藍沢耕作のコードブルー!彼とおばあちゃんの関係を徹底解説

大注目のコールドブルー!藍沢耕作とおばあちゃんの関係は?
蒼井さくら

どうも、セレナです!今回はあの大人気ドラマ『コードブルー』の主役・藍沢耕作とおばあちゃんの関係性について紹介しちゃいますよー。

大人気のコードブルー。出演している俳優陣はもちろん、ストーリーの面白さ・深さも人気の理由になっていますよね!

 

そして…主人公・藍沢耕作は悲しい生い立ちが…。でも大好きなおばあちゃんがいたから今があるんですよね…。

ということで…!今回は『大注目のコードブルー!藍沢耕作とおばあちゃんの関係は?』についてご紹介していきますよー!

 

コードブルーの藍沢耕作ってどんな登場人物?

大注目のコールドブルー!藍沢耕作とおばあちゃんの関係は?

両親を亡くしおばあちゃんに育てられる

藍沢耕作はフライトドクターの候補生、フェロードクター。

悲しいことに両親は小さいときに離婚しています。

母に引き取られますが、その母はなんと…6歳の時に亡くなってしまっているんですね。

 

彼の父もそれから何年後かに亡くなっています。幼くして大事な両親を亡くしてしまっているのが、この藍沢耕作の性格や生き方の大きな鍵になっています。

こういった生い立ちもあり、ドラマの中でも比較的自分の感情を抑えた『ポーカーフェイス』なイメージが強いですよね。

 

ですので、6歳からは祖母の『藍沢絹江』に育てられています。家はどちらかというと貧乏で、耕作の祖母はいつも『自分より人を大切にるする』という精神で耕作を育ててくれました。

 

このおばあちゃんに人生について学んだり、両親からもらうことのできなかった愛情を教えてもらいます。

いつしか本当の母のようにおばあちゃんを慕うようになった藍沢耕作…。ドラマの中でもおばあちゃんの存在はちょこちょこ出てきますよね。

その後『長岡救命センター』で2年間の経験を積んだのち、腕を磨くために翔北救命センターに。

 

おばあちゃんから離れてフライトドクターに…

この翔北救命センターでは学ぶにはもってこいの症例が続々来ます。

そこで経験を積むうちに耕作の仕事に対する思いもどんどん強くなって行きます。

しかも普通の病院の1年の経験が、『フライトドクター』なら1ヶ月でできるというのも大きなキッカケとなったのでしょう

 

外科医は才能と経験しかないということを頭に多くの症例をこなして、誰よりも早く名医になりたいと考えているようです。

クールでイケメンな耕作ですが、心に秘めた強い意思がドラマでもそのまま表れています。

しかもその強い意思はおばあちゃんから授かったものではないか…とも言われている程、耕作にとっておばあちゃんはとても大きな存在のようです。

 

ですがこういった熱い想いも普段は隠しているのか、出せないのか…やっぱりポーカーフェイスの印象が強いですよね。

そんな表の素顔とのギャップがたまらない!と夢中になってしまう人が多いようです。

 

ではそんな藍沢耕作のおばあちゃんはどんな人物なのでしょうか?

 

藍沢耕作のおばあちゃんはどんな人?

大注目のコールドブルー!藍沢耕作とおばあちゃんの関係は?

演じているのは『島かおり』さん。

島かおりさんは…なんと!!70歳のベテラン女優さんなんだそうです。(若く見えますよね!)

島かおりさんが演じるの藍沢 絹江(あいざわ きぬえ)という人物で、幼くして両親を亡くしてしまった藍沢耕作を一人で育ててきたのが、この島かおりが演じるおばあちゃん。

 

何より耕作のことを想って、全てを捧げてきたんだな…と島かおりさんの演技を見ていて感じてしまいます。

とっても優しくておおらかで、だけどゼッタイに揺るがない芯が一本通っているイメージですよね。

 

そんなおばあちゃんですが、なんと転倒事故による足の骨折で翔北に入院してしまいます。

しかも、その事故のショックが原因で認知症の症状が出現してしまい、あんなに可愛がって育てていた藍沢耕作の事さえも思い出せなくなってしまうのです。

 

ですが、事故による一時的な認知症だったため、最後は自分の孫が藍沢耕作だったことを思い出します。

ここでコードブルーファンは大歓声を挙げましたよね!!

 

そんなおばあちゃんの死

ですが…最愛の母でもあり祖母でもある藍沢耕作のおばあちゃんは亡くなってしまいます…。

この回ではたくさんの人が号泣してしまったのではないでしょうか?普段はどちらかと言うとツンツンしている藍沢耕作の心情も心配になりましたよね。

このセリフにもうるうるしてしまいますよね…両親がいない藍沢耕作が言うからこそ本当に重みと愛を感じます…。

視聴者からも感動の声が…!

 

まどみ・女・個人事業主・20代

藍沢とおばあちゃんとのラストシーンで涙が出てきてしまいました。山下君とおばあちゃん役の方の演技が、とても心に染みてきました。あんな風に演技ができる方々が集まったドラマって素敵ですね。感動をありがとうございます。次回も楽しみです。

 

早紀・女・高校生・10代

今日放送の6話、とってもよかったです。今までで一番好きです!スゴい感動しました。特にヤマピーとおばあちゃんのラストシーンは何度みても泣けてきます(;_;)心が温まりました☆人の優しさとかが凄くでてた6話だったと思います!これからも楽しみにしてます(*^-’)ノ

 

かなめ・女・高校生・10代

6話は切なくて泣きました。藍沢先生は辛くても皆の前では感情を出さない。強い心持ってるんだなと思いました。だけど最後あんなに泣いてる藍沢先生を見た時、心にぐっとこみあげてくるものがありました。藍沢先生が心から笑える時がきてほしいです。

 

やはり普段はクールな藍沢耕作だからぐっときてしまった…という人が多いですよね。それだけ耕作とおばあちゃんの関係性が素敵だったということを表している第6話でした。

 

このようにストーリーも抜群に面白いコードブルーですが、やっぱり主人公があの『山ピー』だから大ヒットしたのではないでしょうか?

 

みんなの感動の理由はコレ!

イケメン山ピーだからよかった

やはり、どんなにいい役立ったとしても演じる役者がイマイチだとイマイチなドラマ・登場人物になってしまいますよね…。

でも、主役はあの山ピー。顔は言うことなしのイケメン。そしてあのポーカーフェイスが藍沢耕作の生い立ちと重なって感情移入しやすい!と評判が評判を呼びました。

 

また、ただかっこいいだけだはなく…言ってしまえばさすが『ジャニーズ』ということで、もともとも山ピーファンはもちろん、今までジャニーズに興味がなかったという人でも彼のことは知っていますよね。

顔も演出も知名度的にも言うことなし!ということがヒットの理由なのでしょう。

 

生い立ちに共感できる

生い立ちがちょっと悲しく、ついつい同情してしまうという部分に惹かれる人も多いようです。

あれだけイケメンで、頭も良くてお金持ちで…なんて登場人物だったらただただ嫌味にしか映りませんが、そこは脚本の力。

生い立ちはしっかり悲しく作ってあるのがコードブルーの魅力です。

 

その生い立ちからくる『陰』が見る人を魅了していますよね。『おばあちゃん想いの藍沢先生が素敵…!!』なんて女性も多いのが事実。

こうした藍沢耕作の過去の生い立ちと、自分の生い立ちを重ねる人も多いのでしょう。

 

患者を必死に救おうとする姿に感動する

かっこよくて、医者で、モテモテで…と何をとっても言うことなしの藍沢耕作ですが、何と言っても患者に対して誰よりも一生懸命だから感動するんですよね。

患者想いで、かっこよくて医者で優しい…しかも文句なしの超イケメン!!というところが女性の心を鷲掴みにしています。

いつもはかなりクールな藍沢耕作ですが、大事な場面では更にキリっとした表情になるので、その『一生懸命さ』が本当にかっこいいんですよね…。

 

しかもおばあちゃん想いというのも女性から共感を得る最大の理由と言えるのではないでしょうか?

 

今回ご紹介してきた藍沢耕作とおばあちゃんの過去作を視聴したい人におすすめの方法をこちらで紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

>> コードブルーの藍沢とおばあちゃんの過去作を視聴する方法はこちら

 

おわりに

蒼井さくら

いかがでしたかー?今回は大注目のコードブルー!藍沢耕作とおばあちゃんの関係についてご紹介してきました!

あなたも藍沢耕作とおばあちゃんの素敵な関係性に感動できましたか?

 

まだドラマをちゃんと見てない!よく知らない!という人も、藍沢耕作とおばあちゃんの関係性を知ると見たくなりますよね!

何と言っても山ピーがとにかく魅力的な大人気のコードブルー。

今期のコールドブルーからも目が離せそうにありません…!ぜひ新たなストーリーにも期待しましょう!

 

こちらの記事も忘れずチェック!

本サイトにはたくさんのコードブルーファンが訪れて頂いていますが、以下の記事も今よく読まれています!

この機会にチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*