名前をなくした女神の口コミ評判がかなりよい?口コミを一挙まとめてみた

名前をなくした女神,口コミ

小学校のお受験とママ問題を取り上げた話題のドラマ『名前をなくした女神』。

本ドラマは、本人だけじゃなく、子供がいるからこそ複雑になる人間関係に焦点をあて、日常に起こりうる友情や嫉妬、建前やウソなどから生まれるママ友地獄を題材にした衝撃の社会派ドラマです!

 

今回はそんなドラマ『名前をなくした女神』をストーリーやキャラクターなどの様々な面についての口コミを集めました!

リアルな意見を集めて見ましたので、是非最後までチェックしてみてくださいね!

 

名前をなくした女神の口コミ

名前をなくした女神,口コミ

名前をなくした女神は、子をもつママ世代、ママを持とうとしている世代の女性にはかなりリアルな題材を取り扱っています。

 

そのため、ドラマを見た人たちの口コミもなかなか白熱したものになっていますよ!!

それでは一緒にチェックしていきましょう。

 

ストーリー全体に対する口コミ

ドラマ『名前をなくした女神』の舞台は、視聴者にとっても非常に近い場所・・・ということもあり、ストーリーに関しては熱のこもった口コミが目立っていましたよ!

 

  • 『みんな他人と比較しすぎて羨ましいってなっちゃうから、こんなトラブルが生まれるんだろうな〜と思いました。こういったトラブルは一生無くならないんでしょうね…。』
  • 『子供達が卒園することで集団でお互いを縛っていたものが解けて、いきなりすんなり仲直り。でも次の小学校でも同じようなことが起こる…ということを匂わせてて、すごいゾゾっとしました。』
  • 『私の幼稚園の方がもっと陰湿・・・。でも、やっぱりみんなこうゆうことで悩んでるんだなと私だけじゃないと思えるドラマでした。』
  • 『ドラマを見て、自分はそんなことしてるわけじゃないけど、嫉妬とか妬みとかはやっぱり少なからずともあるから、自分も気をつけよう・・・って思いました。』
  • 『子供のためという言い訳で、自分を正当化して・・・確かに私の周りにもこうゆう人います。すごく勉強になりました。子供と自分は自分自身で守るしかないですね!』

 

名前をなくした女神は、幼稚園に通う子供を持つ母親の人付き合いがテーマですから、みなさん自分の周りの環境と比較したりしながら楽しんでいたようですね。

社会派のドラマということで、見ることで勉強になるという意見が多いのも面白い点ですよね!

 

登場人物に対する口コミ

ドラマ『名前をなくした女神』はアクの強い登場人物が多数登場していたので、役柄に対する口コミもたくさん上がっていましたよ!

 

  • 『羅羅ちゃんのお父さんが救いだった…。ありがたい存在でした!』
  • 『主人公の侑子と子供の健太君は出来すぎた人間で…なんかあんまり共感できませんでした。他の役を引き立たせるためにはしょうがなかったのかな?』
  • 『私の周りにも似たような人がいて、あんまり考えないようにしていたのですが、やっぱ変だったんだ…と再認識しました笑 こうゆう人は一生変わらないんですかね?』

 

ギスギスしたドラマを見ていると、心の綺麗で優しい役の人を好きになってしまいますよね。

今回のドラマでは、羅羅ちゃんのお父さんに癒された・・・。という意見が多々見られました。

 

倉科カナ演じるヤンママの旦那さん(演じているのは、五十嵐隼士さん)ということで、方言を話し、妻の尻に引かれている役ところなのですが、最後は妻を諌めたりと、視聴者のみなさんにとってありがたい存在のだったようですね!

 

また、これは珍しい意見なのかもしれませんが、杏演じる主人公、侑子とその息子の健太が人間として出来すぎていて共感出来ない・・・という意見もありました。確かに、良い人すぎると親身になって理解してあげづらい・・・というのはありますよね。

この方も口コミでおっしゃっている通り、他のキャストのひねくれ度を示すためにも主人公とその息子を純粋でまっすぐな良い人に設定したのかもしれませんね。

 

最終回に対する口コミ

ドラマ『名前をなくした女神』は、『最後にはどうなっちゃうの〜?』と思わせるストーリー展開だけに、名前をなくした女神の最終回に対する口コミも多かったですよ!

 

  • 『最終回、一体どんなことが起こるのか…とドキドキして見てたけど、案外あっけなく終わっちゃって拍子抜けでした。』
  • 『最後はもうちょっと色々できたのではないかな〜と思うけど、メッセージ的には面白かったから、OK!!』
  • 『パート2とかスペシャルとかがあるんじゃないかなと思ったんだけど、違ったのかな?』

 

名前をなくした女神の最終回には、いろんな意見が上がっているようですね。

 

最後は、意外とリアルに自体が収束する…という展開だったため、『案外あっけなかった』という意見も多くありました。

しかし、その展開は、よりリアル感を持たせるためで、あなたの身にも起こりうること。そして何度でも起こりうることです・・・。

というような、メッセージ性の強いものだったようです。

 

このメッセージを真摯に受け止めた人は『面白い!』と感じたようですが、ドラマとして、もうちょっとスカッとする展開を求めていたという人も多かったというのが、最終回に対する口コミの総評です。

 

また、含みを感じさせる終わり方だったので、パート2やスペシャルとして帰ってくるのでは?と思わせる展開も話題になっていました。

 

名前をなくした女神のキャストに対する口コミ

名前をなくした女神,口コミ

名前を無くした女神のキャストは、実力派の女優たちが揃っていますので、女優さんの演技に対しても多くの口コミが見つかりました!

 

  • 『倉科カナが怖いし、ひどいことするのに…笑顔が可愛くて、最後まで見てしまいました…。倉科カナおそるべし!』
  • 『最終回のりょうの演技が凄まじかった!捨て台詞やら、泣きながら謝る顔やらが…、キツめの美人がやるとかなり迫力がありました。もう一回は見たくない…。』
  • 『すごい女優さん達を揃えたな〜としみじみ思いました。女優さんたちの腹の内を表わしている目の演技がすごかったです。怖いけど、すごい!!って感じ。』

 

メインキャストの女優さんに対する口コミで目立っていたのは、倉科カナさんとりょうさんでした。

倉科カナさんは23歳のヤンママ役を演じており、自分を大きくみせることに必死な女性を演じました。

そのため、杏演じる主人公、侑子に恨みを抱いて貶めようと画策するのですが、そんなかわいくない性格のママを演じているのに、その悪魔的な笑顔が可愛くて、毎週見ちゃった…という口コミもありました。

これは見てみたくなりますよねw

 

また、りょう演じる沢田 利華子は主人公の侑子と仲良くなり、一時は的確な助言を送ってくれる関係になったが、仲良くなるにつれて理想の家庭を築く侑子に嫉妬心を覚え、取り返しの付かない行動に出る…という役どころ。

そんな一時は仲が良かった彼女が、最後に見せる感情の爆発が凄まじいのだそうですよ!

 

名前をなくした女神の悪い口コミ

名前をなくした女神,口コミ

錚々たる女優達を揃えての社会派ドラマということで、期待して見ていただけに、残念だった・・・と感じている人も多いようです!

 

ここでは、名前をなくした女神を視聴した人による悪い口コミについてもチェックしていきましょう。

  • 『見ているだけでムカムカしてきた。設定的に女同士のコミュニティの足の引っ張り合いとかいじめとか嫌いだから、無理でした!杏好きだから見たかったのに残念。』
  • 『ちょっとリアルすぎて、ママ友と関わるの怖くなりそうだったかた見るのやめました…。1話見て辞めたのですが、もう1話で辛かった…。』
  • 『やっぱり最終回にドカンとスッキリする事件が起きて欲しかった!リアルだし、おそろし〜って面白さはあるけど、ドラマ的にスカッとする展開も欲しかったです。』

 

やっぱり、女性同士のコミュニティの醜いところにフォーカスした物語だけに、苦手な人は途中で挫折した人もいるみたいですね!

 

名前をなくした女神の口コミまとめ

名前をなくした女神,口コミ

今回はストーリーや登場人物、キャストや最終回など、いろんな切り口で話題の社会派ドラマ『名前をなくした女神』の口コミを集めてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

この作品は、リアルな表現もあるため、見方や置かれている環境によっては、堪え難い・・・という口コミもありました。

しかし、その状況を客観的に見ることで、面白みを見出したり、自分の振る舞いを思い直したり・・・といった楽しみ方をしている人もいたようです。

 

ギスギスした女たちの戦いを、綺麗で魅力的な女優さんたちが抜群の演技で魅せてくれていますので、こうゆうドラマは苦手・・・という人も楽しめると思いますよ!

是非、チェックしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*