先に生まれただけの撲ロケ地・撮影場所はどこ?エキストラ募集情報は

 

蒼井さくら

今回は先に生まれただけの僕のロケ地・撮影場所をご紹介します。

学校と商社という接点のなさそうなところをついてきて、生徒の友情とかを描くのではなく、先生たちを中心に描いていく、櫻井翔主演のドラマ、「先に生まれただけの僕」。

 

このロケ地がどこで行われているのか、気になりますよね。

実際に、『先に生まれただけの僕』のロケ地が続々と明らかになりつつあります。

 

ここでは、ドラマ『先に生まれただけの僕』のロケ地・撮影場所について詳しくご紹介します。

またエキストラ情報等も紹介していきますね。

 

 

『先に生まれただけの僕』のあらすじやキャスト・相関図は?

先に生まれただけの撲ロケ地・撮影場所はどこ?エキストラ募集情報は

ドラマのあらすじやキャスト、相関図を知りたい方は以下のリンク先で紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

 

>> 先に生まれただけの撲のキャスト・相関図・登場人物は?櫻井翔・蒼井優や多部未華子の言葉も

 

 

『先に生まれただけの僕』のロケ地や撮影場所はどこ?

先に生まれただけの撲ロケ地・撮影場所はどこ?エキストラ募集情報は

さて、この『先に生まれただけの僕』のロケ地を詳しくチェックしていきましょう。

このドラマは、比較的早い時期から撮影が開始されていたそうですよ。

 

 

旧狭山市立東中学校

今回のお話で出てくる京明館高校のロケ地は旧狭山市立東中学校です。

こちらの学校は、なんと2016年に閉校になっています。

場所はこちらですね。

位置的には、埼玉県のかなり内陸部になっています。

埼玉といえば、都会なイメージがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、そこまで都会ということは全然なく、むしろ田舎に近いかもしれません。


閉校になったものの、建物自体はいまだに残っていて、数多くのドラマや映画のロケ地シーンとして活用しています。

ということで、かなり、可能性としては高いのではないかというわけです。

 

とはいえ、まだ確定はしていません。

 

というのも、キャストの紹介の記事でも執筆させて頂きましたが、もしも櫻井翔くんや多部未華子さんなどが来ているとなると、当然大騒ぎになりますよね。

なのですが、今回は特に目撃情報がありません。

 

となるとしたら、やっぱり人があまりいない場所で撮影ということになることが十分考えられるんですよね。

そして、このようなツイートもありました!!!

 

よくよく見てみると、結構雑草が生えています。

よみみてみると、建物の色も似ているように感じますよね。

 

ということで、可能性としては十分にあるのではないかと推測されますね。

 

 

『先に生まれただけの僕』の公式インスタグラムで7月12日に全員集合して撮影したという投稿!

 

全員集合。室内。全力。 #先に生まれただけの僕

【公式】ドラマ「先に生まれただけの僕」さん(@sakibokuntv2017)がシェアした投稿 –


これと同時に、以下のような投稿もありました。

 

https://twitter.com/arashi__1207/status/885016982558527489

 

青色のワイシャツという発言ですが、こちら公式のツイッター。

であると仮定した場合、やっぱり、十分に撮影していたと考えてもおかしくないように思えますよね。

 

とはいえ、まだ確定ではありません。

 

ドクターXやコウノドリのロケ地を見て頂くとお分かりになると思いますが、一つの病院にも関わらず、エレベーターのシーンはここ、病院の処置室はここ、病院の庭はここと、同じ建物であるはずにもかかわらず、ロケ地はバラバラということが結構あるみたいです。

 

ドクターXやコウノドリのロケ地はこちらの記事でまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

>> ドクターX5シリーズのロケ地・撮影場所はどこの病院か?(2017年版)

>> コウノドリのロケ地・撮影場所はどこ?エキストラ情報も紹介

 

住友不動産青葉台タワー

続いて、櫻井翔演じる主人公の校長が所属しているのが総合商社。樫松物産の建物は、こちら、住友不動産青葉タワーです。

東京目黒区京王井の頭線神泉駅から徒歩10分程度の場所にあるタワーです。

場所はこちらですね。

この場所で、櫻井翔君がいたという目撃情報があります。

 

 

主人公の鳴海涼介は総合商社の商社マン。

商社と言えば、三井物産とか、三菱商事などが有名ですよね。

日本ではトップクラスの給料がもらえる商社ですよね。

 

となれば、やっぱり、商社もしれなりのビルになるはず。

ということで、住友不動産青葉台タワーはオフィスビルだったことから、ここが樫松物産の外観シーンの撮影場所になっていると考えるのが妥当かと思います。

 

城南予備校町田校

この城南予備校町田校といえば、都内でも有名な進学塾です。
5月5日に櫻井翔と蒼井優が撮影をしていたという情報も飛び交っていますよ。

場所的には、東京の中でも神奈川県に近い場所ですね。

住所は東京都町田市森野1-36-2です。

かなり早い時期に撮影を開始していたということになりますよね。

代官山のアースカフェ

続いて、代官山アースカフェです。

こちらは、7月21日に櫻井翔や蒼井優、木南晴菜津さんが撮影したとかいう情報が出回っていますよ。

このアースカフェの周辺で目撃情報がありましたので、ドラマの中で登場するのは確かなのかなというかんじですね。

ちなみに、このエリアの中では、アースカフェが一番ロケ地の候補としての可能性が高いです。

最近であれば、山田涼介主演ドラマ『カインとアベル』や吉高由里子主演のドラマ、『東京タラレバ娘』などで、ロケ地として使用されていますよ。

 

東京オペラシティ

続いてが最後のロケ地。

東京オペラシティです。

京王線初台駅から徒歩1分で到着するのがこの東京オペラシティです。

ここでは、たくさんの高層ビルが立ち並びつつ、オペラ歌手が歌を歌うコンサートホールなども設置されています。

8月13日にここで、櫻井翔くんがいたという報告があります。

 

エキストラ募集情報は?

今のところ、この作品のエキストラ募集はありません。

日本テレビで放送されますので、こちらの公式ページを普段からチェックしているとひょっとすると表示されるかもしれませんよ。

 

最後に

ということで、先に生まれただけの撲のロケ地について紹介してきましたがいかがでしょうか?

全体的にみてみると、東京の都心部から郊外にかけてが多かったように思われますが、ひょっとすると、櫻井翔君たちと出会えるかもしれませんね。

どんなストーリー展開になるのかも必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*