リップヴァンウィンクルの花嫁の動画視聴法は?ネタバレやあらすじ・感想評価をチェック

蒼井さくら

リップヴァンウィンクルの花嫁は岩井俊二監督により、2016年に公開されました。

たくさんのヒット作品を生み出している岩井俊二監督が主演を務める黒木華をイメージして小説、脚本を作りました。

 

映画だけでなく、BSスカパーで映画とは違う編集でドラマ化もされています。

 

この作品で黒木華は第40回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を受賞しており、素晴らしい演技を映画の中で披露しています。

まず初めに、簡単にあらすじと結末を紹介し、映画の感想などを紹介して、無料でリップヴァンウィンクルの花嫁を見れる方法を紹介します。

 

リップヴァンウィンクルの花嫁の基本情報

リップヴァンウィンクルの花嫁は2016年に公開されました。

岩井俊二が監督を務めており、主演は黒木華です。

中学校の臨時教師として働く主人公の皆川七海(黒木華)がなんでも屋である安室 行舛(綾野剛)と出会うことで不思議な時間を過ごしていくという物語です。

 

以下の基本情報です。

  • 監督 岩井俊二
  • 原作 岩井俊二
  • 脚本 岩井俊二
  • 制作総指揮 杉田成道
  • 制作 宮川朋之 杉野昌 紀伊宗之
  • 音楽 桑原まこ
  • 上演時間 180分

主演者はこちらです。

  • 黒木華
  • 綾野剛
  • Cocco

 

>> リップヴァンウィンクルの花嫁の動画視聴法は?

 

リップヴァンウィンクルの花嫁の結末ネタバレ、あらすじは?

それではリップヴァンウィンクルの花嫁のあらすじと結末ネタバレを見ていきましょう。

 

第1幕 臨時教師の皆川七海


主人公の皆川七海(黒川華)は中学校の臨時教師をしながら正式な教員になれるように仕事をしていました。

ある日出会い系で出会った鶴岡 鉄也に会いに行きます。

 

その後鉄也とその後付き合い始めますが、七海は「ワンクリックで買い物をするように手に入ってしまった」とSNSに書き込みます。

臨時教師をしながら、それだけでは食べていけないのでコンビニでもバイトをしている七海ですが、声が小さいことから、ある日教室に入ると机の上にマイクが置いてあり、生徒からいじめを受けます。

そのいじめと声が小さいことから臨時教師の仕事を辞めさせられてしまいます。

 

七海には不登校になっている生徒を一人だけビデオ会話で勉強を教えており、この生徒だけは仕事を辞めた後も教えていました。

 

彼氏との結婚が決まり、結婚式の友人の出席者を整理していると七海にはほとんど友達がいませんでした。

困っていた七海はSNSのフォロワーである安室行舛(綾野剛)から結婚式の代理出席サービスがあるということを知り使うことを決めました。

 

結婚式は無事に終わり、幸せな新婚生活を過ごしていましたが、ある日部屋の中を掃除していると女性のピアスを見つけました。

安室はなんでも屋だということだったので、相談しに行くと浮気調査をしてくれるとのことなので依頼しました。

 

ある日突然に知らない男が家に訪ねてきました。

その男は自分の奥さんと鉄也が不倫しているということを知らされます。

男は鉄也に仕返しをしようと提案し、一緒にホテルに行こうと誘い七海はその男とホテルに行きました。

ホテルへ行くと男は強制的に抱こうとして七海はトイレへ逃げ込み、安室へと助けを求めます。

 

第2幕 離婚してしまう

笑顔反則 . . #綾野剛

Ayummy-Roseさん(@ayummyrose)がシェアした投稿 –


七海を助けにホテルに来た安室であったが、実は男のことを知っていた。

ホテルの部屋にはカメラが仕掛けてあり、一部始終のやり取りをカメラは録画していた。

それを安室はなにもなかったように回収し始め、助けに来たフリをした。

ある日鉄也の実家に遊びに行ったときに、鉄也の母親から結婚式の出席者は代理人だったことや、両親が離婚していることを秘密にしていたことを聞かれます。

そして、ホテルで行われていた浮気の映像を見せられ、鉄也と離婚するように言われてしまいます。

タクシーでもう東京へ帰れと言われ七海は泣きながら東京へと帰っていきました。

 

鉄也にも浮気の映像のことを問ただされたが、七海はあなたも浮気したでしょうと言いますが、鉄也はやっていないと言い張り、事が明らかになる前に離婚してしてしまいます。

 

東京の自宅から出ないといけないことになり、七海は行く当てもなく家を出ていきました。

七海は泣きながらどこへ行けばいいのかわからないまま安いホテルへとたどり着きます。

そこで、寝泊まりする生活になり、働く場所もないので、そのホテルの掃除をするバイトを日々するようになりました。

すると、ある日そのホテルに安室がやってきます。

 

安室は浮気調査の結果の報告をし、鉄也の浮気相手だと思われていたのは実は母親だったことが分かり、鉄也はマザコンだったことが分かったのです。

安室は別れさせ屋の仕業だと言い、鉄也の母親が別れさせる為に行ったのだと言いました。

それから安室にある仕事を紹介されます。

 

それは結婚式の代理出席の仕事でした。

その仕事で同じ代理出席の仕事をしていた里中真白(Cocco)と出会います。

女優の仕事をしていた真白と七海はすぐに仲良くなります。

しかし、二人でお酒を飲んだ後に真白は姿を消してしまいす。

 

第3幕 住み込みのアルバイト

happy birthday to Nana Natsume model: @nana550123 photo: @sato_rina.ph #photograph #portfolio #0123 #happybirthday #夏目ナナ

Sato Rina 佐藤 里奈さん(@sato_rina.ph)がシェアした投稿 –


安室と連絡を取り合っているうちに七海はお金のいいアルバイトを紹介されます。

それは誰も住んでいない豪邸の住み込みのメイドとして掃除をするというアルバイトでした。

 

その豪邸で掃除をしているとなんとそこには真白がいました。

実は真白も一緒に住み込みのアルバイトをしていたのです。

家の中には散らかったゴミと食べ物そして毒を持ったクラゲやサソリ、貝などが水槽で飼われていました。

 

それらの世話をしながら、七海は掃除をしていました。

真白はというと女優の仕事で外に出て家に帰ってくるのは深夜であることが多かった。

 

真白はある日いきなり体調を崩してしまいます。

心配したマネージャーの恒吉 冴子(夏目ナナ)が家にやって来て病院へと連れて行きます。

しかし、真白は仕事をする言い張り、仕事へと向かいました。

 

その後、仕事からぐったりと冴子におんぶをされて帰ってきました。

冴子から真白のことについて話を聞きます。

実は真白はAV女優だったこと、そして、豪邸の持ち主は真白だったことが分かります。

 

安室になぜ真白はこのアルバイトを紹介してきたのかと聞くと、それは真白が友達が欲しかったからと言いました。

そのことを知った七海は真白にこの家を引き払って二人で安いアパートを借りて住もうと言います。

そして、二人は一緒に部屋を探しにいき、その途中でたまたま通りかかったウエディングドレスの店に入ります。

二人とも記念にウエディングドレスを来て写真を撮り、そのままの姿で車に乗り込み家へと戻り、思いのまま楽しみます。

 

第4幕 真白との別れ

二人ウエディングドレス姿のままベットに寝転がります。

真白が「わたしには幸せの限界があるの、誰よりも早く限界がくる、ありんこよりも早く、だってさこの世界はさ幸せだらけなんだよ」と泣きながら言います。

そして七海に一緒に死のうと言います。

七海はそれでいいと言い、二人は愛にあふれたまま眠りにつきました。

 

翌朝安室が家に葬儀屋を一緒に連れてやってきます。

真白は自分は死ぬと連絡していたのです。

 

真白は実は末期のガンに侵されており、余命はわずかでした。

真白の本当の依頼は一緒に死んでくれる人を紹介してほしいとのことだったのです。

 

水槽で飼っていた貝の毒で自殺した真白でしたが、一緒に死ぬはずだった七海は生きていました。

 

真白の葬式には同じ仕事をしていた仲間や、代理結婚式に出席した仲間たちが集まります。

真白の母親は葬式には来ず、遺骨の受け取りもしていなかったので、安室と一緒に七海は届けに行きます。

 

母親は真白は自分の子じゃないと言い張り、やっていた仕事のことも軽蔑し始めます。

しかし、その後母親は真白はどんな気持ちだったのか理解しようと泣きながら裸になり始めたのです。

安室も泣きながら裸になり、七海は苦手なお酒を泣きながら飲みはじめます。

その後七海は一人暮らしを始め、安室から最後の給料を受け取り、太陽の良く当たる良い風が吹くベランダに笑顔で出ていきます。

>> リップヴァンウィンクルの花嫁の動画視聴法は?

 

リップヴァンウィンクルの花嫁の映画の感想は?

30代男性
私は岩井俊二監督の作品がとても好きです。

今回のこの作品もとても気に入りました。

主演の黒木華の透明感と素直な性格、Coccoと綾野剛の役柄が不思議な世界感を生み出していて、ストーリーに一気に引き込まれました。

綾野剛の役柄がとても胡散臭いのですが、全く嫌いになれず、Coccoの最後のセリフは心にぐっときました。

映画の所どころにradwinpsの野田さんなど有名な人がでていて、黒木華が歌う歌がとてもいい声で印象に残りました。

20代女性
七海の不器用な感じとピュアさが黒木華にぴったりでした。

coccoは映画の中でどれが演技なのかわからず、ほとんど自然なまま演技をしているのかなと感じるほどでした。

綾野剛の得体の知れない感じがとても好きでした。

3時間という長い時間でしたが、映画の世界感に引き込まれあっという間でした。

30代男性
さすが、岩井俊二監督と言える映画でした。

岩井監督の独特な世界観がとても良かったです。

不思議な世界観でどのような結末になるのかと物語に引き付けられました。

これは現実なのか、それとも虚構の物語なのかとても翻弄されてしまいますが、映画を見終わるとすっきりと心に温かいものが残ります。

七海は現実は辛いことが多かったが、安室に引き込まれるように不思議な世界へ導かれていくことで、成長していくという他にはない成長物語だと思います。

普段とは違う世界に触れていくことで七海の中で変化が生まれてていく姿が印象的で岩井監督だから作れた世界観でした。

20代女性
リップヴァンウィンクルの花嫁という題名が気になり映画を見ましたがとても面白かったです。

岩井俊二監督の作品は初めて見ましたが岩井監督が作る映画の空気感がとても気に入りました。

時間の長い映画ですが、七海が様々な人に翻弄されていく姿を見ていたらそんなに長いとは感じませんでした。

現代社会の生きづらさを七海は体現していて、自分ではどうすることもできなくて、でも人と出会いなにかに挑戦することで大きく人は変われるのだと思いました。

真白は他の人よりも感受性が強く、なにかをされることに強烈に感じてしまいます。

真白が言うように「世界には幸せ」が溢れているのだと思います。

それが普段何気なく生活してしまうことで感じれなくなってしまったんだと思いました。

目の前の幸せを感じれるそんな人間になりたいなとこの映画を見て思いました。

30代男性
見る人によって、いろんな解釈ができる映画なんだと思います。

自分の価値観をどこに置いて見るかで変わっていきます。

1回だけでなく、何回も見ることでこの映画の良さも変わるのかなと思います。

主演の黒木華は自分と役の境目がわからなくなったと言っていて、それだけ岩井監督が黒木華のことを考えて作った映画なのだと思います。

この映画で黒木華という女優が大好きになりました。

七海の受動的でおとなしい性格は何かうらやましさを感じます。

ガツガツしておらず、周りの人を大切にしながら生きる彼女はとても素敵だと思います。

私も優しい人間にならないと感じました。

20代女性
すごくいい作品に巡り会いました。

夢なのか現実なのかわからない世界にずっと浸っておきたい、そんな映画でした。

3時間もある映画だとは思えませんでした。

孤独を背負っている七海は現代人を象徴しているようです。

七海を理解できる人にはとてもおもしろい映画になると思います。

今「孤独」を感じている人にはぜひおすすめしたい映画です。

>> リップヴァンウィンクルの花嫁の動画視聴法は?

 

見どころは?

岩井俊二監督は2011年頃から作品をつくり上げてきて、やっと4年ちょっとかかり完成された作品です。

この4年間で岩井監督が考え作られてきた物語がたくさん詰め込まれています。

岩井監督はこの作品で自分がなにが言いたかったのか言葉にできていません。

 

だから、見る人によって感想や、感じることが違うというのが面白いところです。

自分はこの映画になにを感じるのかに注目してみるといいでしょう。

 

この映画のタイトルにあるリップヴァンウィンクルとはアメリカで1820年に発表された小説のタイトルです。

小説の内容は違う世界にいって現実に戻ってきたら時間がかなり進んでいたという話になっており、浦島太郎のような話です。

だからこそ、この映画もファンタ―ジーのような要素があるのかもしれません。

 

ぜひこの映画の幻想的な世界に浸ってみましょう。

 

リップヴァンウィンクルの花嫁の動画視聴法は?

今回ご紹介しているリップヴァンウィンクルの動画の視聴方法なのですが、dTVで視聴することが出来ます。

 

dTVというのは動画配信サービスです。

月額500円で中に入っているテレビドラマ、映画、アニメなどが視聴し放題になるサービスで、著名なアーティストたちのライブの配信も行っています。

作品数も12万作品もあって、動画配信サービスの中では、作品数が非常に多いのも特徴的です。

 

月額500円ということで、他の動画配信サービスと比較すると、非常に安く、特に映画やライブが好きな人たちの多くが活用しているサービスでもあるのです。

今なら無料で1ヶ月のお試しキャンペーンが行われていて、登録するなら今がおすすめです。

もしも合わないと思えば、1ヶ月以内に解約するとお金はかかりません

この機会に是非とも試してみてくださいね!

>> dTVの登録はこちらをクリック!

ちなみに、dTVのdというのはドコモのことですが、ドコモ会員ではなくても、関係なく動画を視聴することが可能ですよ

 

終わりに

きれいな映像と音楽、セリフが心地よい世界に導いてくれます。

岩井監督が4年間もの時間を作り上げた作品で、クオリティがかなりすごいですよ。

かなりおすすめしたい作品ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*