テラスハウス軽井沢19話ネタバレ!つばさ、全国大会とショーンの告白返事は?!

蒼井さくら

テラスハウス軽井沢19話「The Second Attempt」のネタバレです。

 

よかったですよね、先週のショーンの告白^^

もうてっきり2人は付き合うもの♪

・・・と思ってましたが、そう言えば「今は返事はいいから」って言ってた!!・・・

と気付いたさくらには、長い長い1週間でした><。

 

その結果は、今回見れるのでしょうか?

最近忙しいつばさですし、まだまだ麻由がショーンを狙っているというスタジオメンバーの意見もあり。

目が離せませんね!

 

早速、19話をチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ 前回のあらすじは?

まずは前回のあらすじを確認しましょう。

 

前回の最大の山場・・・いえ、テラスハウス軽井沢始まっての最大の山場とも言える場面がありました。

バレンタインデーに、至恩がつばさに「好きだよ」と告白しました!

 

大切な大会を控えているつばさを気遣い、「返事はすぐに欲しい訳じゃない」と言う至恩。

2人が付き合うかどうかは保留状態となりましたが、つばさは「こんな事ってあるんですね」と言いながら、とっても嬉しそうでした。

 

翔平はすでに麻由にかなり好感触の様で、麻由の手助けをしたり、ランチに誘ったり、イイ感じです。

ですが、麻由は至恩がつばさに告白した事を知り、1人で涙を流してしました。

 

今週、新たな恋の展開は見られるのでしょうか?!

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ 19話のあらすじは?

では、今回のテラスハウス軽井沢、ネタバレです。

つばさの人生の岐路とも言える全国大会の結果が見れます。

どうぞ、ご覧下さい。

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ 全国大会の結果は?!

テラスハウス入居当初から言っていた、大事な大会である全日本(B)。

無事1回戦と2回戦を勝利し、準決勝にコマを進めた、つばさ率いる軽井沢フェアリーズです。

 

準決勝の相手は札幌インフィニティーズ。

つばさが積極的に攻めてゴールを狙いますが、なかなか得点にはつながりません。

 

先制点を決めたのは、札幌インフィニティーズ。

1Pで0-3と離されますが、即座に1点を返します。

2Pが始まって、更に1点を返し2-3と追いつめます!

 

ですが、相手も負けていません。

3P(最終ピリオド)開始直後に得点を決め、2-4とし差を広げます。

 

時間が迫る中、センターライン手前からこぼれ球を拾ったつばさが、ミドルショットを放ちます!!

ゴールキーパーに当たりますが、パックが後ろにこぼれ、そのままゴール!

終了間際、3-4と追い上げる軽井沢フェアリーズです。

 

・・・ですが、無情にそのまま時間は過ぎ去ります。

最後には6人攻撃(ゴールキーパーを下げて、プレーヤー6人で攻める攻撃)を仕掛ける軽井沢フェアリーズですが、後一歩及ばず、ここで敗戦となってしまいました。

 

3位決定戦

惜しくも準決勝で負けてしまいましたが、3位決定戦があります。

この試合にはテラスハウスメンバー全員が、スタンドまで応援にかけつけてくれました。

試合前、メンバー達に気が付き、つばさが手を降ります。

 

3位決定戦の相手は「FIORE TORSPO(フィオーレ トルスポ)」。

今大会が行われている、愛知県の地元チームです。

 

先取点を決めたのは軽井沢フェアリーズです!

このまま波に乗りたいところですが、続けて失点してしまいます。

 

結果としては1-5で敗戦。

つばさとしては納得のいかない大会結果となってしまいました。

 

試合後、外でチームメイト達とミーティングをしているつばさの元に、テラスハウスメンバーがやってきました。

つばさ「泣いちゃう~。」

顔は笑っていますが、やはり涙を流してしまいます。

メンバーは全員「よくやった」「格好良かった」と称えますが、つばさは「勝ちたかった」「もっといけた」とつぶやくように言います。

それでも、応援に駆けつけてくれたメンバー達に、何度も「ありがとう」を繰り返します。

 

別れ際、その日の夕食を一緒に食べようと約束します。

つばさのお疲れ様会と言って、労うメンバー達なのでした。

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ つばさ、お疲れ様会

つばさのリクエスト(から揚げ)を準備して、帰宅を待つメンバー達です。

 

つばさ「ありがとう~、今日。」

つばさが帰ってきて、みんなが拍手で迎えます。

でも、つばさの顔を泣きはらした様にパンパンでした。

 

つばさ「でも、今日試合して思ったのは、このチーム好きだなって思った。楽しかった、スゴイ。

今大会の感想を言うつばさです。

悔しさはあるでしょうが、出し切った感をにじませるつばさでした。

 

貴之が語る、つばさの過去と想い

貴之が先日、至恩と2人で「冴沙(ささ)」を訪れて、お父さんと会ったことを伝えます。

そこで聞いたつばさの過去の話を、つばさの承諾を得て話し始めます。

 

つばさのお母さんが、つばさが小学5年生の時に亡くなっている事。

つばさの練習を見ていた時に、リンクでくも膜下出血で倒れた事。

お父さんが「軽井沢に良い思い出は無いんだろうな」って言ってた事。

つばさのお父さんは、子供達の為に軽井沢に居続ける事を決めた事。

 

そういう事を含め、つばさが県外に移籍する事をとどまっているんだろうという事を話します。

でもつばさは、以前に東京のチームへ移籍する話があった時、お母さんが生きていれば迷わず親も送り出してくれただろうけど、今は自分がチームを好きだから・・・と言います。

 

貴之「じゃぁ、軽井沢フェアリーズでこれからもやる、って感じかな。」

つばさ「う~ん・・・、今のところは、そんな感じかな~?」

至恩「いやまぁ、今は何よりもグータラした方がいいよ。必要だから、人間。」

きっと貴之は、つばさと至恩の為に、ここに残るのかどうかを確認してあげたんだと思います。

でも、つばさはまだ迷っているのでしょう。

そのつばさの迷いを感じて、スッと助け船を出してあげる至恩。

 

とりあえずは、つばさ、本当にお疲れ様です。

 

スポンサーリンク

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ 朝活する翔平

朝から和的な食事を準備している翔平。

 

麻由「おはよー、早いなぁ。(←関西弁)」

前回約束していたように、麻由の為に朝活を始めた翔平が、2人分の朝食を作って待っていました。

 

2人で朝ごはんを食べながら、今からオーディションの為に東京へ向かう麻由の為、駅まで車で送っていってあげると言う翔平です。

 

翔平「とりあえず、残そう。」

新幹線の時間に間に合わないので、朝食は残して出発しようと言います。

それに対して、麻由は「イヤだ!」と言い、ラップに包んでおにぎりにして持っていきました。

 

軽井沢駅のロータリーまで車で送り、バイバイと手を降り合う2人でした。

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ 聖南を誘う翔平

夜のダイニングで、貴之と翔平が居ました。

そこにつばさが帰ってきました。

 

翔平がテラスハウスで作った曲を、今度レコーディングすると言います。

しかも、そのレコーディングディレクターをしてくれる人が、久保田利伸をいつもディレクターしている人で、スタジオも久保田利伸がよく使うスタジオなんだとか。

かなりテンションが上がっているようです。

 

テラスハウスで作ったと言う曲、曲名は「umbrella(アンブレラ)」。

恋を通り雨に例えた曲との事で、是非じっくり聞きたいですね^^

そして、聖南、至恩と次々と帰宅して来ました。

 

聖南「えっ、ワイン?誰が飲むの?」

翔平「いや、聖南さん。今日までしか飲めんって言うとったけん。」

聖南、ファッションショーの2~3日前からお酒を抜くんだそうです。

プロですね!

翔平が聖南の為にワインを準備して、リビングで2人で飲もうと誘います。

 

2人だけで乾杯した後、翔平がおもむろに切り出しました。

翔平「2ヶ月さ、けっこう一緒に、みんなと居るけど。どこにも行けてないったい。だけんなんか、聖南さんとどっか行きたいなぁって。」

翔平は、みんなで楽しく飲んでいる時以外の、普通の素の聖南と遊びたいと言って誘いました。

聖南も「OK」と即答します。

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ 至恩、つばさに再告白

つばさがクラッシュドアイスの視察の為に、カナダに旅立つという前夜。

女子部屋で荷造り中のつばさの元に、至恩がやってきます。

 

つばさ「どしたー?」

至恩「いや、試合終わりのさ、今後の事、なんか、まだ決めてなかったけど。どう?考えたり、してる?」

つばさ「考えてる、考えてる!1回、だから、練習を見に行って・・・」

至恩「じゃぁ、また北海道も行って。大変だね、飛び回って。」

つばさ「本当だね、なんか、落ち着かないなぁ(笑)」

 

そして、とうとう至恩の告白です。

至恩「・・・バレンタインの時にさ、俺の気持ちをさ・・・伝えたんだけどさ。告白したけど、付き合ってって言った訳じゃないけど。でも俺は、なんだろうな・・・その、軽井沢に残っても、北海道になっても、遠距離になると思うし。でもなんか、それでも頑張ってるつばさ見てると元気貰うし。楽しいからさ、一緒に居て。そういうつばさが好きだからさ。だから、よかったら、付き合って欲しいなぁって。

 

即答すると思われたつばさ。

でも・・・

つばさ「答えは今、言った方がいい?それとも・・・

ここで、今回のテラスハウス軽井沢は終わります。

 

恋にホッケーに。悩めるつばさ

実はつばさは、悩んでいました。

 

貴之に、至恩にバレンタインに告白されて、アンサー的なものは?・・・と聞かれますが、付き合ってと言われたわけではないので、どうしたら良いか分からないと言います。

 

そして、ホッケーについては、全日本(B)の準決勝で対戦した相手チーム(札幌インフィニティーズ)から、移籍の声を掛けられたそうです。

ですが、北海道でずっと頑張っていた元チームメイトが、つばさが軽井沢フェアリーズに残るなら、自分も来シーズンは軽井沢フェアリーズに移籍する・・・と言ってきていると言います。

 

悩んだつばさは、カナダ行きの前日にお父さんを訪ねます。

そこで、カナダ行きの話と、札幌インフィニティーズに声を掛けてもらっている事を話します。

 

つばさ父「Aのチームに行くんならあれだけど、Bに行くんなら、アレじゃねぇの?」

※つばさ父が言うA・Bとは、Aが日本代表選手も所属する強豪チームのグループで、Bはグループとしてはつばさが所属している軽井沢フェアリーズと同じ・・・という意味になります。

 

的確なアドバイスをするお父さんですが、最終的には「自分の後悔が無い様に」と言って、つばさの背中を押すのでした。

 

そして、先日、貴之と至恩と飲んだことをつばさに報告する父です。

至恩は気遣いもできるし、格好いいし、なによりつばさが一緒にいて楽しそうだと言います。

つばさ父「ショーンによろしくお伝えください(笑)」

 

もしかしたら、つばさが軽井沢に残るかどうか、大きなカギを握っているのは、やっぱりお父さんなのかもしれません。

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ 19話を見た人の感想は?

最後につばさの答えが聞けずに終わった19話!

さぁ、みなさんの感想もチェックです!!

https://twitter.com/rosekristal11/status/998482429370236928

 

スポンサーリンク

 

テラスハウス軽井沢ネタバレ まとめ

またじらされますね、ショーンとつばさの行方。

 

遠距離になるとは言え、軽井沢に居れば、東京で仕事するショーンとは付き合いやすいだろうなぁ。

そして、お父さんの言う通り、真剣に日本代表を狙うなら、Bのチームに移籍してる時間は勿体ないのでは?!

移籍するならAのチームで、1シーズンでも早く結果を出さないと!・・・って思わないのかなって、ちょっと不思議でした。

 

もしかしたら、スポーツ競技としては、アイスクロス(クラッシュドアイス)の方に完全移籍しちゃう可能性もありますよね?!

 

スポーツ選手として、そして女性としても、大きな岐路に立っているつばさ。

次回、告白の返事次第で、何かが大きく変わるかもしれませんね?!

 

次回のサブタイトルは「A Fairy on a Split Road(天使の分かれ道)」です。

Fairyは、たぶん軽井沢フェアリーズになぞられたと思われるので、やっぱり、つばさの大きな選択が関係する回になると思われます。

次回も見逃せませんね!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*