨場感を演出するとなると、環境音のみにすると思うのですが、その正反対のことをやっていたので、緊張感が絶大に感じました!

ノーランの作品を視聴したことがない人には是非ともおすすめしたい作品です。

20代女性

圧倒的な臨場感と緊張感をリアルに描いていて、とてもジーンの身体に響いてきました。

これは映画館でみないともったいないと思います。

セリフも最小限で、ノーランらしさを残しつつも、とてもシンプルなプロットになっていたので受け取りやすいなと感じました。

敵がまったく見えないので、それを観ている人たちの目が写されるものの、これがとても個人的には美しいと感じました。

キャストみんなよく、誰が一番とか決めることは出来ないと感じました。

それぞれの人たちが何かを背負って、それぞれの時間に追われていますが、その長さや速さもバラバラとなっています。

いったい、何を背負っているのかに関しては劇場でチェックしてみてくださいね。

20代男性

ワーナー・ブラザーズの試写会で視聴しました。

とっても面白かったです。

ずっと、ドキドキが止まらないでいました。

音楽の効果音というのがここまで大きいのかと実感しました。

映像も素晴らしくハリーもとてもかっこよかったです。

登場人物の一人ひとりにも、ドラマがあって、同時進行ものは個人的に好きではありませんでしたが、このドラマに関してはちっともドラマが希薄になっていないように感じることが出来ました。

むしろ、複数の線があることによって、お互いのストーリーを引き立てているようにも感じました。

ドキドキするだけではなく、最後には感動もあって、ノーラン監督の凄さを実感することが出来ました。

20代女性

まるで戦争に放り出されたような臨場感がありました。、

一瞬も気を引くことが出来ず、気が付いていたら1時間40分ほどの時間が流れているというような感じ。

全編を通して、ほとんどどんよりとしていた曇り空で、フィルムの質感を感じさせつつも、暗い映像。

さらに、カチカチと鳴り止むことのない時計の針の音。

砂嵐のようなノイズなど、緊迫感や恐怖といったものを上手く描いた作品であると感じました。

エンターテインメントを期待して、観に行ったら、少し落胆して劇場を去ることに繋がるかもしれません。

 

20代男性

とんでもないようなものを見たと感じました。

ひたすら緊張が続いて、疑似体験をしているような感覚に捕らわれます。

 

これは何があってもIMAXでみるべき作品であると感じました。

時間が色々と錯綜していることもあって、初見の人はやや混乱するかもしれません。

あと、パイロット組がかっこよすぎるのと、ノーラン監督がとるキリアンには惚れました。

20代女性

私は戦争映画はあまり得意ではなかったのですが、実際に問題なく視聴出来ました。

映像はもちろんですが、音の迫力がすごかったです。

戦闘機や爆発音もすごく、耳をふさぎたくなってしまいます。

 

民間船が救いにきてくれたときも、最後に故郷の景色をみたときにも、私は涙しました。

20代男性

物事をあるがままに淡々と描いていく90分。

戦争映画や生死を描いた作品にはよくありがちな同情を招くような死の誇大演出もなくて、ただ淡々と人が死んだという結果が残されていく描写。

可能な限り感情を削ぎ落として、事実のみに焦点を当てた本作品はさすがだと思いました。

 

ダンケルクで猛攻に耐え、救出を待っている若者たちの陸の時間。

本土から彼らを救うために、小さい船を使ってダンケルクに向かう民間人の海の時間

さらに、戦闘機で敵機を撃ち落として仲間を救うパイロットたちの扱う空の時間。

 

それぞれがダンケルクという土地で交差するときに、今まで抑えられていた感情が一気に押し寄せてくることになります。

敵に背中を向けるということは恥じるべきことではないという生き抜く姿勢がとても印象に残りました。

20代女性

ストーリーのテーマは脱出です。

何回砲撃されても、船を沈没されようと、ドーバーを目指して、故郷を目指して進むのみ。

とても美しい海岸線とイギリスの若い兵士たちの姿は一瞬の違和感。けれども、現実に。

監督は意図しているように、観客を上手く戦場に引き込んでいきます。

 

市街地や密林での戦闘とは異なって、空爆から逃れることが出来る決め手というのは運のみというのは厳しいなと感じました。

今、日本は戦争に向かっているように感じますが、兵士でもない私たちって、どうなるのかって疑問に感じました。

 

おわりに

ダンケルクの感想レビュー口コミはこんなかんじ!解説

ということで、今回はダンケルクの映画作品の感想、口コミ、レビューについてみてきましたが、いかがでしょうか?

この機会にcheckしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*