ビギナードラマ動画を無料視聴!オダギリジョーと奥菜恵の恋の行方

ビギナードラマ動画を無料視聴!オダギリジョーと奥菜恵の恋の行方ビギナードラマ動画を無料視聴!オダギリジョーと奥菜恵の恋の行方
蒼井さくら

月9ドラマで始めて、新人女優を主役に起用したドラマ「ビギナー」。

司法修習生達の成長を描いた人間ドラマをベースに、弁護士や検事、裁判官などの法律家としての現実的な厳しさも描いています。

 

ドラマの中心となるのは、元OLや東大法学部出身の元財務省の役人、主婦や元愛人、脱サラ、18年浪人生、現役優秀学生、元暴走族の若者など、様々な理由で法律家を目指している8人組。

彼らはそれぞれ独学などで勉強を重ね法律家を目指し、司法修習生として偶然同じクラスで出会います。

そこで始まる物語とは。。。

ビギナードラマ動画を無料で視聴する方法

それでは早速『ビギナー』を視聴するとっておきの方法をご紹介します!

その方法とはフジテレビオンデマンド(FOD)を使用する方法です!!

FODでは現在31日間無料お試しキャンペーンを実施しており、最初の31日間は無料で『』をはじめ動画を視聴することができるのです。

当然サービスに気に入らなかったり、もともと無料期間だけ使いたいという方でも大丈夫なので、まずは試しに利用してみてください。

ただ、この無料期間キャンペーンはいつ終了するかはわからないので、今すぐに登録しておいたほうがいいですよ!!

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『ビギナー』動画を無料で視聴する』↑↑↑

 

ビギナードラマ動画の基本情報は?

2003年10月から12月まで、フジテレビ系列の月9で放送されたトレンディー枠のドラマ「ビギナー」。

この人気ドラマタイムで、始めて主演に新人女優を起用したことでも話題になりました。

このドラマの物語は、基本的には司法修習生たち、8人の群像劇をベースに描かれているのが魅力。

 

クラスの中でも「アホ8人組」と教師陣に呼ばれている彼らが、授業後、協力して課題に挑む姿が最初から最終回まで一貫して放送されたシーンです。

そのシーンの中で、被疑者たちの状況確認でいつも何かしら揉める8人。

それには、彼らが今まで生きてきた道が違った為、重きを置く観点が違うところに理由があったのです。

 

この課題を通して、8人はそれぞれ過去や信念を語り始め、わかりあうように。

修習生たちの恋愛の行方も見所です。

 

ビギナードラマ動画のあらすじは?

ビギナー:アホ8人組の出会い

司法修習生として勉強する日々が始まりました。

教室にいるのは、大勢の優秀な法律家を目指す人間たち。

元OLの楓由子も独学で勉強した努力が実り、この場に居ることが出来ました。

 

最初の授業はとても厳しく、出された課題はその日の17時までに提出しろとの事。

人より何倍も時間がかかる上、事件を起こした人間の心情を組んでしまう楓は、何度も消してはやり直します。

気が付くと、教室には一人だけになっていました。

 

今夜は修習生たちの歓迎会の為のパーティーが。

楓はパーティーどころか課題提出も出来ず、急いで会場に走りました。

そこで教務官を大声で探し、課題を提出するも突き返されます。

 

失意の中、同じクラスの仲間に助けられた楓。

8人は二次会に向かうも誰も場所を知らず、そこで今日の講義について議論を始めたのです。

 

ビギナー:近づく距離感

パーティーの夜に話し込んだ事をきっかけに、8人は次第に放課後集まり、課題の実証や議論を交わすように。

 

その中でも、元財務省を収賄罪容疑で辞任させられた桐原は、さすがにキレモノで異才を放っていました。

しかし、知識はあるものの、事件に関しては冷血。

人情派の楓などと意見が食い違うこともしばしばでした。

 

そんな桐原の人格や思考も、大人の女性である森乃は冷静に受け止めます。

森乃は、かたぎの人間では無い男性の内縁の妻だった過去が。

桐原はそれをなじるも、森乃は気にせず桐原に自然体で接する事で、彼も次第に心を開いていくのでした。

桐原もまた、収賄罪の罪をかぶり、妻にも逃げられ傷ついたところからのリスタートだったのです。

 

ビギナー:それぞれの気持ちの動き

楓には気になる男性がいます。

それは同じ修習生であり、同じ寮で暮らす羽佐間でした。

羽佐間は真っ直ぐで努力家、人情味が溢れすぎて事件に大して角度が違い批判されることもありますが、優しく誠実な男。

 

しかし、そんな男性に惹かれたのは楓だけではありませんでした。

現役で司法試験に合格し、裁判官の父を持つ口の悪いお嬢様・松永もまた、羽佐間に好意を持つように。

 

それぞれの気持ちが動き出した中で、司法修習生としても講義はさらに難しくなっていきます。

8人で議論を交わし、結論を導いていくスタイルは定番化。

それを楽しみにする一方で、様々な事を話せる仲になった8人は、過去や思考の違いにより揉め事も増えて行きました。

 

ビギナー:始まった弁護修習

遂に始まった弁護修習。

8人も2人ずつに分かれ、それぞれの修習先へ行くことになりました。

松永と主婦の黒沢は、セクハラ気味の弁護士がいる事務所へ。

 

羽佐間と森乃は大手の事務所にいきますが、過去について触れられることで良い雰囲気とは言えません。

楓と桐原は重松教官の事務所に行くことに。

それぞれの事務所で奮闘する修習生たち。

 

そんなある日、楓は次回の刑事裁判修習についての資料を渡されました。

それは同意殺人事件かどうかが成立するのかという議題でした。

 

この案件は貧困の上、体に不自由さがある夫婦が、職にも就けず公園で寝泊りするうち妻が衰弱。

「殺して下さい」と言われ、夫がロープで殺害したというものです。

同意殺人が成立するでしょうか。

 

ビギナー:アンパン事件と桐原の意見

調べていくうち最後に夫が泣けなしの金で、アンパンを買ったことがわかりました。

これについて、桐原以外の修習生は「夫が妻に食べさせてあげたかった」と議論。

しかし、桐原は人間を信用できないとし、「そのアンパンは男が自分で食べようと思って買ったのだ」と言い捨てます。

この事で修習生たちは揉めてしまいました。

 

桐原は犯人の気持ちまで考える必要は無いとの考え方で、妻を殺害するまでに何か方法があったと主張。

これは正論ではありますが、そうするしかなかった夫婦の気持ちに寄り添わない桐原に、他のメンバーは憤りを覚えます。

 

桐原もまた、自分に法律家の仕事は向いていないのではと考えるように。

そんな中、桐原はアンパン事件の最終弁論の傍聴に向かうことにしました。

 

ビギナー:本当の気持ち

桐原は、妻を殺害した夫の最終弁論を傍聴します。

修習生として担当していた楓は、桐原の姿を見つけました。

 

夫は止むなく殺害した事実を認め、最後に妻が好きだったアンパンを購入したと話し始めます。

しかしもう妻は食べる気力も無く、水を欲しがったので公園のトイレの水を組み飲ませたのだとか。

「最後にジュースを買ってやれば良かった」と、むせびなく夫。

桐原の頬を涙が濡らします。

 

桐原も少し気持ちが理解できた所で、8人は団結を取り戻しました。

そして動き始める未来。

 

森乃は北海道の事務所に。

桐原は都内の事務所に行くことに。

桐原は気になっていた森乃にダイヤの指輪を贈りますが、結婚は保留にしてほしいと言われます。

 

ビギナー:修習生たちの未来

楓はまだ具体的にどこに就職するかは未定でしたが、教官に褒められるなど劇的に成長しました。

最後の課題の途中に、それぞれの未来の話をします。

 

主婦の黒沢は、家庭に暫くもどることに。

脱サラ組の崎田は、青少年問題を多く扱う事務所に。

どこか頼りなかった18年浪人組の田家は、裁判官への内定が。

羽佐間は大手事務所を検討中など、それぞれが希望に満ち溢れていました。

 

楓はまだ未来を決めかねていますが、そんな楓に羽佐間は「被疑者の気持ちのわかる弁護士になればいい」といってあげます。

最後の課題を教務室に提出した後、暗い教室にお礼して出口に向かった楓。

 

そこには羽佐間の姿がありました。

「今度映画でも見に行こう」と誘う羽佐間に、笑顔で返事をする楓でした。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『ビギナー』動画を無料で視聴する』↑↑↑

 

ビギナードラマ動画に登場するキャストは?

ビギナー 楓由子役:ミムラ

元オペレーターの契約社員だった女性。

弁護士を希望し、独学で勉強した努力が実り司法修習生になることに成功します。

素直で人を信じることに重きを置くことで、他の人間との意見が対立することも。

 

この役柄に挑戦したのは、オーディションで選ばれたミムラです。

演技派俳優に囲まれながらも、堂々たる演技で視聴者を魅了したミムラは、このドラマで人気が出ました。

 

ビギナー 羽佐間旬役:オダギリジョー

鳥取県出身の元暴走族。

落ちこぼれでしたが必死に勉強し、司法修習生として学べることになります。

おばあちゃん子で、弁護士を目指したのも祖母の意見がきっかけ。

 

主観で物事を捉えることが多く、論理的な思考でまとめるのが苦手です。

同じ寮に暮らす楓由子とは気が合い、一緒に勉強する仲。

良い人ではありますが、感情が先走り仲間と揉めることが多いのが難点な男性です。

 

ビギナー 桐原勇平役:堤真一

元財務省の役人で、東大法学部を卒業したエリート。

収賄罪で辞任に追い込まれ、政治家の娘であった妻に逃げられた事で人間不信になった形跡有り。

理論的に物事を捉えられる一方で、感情の起伏に乏しく被疑者の気持ちになって事件を解決していくのが苦手です。

同じクラスの羽佐間とは正反対の性格で、課題途中に揉めることも良くあります。

 

ビギナー 森乃望役:松雪泰子

https://twitter.com/donchan_6/status/775958783994368000

元ヤクザの愛人で内縁の妻。

男ときっぱり別れた後、自分で勉強し法律家の道を目指すことします。

性格はサバサバしていておおらか。

論理的に物事を見る事が出来ますが、人の気持ちにもきちんと気が付ける優しさも持ち合わせています。

桐原とは大人同士気が合うよう。

過去を気にせず、最初から他の仲間よりも気を許し付き合っていきます。

 

ビギナー 松永鈴希役:奥菜恵

父親は裁判官、兄二人も法律家という根っからの勉強一家。

お嬢様ではあるものの、口が悪く年上の仲間にも「あんた」呼ばわりして怒られる事もあります。

 

羽佐間の事が気になるも、楓と良い雰囲気だと気がつきイライラ。

最初は対立していた楓とも、最後はわかりあい羽佐間にも「良い女だ」と勧める一面もあります。

検事志望の有能な気の強い女性。

 

ビギナーのドラマ動画の3つの必見ポイントは?

演技初心者ミムラの演技に注目

ビギナーで主演を演じたミムラは、このドラマの為にしたオーディションに合格し抜擢されました。

オドオドした所もありますが、周りの俳優陣の演技力に感化され、次第に演技が上達してくるのがわかります。

 

普通のOLだったという設定が、ミムラの素朴な雰囲気をより引き立てているのです。

どこにでもいそうな普通感が、法律家を目指している女性をより身近にさせていますよね。

 

法律家ということで、難しい単語が数多く出ているのもポイント。

一般的に理解しがたい言葉でもよりわかりやすい台詞回しで表現している他、ミムラがまくしたてるように話さないのもドラマ全体を小難しいものにしていない理由でしょう。

このドラマはミムラの好演があったから、とても人間味溢れる作品となっているのかもしれません。

 

堤真一と松雪泰子の演技力が見所

今でも大人気俳優と女優の、堤真一と松雪泰子の共演が話題に。

財務省の役員だったというキレモノの設定である堤真一は、どんな役柄でも自分のものにしてしまう演技力が魅力です。

また松雪泰子も大人の女性を演じ、説得力のある台詞が多い役柄がぴったりの女優。

この2人の共演で、面白くないはずがありませんね。

 

2人とも過去に傷がある役で、どこか隠している部分が。

その設定が若いミムラやオダギリジョーと対比していて、面白さが倍増しています。

 

また、途中から堤真一からコミカルさが消え、感情任せに演技していく姿も魅力的。

最後の傍聴席でのシーンや、松雪泰子とのかけあいも、彼らだからこそ演じ切れた深い役どころです。

このドラマでは、主役を演じたミムラの他にもメインとなるキャラクターがいることで、群像劇の要素を強くしてるのでしょう。

 

恋愛要素があるのが面白さの秘訣

このドラマでは、群像劇らしいそれぞれの恋愛要素や家庭の問題を盛り込んでいるのがポイント。

例えばミムラ演じる楓と、オダギリジョー演じる羽佐間、また羽佐間に好意を寄せる松永と、若い男女の三角関係を面白く描いているので、女性も視聴しやすいのです。

法律家を目指すドラマというだけで、なんだか見るのが進まないという方も多いはず。

恋愛要素が含まれているだけで、一気にトレンディー感が増すから不思議です。

 

また、家庭の問題やそれぞれの過去を語る場面でも、人間の複雑さが良く描かれており、人との絆についても考えさせられる内容となっています。

最後のシーンで桐山のプロポーズ、羽佐間と楓の関係も進展しそうな予感を残しているのも、ドラマファンとしては良かったのではないでしょうか。

 

ビギナーのドラマ動画を視聴した人たちの感想は?

それではビギナーの動画を、実際に視聴した人たちの感想をご紹介します。

大阪府:前島さん(仮名)

ミムラの演技が気になりました。

最初から最後まで一貫して人の気持ちに寄り添っている感はありますが、あまりにもどうでも良いところに引っ掛かりを見せるのが少し面倒でした。

本当に勉強しに来ている人たちにとって、この集団は嫌だろうと。

正義感が強そうに見えるミムラですが、実際独りよがりにも見えますね。

ちょっとしつこい感じがしました。

千葉県:崎山さん(仮名)

オダギリジョーが本当に上手だなと思いました。

この時はまだ若いですが、やはりわざとらしさが無い演技が魅力的です。

ミムラの役どころとかぶるようで、ちょっと違う。

実は彼女よりも、リアルな現実に生きている感じが好印象です。

しかしはっきりしない男性のいけない部分が、見ていて腹立たしくもあり納得する場面もあり。

トータルではオダギリジョーの演技が光っていましたね。

群馬県:赤塚さん(仮名)

全体的に俳優の台詞回しが上手くなかった印象。

堤真一や松雪泰子でさえ、長台詞のテンポに乗れていなかったので見にくかったです。

もっと法定ドラマは演技力のある俳優を起用するべきでは?

 

ベテラン俳優たちの演技力が活きなかったのは、ミムラが主演だったからの様にも感じてしまいます。

少しもったいなかった感じが否めません。

宮崎県:岡田さん(仮名)

キャストなど良かったですが、もう少し人数を減らしたら見やすかったもしれません。

群像劇スタイルで見どころは多かったですが、それぞれにスポットがそこまで当てられず大人数なのが勿体無いですね。

こんなに豪華キャストなのに残念です。

しかしエピソードも設定も面白く、俳優のチョイスも良かったです。

脇役もとても面白いキャラクターが多く、教官も非常に魅力的でした。

全体的に感想を見ると、ミムラが主演ということには賛否両論ですね。

ただ群像劇スタイルで俳優が豪華である事は高評価でした。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『ビギナー』動画を無料で視聴する』↑↑↑

 

ビギナードラマ動画のまとめ

いかがでしたでしょうか?

ドラマ「ビギナー」は、豪華キャストと設定が魅力の人間ドラマでした。

是非キャラクターに注目して、ドラマを視聴するのがおすすめです。

 

*本ページの情報は18年1月時点のものです。最新の配信状況は 各 サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*