ハリーポッターと謎のプリンスの無料動画!あらすじ結末・感想解説します!

蒼井さくら

ハリーポッターの第6作品目、ハリーポッターと謎のプリンス。

この作品は最終のお話の手前のストーリーということもあり、急展開!

まさか、あの人が殺されることになります。

 

それでは、ハリーポッターと謎のプリンスのあらすじや結末、視聴した人たちの感想や動画を無料で視聴するための方法をご紹介します。

 

ハリーポッターと謎のプリンスのあらすじ・結末の解説!

それでは、謎のプリンスのあらすじについてみていきましょう。

 

第1幕:ヴォルデモートの脅威

ヴォルデモートはマグルと魔法使いの世界の両方における支配力を強めていきます。

そして、ホグワーツも今までのような安全な場所ではなくなっていました。

 

ハリーは学校の中にも何か危険が潜んでいることを疑っていたふぁ、最終の戦いが迫っていることを感じていたダンブルドアは、ハリーに戦いの準備をさせることに尽力します。

 

ダンブルドアからシリウス・ブラックの遺産を相続したことを聞き、その後、ロンの実家の隠れ穴に向かう中で、ダンブルドアともに、彼の同僚のホラス・スラグホーンに面会したハリー。

 

そして、スラグホーンにホグワーツで再び教鞭をとるように交渉します。そして、ダンブルドアはハリーに彼の授業を受けることを頼みます。

 

第2幕:ハリーたちの恋

ダンブルドアの旧友で、元同僚のホラス・スラグホーンを学校に迎え入れます。有力なコネをもっていて、基本的には疑わないこの教授はヴォルデモート卿の過去の重要な真実を隠し持っていました。

 

そんなときに、ハリーはジニーに惹かれ、ラベンダーがロンを自分の男だと決めつけていました。

ロンに思いを寄せていたハーマイオニーは嫉妬が爆発になりつつも、断固として自分の感情を外に出さないようにしていました。

 

 

第3幕:分霊箱

ハリーはアルバス・ダンブルドアのもとで、ヴォルデモートとの戦いに備えるために、個人的に授業を行います。

その中で、トム・リドル(のちのヴォルデモート卿)の出生と生い立ち、また、なぜ闇の魔術に手を染めるようになったのか知ります。

 

そして、ハリーは過去にヴォルデモートが作り出した不死のチカラを支えている分霊箱の存在を知ります。

その分霊箱は7つ存在して、それらすべてを破壊しない限り、完全にヴォルデモートを葬り去ることは出来ないことを知ります。

 

ダンブルドアはそのうちの一つが存在する場所を感じ取っており、その分霊箱を破壊するために、海に囲まれるある島にたどり着き捜索を開始します。

しかし、そこには闇の罠がありダンブルドアは衰弱することになります。

 

そして、分霊箱を手にホグワーツに帰還。

そんなとき、誰かがやってくることになります。

 

ダンブルドアはハリーに隠れるように指示を出し、その後、マルフォイを含むヴォルデモートの下部たちがやってきます。

マルフォイはダンブルドアを殺すように命じられますが、マルフォイは恐れから行動することが出来ずにいたときに、セブルス・スネイプが背後からやってきて、ダンブルドアに死の呪文をかけることになります。

 

結:ハリーの決意

ハリーは蔵書の中で知った闇の呪文でスネイプに攻撃をかけるものの、呪文が通じず、あっけなくやられてしまうことになります。

蔵書を作成した「半純血のプリンス」の張本人がスネイプだったことが明らかになります。

スネイプはハリーを昏倒させ、ドラコ・マルフォイらとともに逃亡してしまいます。

 

その後、ハリーはダンブルドアの遺体のそばにより、周囲の生徒や教員が追悼の祈りを捧げます。

 

最後に、手にした分霊箱の「銀のロケット」の蓋をあけると、ロケットから出てきた「R・A・B」という人物の肩書。彼は、本物の分霊箱を壊すために、偽物とすり替えたことをつづっていました。

ダンブルドアの葬儀が行われる中、ハリーは分霊箱を破壊するため旅に出ようとしていた時に、ハーマイオニー・ロンも同行する覚悟を伝えます。

 

 

以上が、ハリーポッターと謎のプリンスのあらすじです。

 

ハリーポッターと謎のプリンスの感想&考察は?

ハリーポッターと謎のプリンスの無料動画!あらすじ結末・感想解説します!

それでは、ハリーポッターと謎のプリンスを見た人たちはどのようなことを感じたのか、そのあたりをチェックしていきましょう。

 

30代男性
この謎のプリンスは前回不死鳥の騎士団から引き続き話がシリアスになっていく重要なシーンです。次作への伏線も含め、全体的には面白いと思います。

ただし、全体的には原作に書かれいたことのシーンのカットが多かったです。ここでカットしてはいけないというところで、カットされていたりして、なんだか、ちょっと仕方ないとしても悲しいです。

20代男性
不死鳥の騎士団まで鑑賞して、うわぁ!こっからとうとう戦いが始まる!面白そう!!って期待しすぎました。。。

なんだか見ていると、割と中休み?みたいな。

気付いたらジニーに恋していて、謎のプリンスと絡みがあるのかなぁと思っていたのですが、思っていたよりあっさりしています。

ダンブルドア先生があんなかんじでというか。んーわくわくしすぎた気がします。

30代女性
今回はヴォルデモートこそ出ませんが、マルフォイがとても重要な立ち位置にいるキャラだなぁと感じました!

いつもは、なんやかんやでやられてばっかりでしたが、今回はマルフォイがかっこよく映りました。

ただ、今回の最期は衝撃的な内容でした。これから壮絶な戦いが始まろうという感じが伝わってきて、最終作が楽しみです。

20代男性
今回の世界は、最終話に向けての準備段階。とはいっても、何か特別に何かあるということでもなく、全体的には盛り上がりに欠けるように感じました。

また、前作から見てみると、色んな人たちが出てきて、この話にややついていけず、あらすじや登場人物を確認しながらでないと、あまり詳しく知らない人たちにとっては厳しいように感じます。

もちろん、最終話への布石ということもあって、重要な作品であることはわかるのですが、今までの作品群の中では一番動きが乏しく、やや退屈です。

それに、全体的には暗い作品で爽快感というものはなくなった気がします。次の作品の展開が楽しみです。

30代女性
前半の恋愛シーンは正直いらないように感じました。

というか、この原作者というのは恋愛の展開がよくわかっていないのか、主要人物の好意対象が転々と変わって、やや入り込めないところがあります。

どんでん返しが得意なのか?ストーリーが二転三点するのが好きな原作者の傾向が結果的に恋愛模様の下手さに繋がっているような気もしました。

 

今作では恋が描かれているのですが、シリーズの終盤にも繋がる重要なシーンも多々あり、そのあたりは必見です。漸く、終盤に差し掛かりストーリーとして大きな進展を見せるが、全体的には非常にゆっくりとした話で、迫力のシーンも少なく、ミステリアスな描写が多いので、長く感じてしまうのは否めない。

20代女性
このシリーズで初めて、本を読まないで映画を観ました。

本を読んでから映画を観ていた時の感想は、本の内容を端折る感が強く、なぜもっと作りこまないの?って気持ちが強かったです。

でも、本を読まずに観た今回の感想は、意外と面白かったです。

 

主人公達の恋物語に、先を知らないからちょっとドキドキしたりタイトルの謎のプリンスも、一体何を意味するのか、当然後半のシーンまで判らず観てました。

これはこれで結構楽しめたと思います。

 

で、改めて後から本を見るかと言えば恐らく読まないでしょう。

でも、物語は終わりへ向け加速し始めたので、この先の映画は必ず観ると思います。

40代女性
劇場版ハリーポッターは監督によって原作を生かしも殺しもするなぁと感じました。

今作に関しては、原作を読んでいた私からすると、安心して視聴できました。

プリンスの正体はもう少し誰なのか大きな表現で明かしてほしかったと思うものの、終わり方はあんなかんじでいいと思います。

20代男性
原作とは全く違っていたこともあり、ハリーポッター好きの私からすると、残念でした。原作を読んでいる人からすると、若干退屈に感じることもあるかもしれません。

また、ストーリー全体もやや中途半端に感じました。ストーリー全体が淡々と進み、やはり、原作を映画化するというのは大変な作業であるとも感じました。

原作で2冊もある本をたった2時間でまとめるのは、かなり大変ですからね。

とはいえ、要所はしっかりと押さえたうえで作品化出来ていたと思います。とりあえず、1回は視聴してみることをおすすめします。

 

全体的にはルーピンが若干くたびれていたような。もちろん、ストーリー的には大変な場面ではあるので、そうなるのは当たり前ですが、少しずつ陰気のような感じになっている感は否めません。

原作の中では明るく描かれていたのですが。

 

ハリーポッターと謎のプリンスの見どころは?

ハリーポッターと謎のプリンスの無料動画!あらすじ結末・感想解説します!

それでは、このブログの管理人の謎のプリンスの考察を簡単にみていきます

この映画の中で個人的に注目ポイントだと感じたのは以下の4点です。

 

セブルス・スネイプとベラトリックス・レストレンジの忠誠の呪文

この作品の初めに、スネイプとベラトリックスが手を結ぶことを意味する忠誠の呪文。

もしも、この忠誠を破ってしまった場合には、死ぬという魔法です。

 

今までハリーと敵対してきたセブルスですが、まさか闇の陣営とそのような強力な誓いを立ててしまうこと。

これには、さすがにどうして?と思われた方も多いかもしれません。

 

そして、その行為は最後にダンブルドアを殺すシーンであからさまになります。

 

ドラコ・マルフォイの葛藤

続いての必見ポイントは、ドラコ・マルフォイです。マルフォイの家系は、闇の勢力側。

しかし、今まで魔法学校で学んできた中で育んできた情が邪魔をして、自分でもどうしたらいいのかわからずにいます。

 

そして、最終的に、ダンブルドアを自身の手で殺すことを言われますが、今までの情により行動できずにいました。

そんな彼のもがき苦しむ姿も今回の映画では非常に印象的です。

 

ホラス・スラグホーンの過去を話すことへの抵抗

3点目はスラグホーンという人物。過去にトム・リドルとあることをやり取りし、そのことは今まで自分の胸に封印していました。

後のヴォルデモートとして、何人もの人を殺してしまう人物にあることを教えてしまったのですが、その罪の意識から、離せずにいたスラグホーン。

そんな彼が少しずつハリーに心を許して、過去の記憶をハリーに渡すシーンもポイントとなります。

 

ダンブルドアの最期の勇姿

今回の作品では、ダンブルドアの最期の勇姿を見ることが出来ます。

不死鳥の騎士団でもヴォルデモートとの戦闘シーンがありましたが、分霊箱を破壊するために、自身の命を削りつつも、強力な魔法を発揮するシーンは必見です。

 

最終的にはセブルスに殺されてしまいますが、セブルスが登場したときに、アルバス・ダンブルドアが顔を縦に振るシーンが何を表しているのか、今後の展開にも繋がる重要なポイントです。

 

ということで、今作ですが、原作の要所の抜き出しで、やや物足りない具合もありましたが、第7作への布石としてなかなか見ごたえのある作品のように感じています。

 

ハリーポッター謎のプリンスの動画の視聴方法は?

それでは、ハリーポッターと謎のプリンスの視聴方法についてチェックしていきましょう。

そこで、おすすめのサービスがU-NEXTです。

このU-NEXTというのは、動画配信サービスで、日本のドラマ、アニメ、映画や海外の作品まで、様々な動画を視聴することが出来ます。

今回ご紹介してきた謎のプリンスに関してもU-NEXTを利用することで視聴できます。

 

月額制のサービスで基本的に中に入っている動画は無料で視聴できます。(一部ポイントが必要になる場合もあります)

今なら、31日間無料で動画を視聴することが出来るキャンペーンをやっていますので、リスクなしでお試しできます。

 

また、一部ポイントが必要になるものがあるとはいえ、600ポイントもらえるということもあり、登録したらほぼすべての映画は実質無料で視聴することが出来ますよ。

 

途中で辞めたいと思えば解約することもできます。

なお、ハリーポッターに限らず、他の映画作品、ドラマ、アニメなども視聴できるようになっていますので、今多くの人が登録して動画を楽しんでいますよ!

この機会に一度登録してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*