ハリーポッターと秘密の部屋の動画をみるには?内容解説!感想や伏線・カメラマンが映ってたという噂

蒼井さくら

こんにちは、さくらです!

 

今回はハリーポッターシリーズの2作品目のハリーポッターと秘密の部屋の動画の視聴方法をここではご紹介します!

本作品はハリーポッター作品の中では一番評価の高い作品として有名な作品となっています。

また、感想やのちに続く伏線、カメラマンが映っていた?などの噂についても詳しくみていきましょう。

 

ハリーポッターと秘密の部屋の基本情報は?

ハリーポッターと秘密の兵や。

イギリスの児童文学作家のJ・Kローリングが1998年に発表した子供向けのファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの第2巻です。

 

この作品では、始めにしもべ妖精のドビーが現れます。

ホグワーツに戻ってはいけないと忠告するドビー。

空飛ぶ車を使って、ダーズリーの家を脱出して、ホグワーツに向かいます。

そこで、秘密の部屋をめぐる事件に巻き込まれることになります。

 

この作品では、ハーマイオニー・グレンジャーやジニー・ウィーズリーが石化されてしまいます。

ハーマイオニーの残した手がかりをもとに、謎解きが始まります。

 

ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじは?

それでは、ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじを観ていきましょう。

 

第1幕:妖精ドビーの警告

ダーズリー一家で夏休みを過ごしていたハリー。そんなときに妖精ドビーが出現して、ホグワーツ魔法魔術学校に行ってはいけないことを警告してきます。

そんな中で、ダーズリーと一緒に暮らすのが嫌なハリーは、空飛ぶ車に乗ってきた親友の論たちとともに、ダーズリー一家から離れてしまいます。

 

 

第2幕:「秘密の部屋」の存在

そして、夏休みが終了して、ホグワーツの新学期。1年生のときの最後の活躍が噂になっていて、新入生たちの憧れの状態になっていました。

2年生がスタートして、新任教師のベストセラー作家、ギルデロイもハリーに近寄ります。

 

そんなときに、ホグワーツの中で不可解な出来事が置きます。

突然、壁に「秘密の部屋は開かれたり。継承者の敵よ、気をつけよ」という文字が現れ、ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人は調べ始めます。

 

クリスマスが明けたある日、ハリーは3回の女子トイレで古い日記帳をみつけます。その日記帳にはT.M.リドルの記憶が残されていて、その記憶をきたハリーは50年前に起きた秘密の部屋事件について知ります。しかし、その後何者かに日記を奪われます。

さらに、ハーマイオニーと別の女子生徒が襲われる事件が発生し、前回の事件の容疑者だと言われているハグリッドは、魔法大臣とアルバス・ダンブルドアからアズカバンへ送ることを告げられます。

 

そして、ダンブルドアが校長職を停職させられる事態になり、城内は更なる不安に。

ハリーとロンは透明マントで隠れてハグリットが去り際に残した言葉をもとに禁じられた森にいき、ハグリッドに育てられた大蜘蛛・アラゴグから話を聞きます。

その話から、2人は知り合いである嘆きのマートルが前回の事件の犠牲者だったと推測され、彼女から話を聞こうとします。

 

試験の3日前にマートルを訪れようとしたとき、マクゴナガルに見つかりますが、ハリーが「ハーマイオニーを見舞おうとした」と機転を効かせたおかげで処罰を免れ、2人はハーマイオニーを見舞います。

そんなとき、、石になっている彼女が小さな紙切れを握っている事に気付き、みてみると「スリザリンの怪物」の正体が記されていました。

 

これを見た2人は、今までの事実が全て整合性を持つことに気づき、寮監であるマクゴナガルに話そうと職員室へ向かう。

その時、城内にミネルバ・マクゴナガルの声で「生徒は全員寮に待機、教授は2階廊下へ集合」するように放送が流れて、教授一同は遅れてやってきたロックハートに「スリザリンの怪物」の対応を一任したものの、盗み聞きしていたハリーとロンは、連れ去られた女子生徒の名を聞いて愕然します。

その女子生徒は、ロンの妹であるジニー・ウィーズリーでした。

 

 

第3幕:トム・リドルの正体

ハリーとロンはロックハートが教授に「スリザリンの怪物」の胎児を任されたことを思い出して、彼の場所に向かって、一緒に秘密の部屋に向かいます。

マートルを訪ねた一行は彼女から死んだ時の話を聞き、「秘密の部屋」へ続くトンネルの入り口がマートルの棲む3階の女子トイレにあることを知り、「秘密の部屋」に乗り込みます。

途中、トンネル内部で戻りたいロックハートとの間で小競り合いになり、ロックハートが自身の記憶を無くす事態になりました。。その際トンネルが崩れた為に、ハリーはロンとロックハートを残して1人で「秘密の部屋」へ向かいます。

 

そして奥に進むと秘密の部屋で横たわっていたジニーをみつけます。そして、そこには16歳のT.M. リドルがいました。

 

リドルは50年前の生徒であることを知り驚くハリー。

 

リドルは、手帳を指して「これは50年前の記憶。一連の事件は自分がジニーにさせて、自分はジニーの魂を利用して復活する」ことを明かします。

さらに、そのリドルの正体がヴォルデモートの若き姿であることも明かします。

 

ハリーの両親や他の魔法使いを殺したことに思い悩むハリーに容赦なくスリザリンの怪物を利用して襲い掛かります。

そんあとき、窮地になっていたとき、ダンブルドアのペットの不死鳥のフォークスがハリーに組み分け帽子を渡してハリーの手助けをします。

 

ハリーはその帽子から剣を取り出し、スリザリンの怪物を倒します。

さらに、そのスリザリンの怪物、バジリスクの牙を使って、手帳を刺し、リドルを消滅させます。

 

第4幕:ルシウス・マルフォイの失脚

この秘密の部屋の事件はルシウス・マルフォイの陰謀であったことがハリーに暴かれ、ルシウスは学校の理事を首になります。

ドビーはハリーのチカラによって、マルフォイ家から解放されて、自由な屋敷しもべ要請になります。

 

ロックハートはホグワーツを去ることになったものの、ジャスティンやハーマイオニーと、石にされた生徒たちはもとに戻り、再びホグワーツに平和が戻ることになります。

 

ハリーポッターと秘密の部屋をみた人たちの感想は?

ハリーポッターと秘密の部屋の動画視聴法!感想や伏線・カメラマンが映っていた!?

それでは、ハリーポッターと秘密の部屋をみた人たちはどのようなことを感じたのでしょうか?

そのあたりの中身が気になりますよね。一緒にチェックしていきましょう。

30代男性
面白いです。賢者の石で活躍したハリーも人間界に変えるといつもと同じように意地悪されている。

怪しい感じのしもべ妖精ドビーからはホグワーツに戻らないでと言われ、ドビーは悪い子と暴れて、最初からお話にくぎ付けになりました。

二巻目にして特に思ったのは会話文がいいと感じました。全体的に登場キャラの個性がにじみ出ていたように思います。ストーリーもとても面白く、個人的には満足しました。

30代女性
私はハリーポッターシリーズでは一番この作品が好きです。

学園の中を徘徊する謎の悪者を探し出して、退治するという典型的なお子様風なストーリーが心地いいです。

日記の中の記憶という発想もいいと思いますし、ヴォルデモートの幼い時の姿トム・リドルとの対決もなかなか冷や冷やするようなクライマックスでした。

マートルなど個性的なキャラもアクセントとしていい中と思いつつ、わかりやすく中途半端な感じもしません。また、犯人の意外性もあってよかったです。

他の作品と比較するとストーリーのつながりもしっかりとしていて、この作品単体でも十分に面白いようにかんじました。

ハリーポッターの作品の中で一番繰り返しみたいと思える作品といえます。

30代男性
相変わらずの子供向けだなぁと感じた。

前作と今作は、あんまし好きではないです。頭の悪そうなハリーの推理で物語が進んでいくというのが個人的にはどうかなって。

最後に、ドビーがスッキリさせてくれるのが、せめてもの救いのように感じます。とりあえず、ロンのびっくりしている顔や困っている顔が満載の作品となっていて、、、だた、ロンの妹のジニーが作品の中だけ大人びていたので、少しびっくりしました。

20代女性
この世界好きなので、最初から「帰ってきた」という気持ちが強くて、わくわくしました。

また、最後の屋敷しもべを救おうとする姿勢は好感をもてました。

とはいえ、ひたすら長く感じ、かつ、話にそこまでふくらみを感じることが出来ず、謎がどんどん膨らむだけで2時間半は正直長いように感じます。

後、バジリスクとの戦闘について剣を使って倒すというのはなんだか、物足りなかったです。魔法使いなのに。

全体的に、もう少しエピソードを削ったりした方が個人的には良かったと思います。ドラコのシーンや大蜘蛛のシーンなどが長く、色んなエピソードを詰め込んでいて、原作を知らない人間に、日記が登場したとき、この日記はドラコの父親がかばんの中に突っ込んだものと一瞬で理解しろというのは酷です。

10代男性
全体的な謎解きゲームが面白かったです。ただ化け物が巨大すぎて、「レイダース」映画的なかんじがしました。このあたり、ハリーポッターの作品には少し微妙なようなかんじがします。
20代男性
根作品は全体的に爆発力がないので、賢者の石をみた人にとっては物足りないような気がします。

というのも、ハリーも未熟でヴォルデモートも何?って感じですし、これだとファンでないと見続けるのはきついかなぁと。

全体的には今回の作品はとても重要で楽しむ作品というわけではなく、伏線を引いて楽しむものなのかなぁと感じますた。

とはいえ、ワクワク感はあったので、個人的には満足です。

10代男性
原作、劇場、DVDで何度も見ました!
前作より、ちょっとシリアスな場面が増えてきました。

屋敷しもべ妖精のドビー!あまりにリアルで怖かった・・・。
今回、ルシウス・マルフォイも登場!

蛇語が話せる事がバレて、スリザリンの継承者ではないかと噂が広まってしまい、自らを邪悪な存在ではないかと悩むハリー。

そんなハリーに、校長が言った言葉に感動しました。

20代女性
記録的大ヒットになった「ハリー・ポッターと賢者の石」の続編。

私は、ストーリー、演出、音響、特撮、アクションなど、すべてにおいて前作を上回っていると感じました。

2時間40分という長い映画ですが、みているとあっという間。

前作をみていて、登場人物や舞台設定の知識があったので、比較的スムーズに映画の世界に入っていけましたし、お話に集中できたのもよかったです。

また、ハリー役のダニエル・ラドクリフとロン役のルパート・グリントの声が声変りの最中ということもあり、変に印象に残りました。

次回からは完全に大人っぽい声になっているのか?

後、ハーマイオニーは石にされることもあってか、全体的に登場する出番が少なく残念でした。

 

ハリーポッターと秘密の部屋の伏線は?

それでは、ハリーポッターと秘密の部屋の伏線についてみておきます。

今回の作品の中では、後々の作品にも繋がる重要なものが登場しています。

 

それがトム・リドルの日記です。

この日記は学生時代にリドルがロンドンで購入したもので、1943年6月に嘆きのマートルを生贄にして分霊箱にされます。

 

分霊箱というのは、第6作謎のプリンスで明らかになりますが、簡単にいうと、永久不死のチカラを得るために、魂の一部を閉じ込めておくもの。

 

この秘密の部屋ではバジリスクの牙を使って、ハリーが日記を串刺しにします。

そのことによって、分霊箱は一つ消滅することになります。

 

6巻で分霊箱だったことが明らかになりますが、これが最終回で大きなカギを握っています。

 

ハリーポッターと秘密の部屋カメラマンが映っていた!?

ハリーポッターと秘密の部屋の一部にカメラマンが映り込んでいたとの情報がネットで話題になっていました。

よくみるとカメラが。。。

 

ハリーポッターと秘密の部屋の視聴方法は?

ハリーポッターと秘密の部屋を視聴するための方法をチェックしていきましょう。

今回お勧めするサービスがこちらのU-NEXTという動画配信サービスです。

こちらのU-NEXTというのは、動画の配信サービスになっていて、日本・海外ののドラマ、アニメ、映画など様々な作品を月額制で色々と堪能することが出来るサービスです。

今回ご紹介してきた秘密の部屋もこのU-NEXTで視聴できます。

 

月額制のサービス中に入っている動画の多くを視聴し放題です。

一部ポイントが必要になるものもありますが、はじめに600ポイントを無料配布されることもあり、これでお気に入りの映画は視聴できます。。

 

今なら、31日間無料で動画を視聴することが出来るキャンペーンをやっていますので、一度試しに契約してみてはいかがでしょうか?

合わないと思えば、1ヶ月以内に契約を解除してしまえば、あなたにお金はかかりません。

 

今映画やドラマ、アニメファンの多くが利用しているU-NEXT、この機会に一度登録してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*