デスノート映画動画2006のキャストとあらすじと簡単な視聴方法

デスノート映画動画2006のキャストとあらすじと簡単な視聴方法
蒼井さくら

大人気映画『デスノート』、あなたはもう観ましたか!?

  • 『話題にはなってたけどリアルタイムでは観てないや…』
  • 『ついつい忙しくて見逃しちゃったんだけど、どうすれば動画で観られるの!?』
  • 『デスノートの映画版が今更になって気になりだした…キャストやあらすじも知りたい!』

 

という視聴者も多いのではないでしょうか!?

ドラマやミュージカルにもなっているデスノートですが、原作は映画でもなくドラマでもなく、漫画なんですよね!!

そこで今回は『デスノート映画動画2006のキャストとあらすじと簡単な視聴方法』について詳しくご紹介していきたいと思います。

視聴方法だけでなく、あなたが気になっているあらすじやキャストについてもご紹介しちゃいますよ!!

 

デスノート動画2006を視聴する方法

それでは早速闇金ウシジマくんドラマ2の動画を無料で視聴する方法をご紹介します。

その方法とはU-NEXTを使用進方法です。

U-NEXTとはおよそ12万にも及ぶ作品をネット配信で視聴できるサービスで、スマホやPCなどで簡単に視聴することができます。

しかも今なら31日間無料お試しキャンペーンを行っていますので、登録してもし気に入らなければ31日以内に解約してしまえばあなたのお金はかかりません。

とってもお得なキャンペーンですので、キャンペーンが終了する前にぜひお試しくださいね。

 

↑↑↑U-NEXTに登録して『デスノート2006』を今すぐ視聴する↑↑↑

デスノート映画動画2006の基本情報は?

では、さっそくデスノート映画版の基本情報を見て行きましょう!!

デスノート映画版は、「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートするやいなや、ショッキングなストーリーが話題となっってそこから映画化されたんですね。

デスノート”を所有する天才青年、夜神月(やがみライト)と、彼を追うもう1人の天才、L(エル)が繰り広げるバトルがこの作品の最大の見どころになっています。

 

死神のリュークが落とした“デスノート”を手にし、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月(藤原竜也)。

頭脳明晰で天才青年L(松山ケンイチ)と壮絶な頭脳戦を繰り広げるため、どちらのキャラクターにも感情移入してしまうほど、どちらのキャラクターも人気になっている。

 

この作品で松山ケンイチ、藤原竜也はさらに役者としてのキャリアを上げたと言われている。

また、この二人を超えられるキラ&Lはいない!とまで言われているほど、熱烈なファンが増えたことでも有名です。

では、デスノート映画動画2006の気になるあらすじを見ていきましょう!!

 

デスノート映画動画2006のあらすじは?

デスノート

警視庁の刑事部長・総一郎を持つ夜神月(やがみライト)は、東応大学のエリート大学生です。

月の家庭は優しくて信頼できる父・総一郎を中心に、優しい母・幸子、兄を慕う高校生の妹・粧裕の4人家族で、どこにでもある幸せな家庭でした。

月は大学在学中に司法試験を初受験で合格するくらいとても優秀で、将来は父のようになって、立派な社会人になることを夢見ています。

とても正義感が強く、18歳の時に父から贈られた六法全書を大事にしているようなところもあるんです。

そんな月は、この世界の減らない犯罪などに対してとても嫌悪感を抱いています。

 

ある日父・総一郎のパソコンでログインし、警視庁のデータベースに潜り込んで閲覧した月は、日本警察に落胆し、正義の限界を知りました。

犯罪者と言われる人が「心神喪失状態」という名目で不起訴処分になっていたり、事件も未解決のままっだったり…。

正義とは何かということが分からなくなった月は、降りだした雨の中、アスファルトの上に、そこだけが雨に濡れず落ちている黒いノートを見つけます。

 

それは『デスノート(DEATH NOTE)』と書かれた、一見何の変哲もない大学ノートでした。デスノートを持ち帰って、何気なく開いてみました。

『このノートに名前を書かれた人間は死ぬ『デスノートは書く人物の顔が頭に入ってないと効果は得られない。ゆえに、同姓同名の人物は死なない』

『名前のあとに人間界単位で40秒以内に死因を書くと、その通りになる。だが、死因を書かなければ、すべてが心臓麻痺になる』こんなことが書かれていたのです。

 

信じられない…といった様子で、月はたまたまニュースで報道されていた女子高校生殺害事件で逮捕された容疑者・顔沼陽介の名を記しました。

そして翌日、逮捕された顔沼が、なんと拘置所内で突然死を遂げていたのです…。

月はノートを拾った場所に行き、死神〝リューク〟と出会いました。ここから全てが始まったのです…。

 

謎の探偵『L』

4か月後、月の父・総一郎は警察庁から呼び出しを受けます。

そこでICPO(国際刑事警察機構)の松原と話をした総一郎は、犯罪者が死ぬのは自然現象ではなく、なんと人為的なものだと聞かされました。

さらに犯人・キラは日本にいると限定されます。

 

それは世界的に有名な謎の探偵『L(エル)』の推理で、最初の事件が日本で起きたことが根拠でした。

天才青年Lが陣頭指揮を取り、直接対決でキラを見つけ出そうと試みることになるのです。

ですが、Lはそんなバカなマネはせずに直接姿を見せず、ワタリという初老の男性を唯一の交渉窓口にすることにしたのです。

そしていよいよ日本に捜査本部が設置され、総一郎は本部長に任命されました。

 

その頃月は、自分の力で世界の犯罪が激変している、自分のおかげでイジメなども減っていている…!と有頂天になっていたのです。

ノリに乗った月は、次から次へと犯罪者や悪いことをする人たちをデスノートに書き込みました。

 

Lの正体とは

その頃、現金を奪って逃走中の容疑者・恐田がいることを知った月は、恐田を利用しようして尾行する者の正体を突き止めようと考えました。

翌朝、恋人・詩織と月が乗ったバスに恐田容疑者が乗り込み、なんと思いきってバスジャックをするといきなり現金1億円を要求してきたのです。

月は「安心して」というメモを詩織に見せますが、月らの後部に座った尾行者はメモを見て慌てました。

 

尾行するくらいだから容疑者の共犯者かもしれない、と月は言い、やむをえず尾行者はFBIの身分証明を月に見せたことで、月はFBIが動き出していることや、尾行者の名が『レイ・イワマツ』だということを知ります。

その頃、捜査本部長・総一郎は捜査から外れても決して降格しないことを約束したものの、身の危険を感じた大半の捜査員が事件をおりていくという事態になってしまいました。

残ったのは総一郎を入れて6名だけ…。

ただし総一郎は顔を見せないLを信用できないと発言し、ワタリはLの元へ6名を派遣することに…。なんと、Lはまだ若くて華奢な青年だったのです。

 

2つ目のデスノート

Lは自らを「竜崎(仮名)」と名乗り、正直に名乗った総一郎に、顔と名前を迂闊に言わないようたしなめます。

FBIには捜査中止命令が出されますが、バスジャックの運転手に聞き込みしたナオミは、イワマツと会話した青年・月がいたことを知りました同じ頃LもFBI捜査官の死の状況を見、ナオミが単独行動を始めたことから「イワマツが担当していた相手が怪しい」と睨み、容疑者をなんと本部長・総一郎と次長の家族と絞りだしてきたのです。

Lはこの時資料を見て、夜神月がもしやキラなのでは…とすぐさま直感しました。総一郎と次長の家には監視カメラと盗聴器が7日間つけられるということになりました。

監視カメラで見張りますが、月の行動に特別変なところや不審な点はありません。

それは、何かあった時のためにと、実は月が頭を働かせ何週間も先まで殺人予定のスケジュールを組んでいたためでした。

監視7日目、朝まで勉強すると言った月は大好きなポテトチップスを持って部屋に入り、ポテチをほおばりながら勉強をしていました。

臨時ニュースで江戸川区幼女誘拐事件の容疑者・貸間山が逮捕され、幼女は遺体で発見される報道が流れました。容疑者はその直後、警察署内で心臓麻痺により死亡します。

これで月の疑いは晴れ監視カメラと盗聴器は外されましたが、盗聴器が外されてからも実はLはまだ月のことを疑っていたのです。

なんと月は勉強している振りを装って、ポテトチップスの袋の中に超小型テレビとノートの切れ端やペンを入れ、貸間山の名を記していたのです。

ポテトチップスのコンソメ味は、月の家では月しか口にしません。

これで月が犯人だと分かってしまいましたが、これすらも月のし思惑通りだったのです。

同じ頃、売り出し中のアイドル・弥海砂(あまねみさ)がテレビ局の職員のストーカー・坂城に追われ、なんと坂城はナイフを手に持ち、海砂と波止場で心中しようとしています。

が、次の瞬間…坂城が突然胸を押さえて死んでしまったのです。驚く海砂の目の前に、突然ノートが空から落ちてきます。それは…2つめのデスノートでしたーーー。

では、デスノート映画動画2006の気になるキャストを見て行きましょう!!

 

↑↑↑U-NEXTに登録して『デスノート2006』を今すぐ視聴する↑↑↑

 

デスノート映画動画2006のキャストは?

夜神月役:藤原竜也

主人公である夜神月を実写版で演じたのは、俳優さんの中でも本当に実力派俳優の藤原竜也さんです。

夜神月の優しいけどとても知的でどこか神秘的なオーラが、藤原竜也にぴったり!という声も多く、月のファンになる視聴者が続出しました。

さすが!と言ったような演技がたくさんありすぎて、どこが名シーンなの!?といった声もありました。

デスノートの夜神月と言えば、藤原竜也さんしかいない!と思わせてくれるような、本当に圧倒的な演技を楽しんで下さい。

 

L役:松山ケンイチ

名探偵Lを演じたのは、演技派俳優の松山ケンイチさんです。

松山さんはこのデスノートでその実力を見せつけた!と言っても過言ではないくらい、とても素晴らしい演技を魅せてくれます。

L独特の世界観を表現し、原作漫画と比べても全く引けをとらないクオリティーなんです!!

この松山さんの演技で、映画版デスノートが成功したと言ってもいいくらい、惹き付けられること間違いなしですよ!!

ぜひ注目してみ見てみてくださいね。

 

弥海砂(ミサミサ)役:戸田恵梨香

第二のキラ、弥海砂を演じたのは、女優の戸田恵梨香さんです。

物語にはかかせない、重要な役どころで、映画版のミサミサにゾッコン!という人たちが増えたくらい、戸田さんもはまり役として注目されました。

原作よりも好き!という人も多いくらいの人気キャラクターになったのは、戸田さんの演技力とビジュアルのおかげですよね。

可愛いミサミサに大注目!!

 

死神リュークの声:中村獅童

夜神月のデスノートの元の所有者である死神リューク。

実写化なんて無理でしょ!?といろんな場面で言われていましたが、見事な技術でリュークを実現しました。

また、死神リュークの声を担当したのは、俳優の中村獅童さんです。

迫力のある声がリュークにぴったり!と大好評で、実写化はきつい…という意見を真っ向からひっくり返してくれました!!

 

では、デスノート映画動画2006の必見ポイント3つをご紹介しますよ!!

 

↑↑↑U-NEXTに登録して『デスノート2006』を今すぐ視聴する↑↑↑

 

デスノート映画動画2006の必見ポイント3つは?

キラ&Lの演技がすごい!!

映画版デスノートがどうしてヒットしたのかと言うと、やはり藤原竜也と松山ケンイチの演技がすごかったからでしょ…ときっと誰もが口を揃えて言うと言っても過言ではありません。

それくらい二人の演技力が光っていて、どんどん引き込まれて行くんです。

どちらかと言うと今はキラキラしている恋愛ものの映画が流行っているイメージですが、デスノートのようなちょっとダークなストーリーもデスノートがキッカケで再熱しそうです。

キラとLが離れた場所から対立するところがとても面白いので、その時の二人の演技に注目してみて下さいね!

 

リュークがすごい!

死神であるリュークは、映画では再現できないだろう…と何度も言われてきました。

その批判も不安もすべて拭い去り、しかもそれ以上の評価をしっかり獲得したとも言えるのがリュークの実写化です。

また、中村獅童が声を担当したと言うこともあり、迫力がすごいのはもちろん、きちんと繊細なところまでリュークそのものになっているのです。

なので、映画版を初めて見た人も、原作からのファンの人も、きっと気付いたらリュークファンになっていることでしょう。

それくらいリュークがリアルでいい味を出しているので必見ですよ!!

 

どんどん引き込まれるストーリー展開

デスノートの面白いところといえば、やっぱりストーリー性が光っているところではないでしょうか?

最初から最後まで『絶対見逃したくない!!』『面白すぎる!』という展開になっているので、きっとデスノートを見ながらポテトチップスを食べる暇もないかもしれません(笑)

よくある中だるみも、デスノートには皆無!

ぜひ、原作を見ているという人も、初めてデスノートを知ると言う人も、まずはゆっくり自宅で楽しんでみてはいかがですか?

 

では、最後にデスノート映画堂が2006を視聴した人たちの感想を見て行きましょう!!

 

↑↑↑U-NEXTに登録して『デスノート2006』を今すぐ視聴する↑↑↑

 

デスノート映画動画2006を視聴した人たちの感想は?

https://twitter.com/MovieExcellent/status/932126353180315648

流石に何度もリメイクされている作品だけあって、その人気がうかがえますね。

 

デスノート動画映画2006まとめ

原作で原作時代から大人気の作品で、のちにアニメ化ドラマか映画化された本作。

藤原竜也さん松山ケンイチさん戸田恵梨香さんが演じているデスノートが一番好きというファンも多く、いまだに人気の高い作品です。

 

そんなデスノート2006を視聴する方法は、上部でも紹介した通りU-NEXTを利用する方法がおすすめです。

今なら31日間の無料トライアルができるので、31日以内に解約してしまえば無料で動画を視聴することができるのです。

登録も解約もとっても簡単にできるので、この機会にぜひ利用してみてくださいね。

 

↑↑↑U-NEXTに登録して『デスノート2006』を今すぐ視聴する↑↑↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*