ハリーポッターと炎のゴブレットの動画を無料でみるには?あらすじや声優感想を紹介

蒼井さくら

ハリーポッターの第4作目、ハリーポッターと炎のゴブレット。

この作品をきっかけに、ヴォルデモート卿が復活する作品です。

 

そして、ハリーポッターの作品では初めての死人が出てしまいます。

思春期を迎えたハリーたちの恋愛模様も描かれます。

 

今回は、ハリーポッターと炎のゴブレットの動画を無料で視聴するための方法や相関図、考察、音楽などについて一緒みていきましょう。

 

ハリーポッターと炎のゴブレットのあらすじは?

予告動画をまずはチェックしてみてくださいね。

それでは、始めにハリーポッターと炎のゴブレットのあらすじをみていくことにしましょう。

 

第1幕:伝説の三大魔法学校対抗試合への出場者

新学期の初めにダンブルドアが「伝説の三大魔法学校対抗試合がホグワーツで再開されることになった」ということを生徒たちの前で告げます。

選手は立候補した生徒の中から、炎のゴブレットが各校の代表の選手を1名ずつ選び出します。

3校とはボーバトン校、ダームストラング校、ホグワーツ校。

 

そして、それぞれの代表に、

  • ボーバトン校:美少女フラー
  • ダームストラング校:スター的人気のクラム
  • ホグワーツ校:人気者のセドリック

それぞれが選ばれます。

 

しかし、参加資格がないにも関わらず、ハリーも選手に選ばれることになります。

ハリー自身は自分の名前をゴブレットに入れていないということもあり、疑問に思いつつも魔法の契約の拘束力は絶対的なので、辞退することは許されません。

自分でゴブレットに名前を入れたのではないかという噂。

そんな中で本来資格がないにも関わらず、選ばれたハリーは、日刊預言者新聞の記者のリータ・スキーターに中傷記事を書かれることになり、生徒からも誤解されることになります。

 

第2幕:伝説の三大魔法学校対抗試合でのハリーの活躍

4人の選ばれた選手は、ドラゴンの卵をめぐった争奪戦や水中の中での戦い、生きている巨大な迷路を突破するという至上最難関の頭脳戦という3つの課題で競い合うことになります。

特別に選手になってしまったハリーは周囲の人たちから卑怯者呼ばわりされ、ロンとの仲もこじれてしまうことになります。

 

しかし、試合での活躍をきっかけに、周囲からの指示を集めるようになり、セドリックと同点1位の成績をとり最後の戦いに挑むことになります。

そして、最後の課題では、スフィンクスや他の選手たちを追い越して、今まで助け合って一緒にきたセドリックと同じタイミングで優勝杯を取ります。

 

なのですが、この巨大な迷路の中で、ハリーはセドリックと一緒に、トム・リドル・シニアというヴォルデモートの父と書かれている墓がある墓場に飛ばされることになります。

 

第3幕:ヴォルデモート卿の復活

この墓場には「父親の骨、下僕(ワームテール)の肉、敵(ハリー)の血」という3つのアイテムを揃えることで、ヴォルデモート卿が復活します。

 

そして、待ち構えていたヴォルデモートの配下のワームテールの死の呪文によりセドリックが殺されてしまいます。

この大会にハリーがなぜかエントリーされた理由は、ハリーをこの墓場の中に誘い込むためだったのでした。

 

ヴォルデモート卿と対決するハリー。しかし、ハリーの背後についていた母や父の魂が現れ、なんとかハリーはセドリックの遺体と一緒にその危機を脱出することに成功します。

 

 

結:三大魔法学校対抗試合の終幕

もとのスタートラインに戻ったハリー。

セドリックの死に周囲の人たちは悲しみにつつまれます。

 

セドリックを失うという悲しみにくれつつも、閉会式が行われます。

この企てがマッド・アイ・ムーディに化けていたヴォルデモートの手先のバーティ・クラウチ・ジュニアが意図して行っていたことが判明します。

その後、本当のマッド・アイ・ムーディが救出されます。

 

ハリーは手にした賞金をセドリックの両親にわたそうとするものの、受け取ってもらえず。悪戯用品専門店を開くのに資金が必要だったウォーズリーの双子の兄弟に与えます。

 

以上のような流れで炎のゴブレットは進んでいきます。

 

>> ハリーポッターと炎のゴブレットの動画の視聴方法は?

 

ハリーポッターと炎のゴブレットの音楽も必見!BGM集

YouTubeにハリーポッターと炎のゴブレットのBGMが上がっていましたので、一部ご紹介します。

クィデッチの音楽

 

炎のゴブレット

 

ホグワーツのマーチ

 

ヴォルデモートの復活

 

セドリックの死

 

>> ハリーポッターと炎のゴブレットの動画の視聴方法は?

 

ハリーポッターと炎のゴブレットの相関図は?

この炎のゴブレット、人間関係が掴みにくいので、相関図をまとめてみました。

ハリーポッターと炎のゴブレットの相関図は、以下の通りです。

 

魔法対抗試合の選手

  • フラー:ボーバトン校の代表選手
  • ビクトール・クラム:ダームストラング校の代表選手
  • セドリック・ディゴニー:ホグワーツ校ハッフルパフ寮生

 

リータ・スキーター

ハリーの中傷記事を書く

 

ハリーの仲間

  • ロン・ウィーズリー:赤毛ののっぽ・ハリーの親友
  • ハーマイオニー・グレンジャー:マグル出身のがり勉・ハリーの親友
  • ネビル・ロングボトム:ドジだが、薬草学が得意
  • チョウ・チャン:レイブンクロー生・クイディッチのシーカー・ハリーに片思い

 

教員

  • ダンブルドア
  • ミネルバ・マクゴナガル
  • スネイプ
  • マッド・アイ・ムーディ:本作では最後に監禁状態から助けられる

 

魔法省

  • コーネリウス・ファッジ魔法大臣:魔法省の役人、ダンブルドアを尊敬していたが権力に目が行く
  • バーテミウス・クラウチ・シニア:魔法省役人、息子のクラウチ・ジュニアが闇の帝王側の人間(死喰い人)として、逮捕されたことで左遷。妻に頼まれ、アズカバンから息子を脱獄させ幽閉するも、ヴォルデモートに助けられコントロール不能状態に

 

闇の勢力

  • ヴォルデモート卿:ハリーの父母を殺し、魔法界で恐れられる闇の帝王
  • バーテミウス・クラウチ・ジュニア:死喰い人。ネビルの両親を拷問して廃人にした罪でアズカバンにいたが、父に救済&幽閉される。父のことを憎み、マッド・アイ・ムーディに化ける

 

>> ハリーポッターと炎のゴブレットの動画の視聴方法は?

 

ハリーポッターと炎のゴブレットを視聴した人たちの感想は?

ハリーポッターと炎のゴブレットの無料動画は?相関図・考察・音楽も一緒にご紹介

それでは、ハリーポッターと炎のゴブレットを視聴した人たちの感想をチェックしていきましょう。

 

30代男性
伝説の三大魔法学校対抗試合が再開され、試合の最中の学園青春ドラマが展開されます。

ヴォルデモード卿が復活する大きな作品にもかかわらず、主人公たちが華麗にダンスしたり、ダンス相手や青春時代の嫉妬で、あまり素直になれない青春時代にありがちな行動がしっかりと描かれているように感じました。

ポッターを支えてるように見えてた先生がどこの場面から敵だったのか・・・

最後、一瞬の舌を舐める癖が出たときに、またもう一度見返したい思いにかられました!

20代男性
伝統ある学校行事で、生徒がもがき苦しむ話です。その果てには…

やや、今回は学校の管理体制って、かなり適当に感じたのですが、保護者とかクレームを入れないのかなぁと思いました。アズカバンの囚人では、狼男のルーピンが学校を去ることになったのに。

あと、新しくやってくる先生って、みんな何か裏があるような気がしてなりません。まぁ、話のネタを作るためにやってきたのだから仕方が無いと言えば仕方なのですが。

30代女性
この映画は個人的には少し物足りないように感じました。

魔法大会ということで、ドラゴンと戦わせたり、水中で瀕死状態の友人を救出させたり、また、襲い掛かってくるような迷宮を歩かせたりと。

なんだか、これが競技なのかと思うと、ぞっとします。この構図はバトルロイヤルのようにも感じられます。

その後に、ダンスパーティなどのシーンもあるのですが、それまでの流れからのダンスって、少し流れに違和感を感じました。

20代男性
終盤の「ヴォルデモート」の復活なのですが、それまでのつながりがやや理解できませんでした。

ハリーをただ墓場に行かせるために、このようなお話を描いたのであれば、他にも何かいい方法があったような気もします。

 

やや興味を持続させようとするものがホラーじみたものになっていたように感じます。

物語そのものに魅力があったならば、あそこまで気味の悪いような演出も必要なかったように思いました。

本作では、アズカバンで回復したハリーポッターへの好意を若干逆戻りさせられたようにも感じました。

30代女性
クィディッチワールドカップや三大魔法学校対抗試合と見せ場が非常に用意されていて、各国の魔法使いや、各魔法学校のエリート達が集結する場面で、登場人物の魅力が全然伝わらない撮り方や場面ばかりで正直この監督は実力不足だったと思う。

原作をしっかりとまとめるという構成力はあるかと思いますが、やや抑揚が足りないように感じます。

ドラゴンとの戦闘でもそれぞれの戦い方や謎・黒幕を感じさせるようなシーンもややインパクトに欠けて、やや無駄にダンスパーティやコメディ、恋愛シーンに割きすぎて、途中は微妙です。

ラストに闇の帝王が復活しますが、短いクライマックスで、やっと盛り上がりをみせるというかんじになっていて、ちょっと残念でした。

20代男性
今作も、原作、劇場、DVDを何度も見ました!笑いもあるけど、怖い場面の方が多いように感じました。

あっという間にクィディッチのワールドカップ終了・・・。

もう少し試合のシーン見たかったです。

ハリーの初恋の相手チョウ・チャンが出てくるけど、ちょっとイメージと違いました・・・。

ハーマイオニーが素直になれず、好きでもない相手とダンス・・・せつないけど可愛かったです!

ハリーたちが全体的に大人になったなぁと感じました。

>> ハリーポッターと炎のゴブレットの動画の視聴方法は?

 

ハリーポッターと炎のゴブレットの考察

ハリーポッターと炎のゴブレットの無料動画は?相関図・考察・音楽も一緒にご紹介

それでは、今回のハリーポッターと炎のゴブレットの考察をしていきます。

 

今回の作品はハリーポッターの作品の中では真ん中に当たる第4作目。

ついに闇の帝王のヴォルデモートが復活するということもあって、どのような展開で復活するのか気になったものの、展開の中では結局最後に表現されるだけ。

 

炎のゴブレットからハリーの名前が出てきたときに、誰がハリーの名前を入れたのかという部分で初めのひっかかりがあったものの、それ以降、闇の帝王側の動きは一切ありません。

 

基本的には、三大魔法学校の対抗試合と生徒たちのダンスパーティがメインとなっていました。

対抗試合の中身がややどれもどうしてこのような競技になったのかという疑問符が残りつつ、やや全体的には淡々としていたように思います。

 

そして、最後にセドリックとハリーが一緒にカップを掴んだ瞬間にヴォルデモートの父の墓に飛ばされ、唐突に感じられた方も多いでしょう。

 

以上のようなことを考えると、もう少し闇の帝王側の動きをストーリーの中盤でさしはさんだ方が良かったのかもしれません。

しかし、知らず知らずのうちに、動いていたということを表現したいという監督の意図があるのであれば、このような描写もありかとは考えられます。

 

その他のポイントとしては、ダンスの際の生徒の大人びた姿、またチョウ・チャンとハリーの関係なども必見です!

 

ハリーポッターと炎のゴブレットの動画の視聴方法は?

それでは、ハリーポッターと炎のゴブレットの視聴方法についてチェックしていきましょう。

 

そこで、おすすめのサービスがU-NEXTです。

このU-NEXTというのは、動画配信サービスで、日本のドラマ、アニメ、映画や海外の作品まで、様々な動画を視聴することが出来ます。

 

今回ご紹介してきた炎のゴブレットもU-NEXTを使用することによって、視聴することが可能ですよ。

 

月額制のサービスで基本的に中に入っている動画は無料で視聴できます。(一部ポイントが必要になる場合もあります)

今なら、31日間無料で動画を視聴することが出来るキャンペーンをやっていますので、後悔するようなこともありません。

合わないと思えば、1ヶ月以内に契約を解除してしまえば、あなたにお金はかかりません。

 

また、一部ポイントが必要になるものがあるとはいえ、600ポイントもらえるということもあり、登録したらほぼすべての映画は実質無料で視聴することが出来ますよ。

今映画やドラマ、アニメファンの多くが利用しているU-NEXT、この機会に一度登録してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*