テラスハウス軽井沢ネタバレ3話!3人の涙の訳は?!

蒼井さくら

テラスハウス新シリーズも第3回目となり、少しずつですが出演者達の人間性が見えてきましたね♪

 

そして、ちょっとずつ…本当にちょっとずつですが、人間関係にも動きが出てきたのではないでしょうか?!

 

まだ2回ですからね…そんなに簡単に人の気持ちは動かないと思いますが、でも「自分を変えたい」「恋愛したい」という気持ちで集まった6人ですから。

毎週新たな変化があっても、不思議ではありません!

 

今回の6人はどうでしょうか?

さっそくチェックしていきましょう!!

 

 

テラスハウス軽井沢 前回のあらすじは?

まずは、前回までのお話をおさらいしておきましょう。

 

前回では、雄大→安未ちゃんという恋愛図式が出てきましたね!

一緒に料理したり、デートに誘ったり。

雄大なりに頑張っていたみたいですが、安未ちゃんの反応が今ひとつの様な…?

 

そして、モデルの至恩がホッケー少女のつばさちゃんを温泉デートに誘ってました。

つばさちゃんもまんざらではない様子…というか、なんとなく“ワタワタ”してるような(笑)

さすが、純粋ホッケー少女です!

 

この2組に更なる進展はあるのでしょうか?

または、新たな関係性が出来てくるのでしょうか?!

次で詳しくネタバレしていきたいと思います!!

 

テラスハウス軽井沢 第3話のあらすじは?

では早速、今回のテラスハウス軽井沢 第3話のネタバレです!

 

みんなの目標

夜、リビングで至恩・雄大・安未・みずきの4人が揃っている時に、至恩が「テラスハウスでのゴールとしている目標ってあるの?」と問いかけます。

 

雄大は「料理人になる」。

安未ちゃんはまだ漠然としている様ですが、「就活するよりモデルを目指したい」。

みずきは「下着ブランドを立ち上げて成功する」。

と話している最中に、お仕事終わりにホッケーの練習をしてきたつばさちゃんが帰宅します。

 

雄大と安未ちゃんがお昼に作った親子丼を食べながら、つばさちゃんも目標を語ります。

「まずは2月の大会で結果を出す事。その結果しだい」との事でした。

 

みんなそれぞれに目標を持ってはいますが、ズバッと決めているのはみずきちゃんだけの様な気がしました。

みんな悩みながら進んでいるって印象です。

 

雄大の本当の目標

新井雄大は自立をしたいと焦る #テラスハウス #新井雄大

A post shared by テラスハウス (@terracehouse8) on

至恩が安未ちゃんをプレイルームに誘います。

気になって仕方ない雄大君です(笑)

 

至恩は、安未ちゃんがモデルを目指していると知り、同業者の立場から2人でお話ししたかったみたいです。

至恩「ウォーキング一緒に練習しようよ。」

安未「うん、教えて。」

と、前向きにお互いを応援する2人です。

 

そして、至恩は安未ちゃんに雄大をどう思っているのかと聞きます。

安未ちゃんの答えは「中学1年生見たい」と(笑)

デートにも誘われた事を話しますが、特に行きたいところが無い安未ちゃんでした。

 

そして、リビングに残された雄大・みずき・つばさの3人ですが、ここで雄大が自分のダメダメ加減を話し始めます。

以前、半年ほど東京で1人暮らしをした雄大でしたが、お金が続かなくなってしまったそうです。

どこか行くたびにおばあちゃんからお金をもらい、あげくの果てには親のクレジットカードを無断で使い、怒られたと言うのです。

 

その時の事は反省しているようで、そこから「本当の目標は”自立する事”」だと、雄大はみずきちゃんとつばさちゃんに語ります。

みずきちゃんは「いいじゃん、まだ何もやってないんだから。変に落ち込まなくていいよ。」

「安全な日本でやってんだから。死なないんだから。やれよ!」と、キツイ言葉ながらも、ハッパを掛けて励まします。

 

貴之の身の上

丸1日が経った翌日のリビングには、珍しく6人が揃いました。

 

そこで、貴之がスノーボードを滑っている動画の編集作業をしていたので、自然とみんなへのお披露目会になりました。

その腕前に感心しながらも呆然とする、メンバー達。

「一緒に滑りに行こうね!」という貴之に「これ見た後じゃ、一緒に滑れない…」と答えます。

 

その後、貴之が何故プロスノーボーダーを目指したかという話から、徐々に身の上話になっていきます。

スノーボードを始めたきっかけは、3番目のお兄さんの影響だそうです。

 

格好良く滑るお兄さんを見て、一緒にやってきた事。

今はスポンサーもついて活動しているんだそうです。

 

でも、お父さんに大腸がんが見つかり、「親父を安心させたい」と強く思っているそうです。

スノーボードのアパレルブランドを立ち上げ、スポンサーもついていますが、それだけではまだまだな状態だと言うのです。

「見せれる所、見せないとダメだなって」と、結果として出ていなくても姿勢だけでも見せて、早くお父さんを安心させたいと語る貴之でした。

 

貴之と雄大、2人の涙

会がお開きになった後、貴之と雄大だけその場に残りました。

 

雄大は、貴之の境遇が自分に似ていると感じたらしく、自分の思いを貴之に語ります。

雄大にはお母さんが居なく、お父さんとおばあちゃんに育てられたそうです。

そのおばあちゃんが、最近、心筋梗塞で倒れました。

 

今まで、お父さんにもおばあちゃんにも心配ばかりかけて、でも2人に何も返せていないと言うのです。

「だから、料理を頑張りたいって気持ちだけは曲げないようにしたいと思って…」と、涙ながらに貴之に語ります。

 

そんな雄大の話に、真剣に耳を傾けていた貴之も、思わず涙を流します。

「分かるわぁ…、いいよ。その年で気付ければ」と。

 

2人とも、育ててくれた人にちゃんと返したい、そして1っの道で頑張りたいと心に誓っている様ですね。

そんな2人は意気投合し、一緒にお風呂に入るまでに親睦を深めます。

裸の付き合いですね(入浴中はみずきちゃんのプロポーションについての話題でしたが 笑)。

 

つばさの涙

場面は変わり、軽井沢になるスケートリンク”軽井沢風越アイスアリーナ”です。

ここで、つばさちゃんのアイスホッケーの練習風景と、2月に控える大会への意気込みとして監督とお話をします。

 

つばさちゃんは

「日本代表を目指しているのは確かだけど、年齢的にもキツイものがあって。でも、自分はこのチームが好きすぎて…。このチームで全日本を優勝したい」

と話しながら、涙を流してしまいます。

 

監督からも「うちの絶対的なエースはつばさだって、ずっと言ってきたよね。私もこのチームで優勝したい。つばさに引き上げて欲しい」と言います。

 

個人としての目標がありつつも、好きなチームと仲間達と頂点を極めたい…その思いの狭間で、思わず涙が込み上げてしまったみたいですね。

これはチームスポーツとしての難しさかもしれません。

 

テラスハウス軽井沢のスポット

今回の第3話で出てきた、軽井沢のスポットを一部ご紹介させて頂きたいと思います。

名称:軽井沢風越公園アイスアリーナ

住所:〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉182-3(TEL 0267-48-3626)

URL:www.kazakoshi-park.jp/ice-arena/

特徴:軽井沢の観光名所である”タリアセン”や”絵本美術館”にもほど近い、通年型のスケート場になります。

貸スケート靴もありますので、一般のお客様も気軽にスケートを楽しむ事ができます(一般開放時間があるので、HPから事前に予定表で時間を確認する事をオススメします。)

 

隣接している”スカップ軽井沢”では、温水プールやランニングマシンなども設置しているスポーツジム施設もあります。

 

テラスハウス軽井沢第3話を視聴した人達の感想は?

さて、今回の第3話を見た、他の人達の感想も見てみましょ!

SAKIさん

今回は雄大、たか、つばさの新しい背景も見えて、何回泣きそうになればいい?!っての回でした!

今回のテラスハウスは前回のシーズンとは違って、ヒューマンドラマをいくつも見れそうな予感ですね!!

 

no name

若者が苦悩する姿が見れて、見ごたえのある回でした。

恋愛もいいけど、こういう人間模様が垣間見えるテラスハウスもいいですね。

 

no name

えっ?貴之も安未が気になるみたいって、安未の1人勝ち?!

…早く、誰か手ひどく振られればいいのに(笑)

 

テラスハウス 第3話まとめ

テラスハウスのみんな、苦労してるのね…って、さくらも何回も泣きそうになっちゃう回でした。

 

だって、貴之と雄大とつばさちゃん、みんなお母さんを早くに亡くしてて。

それで夢持って、目標持って頑張るってステキじゃないですか!

たしかに、約1名ほど目標がまだあやふやでしたけど(笑)

でも、だからこそ、テラスハウスに参加したかったんでしょうね。

 

恋愛も、男性陣3人中2人が安未ちゃんっぽいですね。

どうでしょう?せっかく芽生えつつあった、貴之と雄大の友情とかも絡んでくるのでしょうか?

次回第4話も楽しみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*