陸王のあらすじ結末ネタバレや感想、脚本家や原作は?出演者は

陸王のあらすじ結末ネタバレや感想、脚本家や原作は?キャスティングや出演者は?
蒼井さくら

どうもさくらです。

2017年10月スタートのTBS夜9時枠放送の新作ドラマ、陸王。

 

過保護のカホコに登場した竹内涼真をみたいという人が次に観るべき作品としても話題になっていますが、そもそも、この陸王というのがどのような作品なのか、気になりますよね。

今回はこの陸王のあらすじのネタバレや感想、脚本家やキャスティング、出演者について詳しく紹介していきます。

最新ドラマや映画情報はこちらの記事でまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

>> 10月秋のドラマ(2017)一覧!視聴率やおすすめランキングは?

>> 最新映画情報一覧!【邦画編】予告やおすすめランキング2017・2018をチェックすると

>> 最新映画情報【洋画編】予告やおすすめランキング2017&2018も紹介!

>> 2018年1月冬最新ドラマ情報一覧!おすすめランキング!視聴率や評判も紹介

 

陸王の原作と脚本家情報は?

https://www.instagram.com/p/BY2BJOzD8wN/

池井戸潤 著の「陸王」が原作になります。

 

埼玉県行田市にある足袋製造業者のこはぜ屋は創業して100年の歴史がありましたが、百貨店に卸す足袋の数は年々減少傾向で、社長の宮沢紘一は危機感がありました。

宮沢はスポーツ用品店の売り場を訪れた時に、5本指のスニーカーと出遭って、地下足袋との共通点を発見。

そして、地下足袋の技術を上手く活用して、スニーカーを製造したり販売することは出来ないかを考えていました。

 

新規事業には多額の資金がかかってしまい、なおかつ、足袋製造業者のこはぜ屋がランニングシューズの業界に参入しても、成功できるとは限りません。

そんな中で迷いながらも宮沢は「怪我や故障をしにくい、ミッドフット着地を実現するシューズ」というコンセプトで陸王の試作品を作成し始めます。

 

ソールには、新素材の繭を使った「シルクレイ」を使おうと考えて、その特許を持っている飯山晴之を口説き落とします。

飯山晴之には過去に会社を倒産させた経験があり、「こはぜ屋」の熟練社員がいきいきと働いている姿をみて、「自分も陸王のプロジェクトに参加したい」と言い出します。

さらに、多くの選手たちから人望が厚いシューフィッターの村野尊彦も仲間に加わり、陸王は改良により着実にグレードアップしていきます。

 

マラソンランナーの茂木裕人は、怪我に苦しみつつも復帰を目指していました。

そんなときに、村野に紹介され、こはぜ屋のシューズ「陸王」に出会うことになります。

 

大手シューズメーカー・アトランティスの担当者に揺さぶりをかけられ、茂木は、迷いながらも陸王を履き、京浜国際マラソン大会で見事にトップに輝きます。

陸王は、ライバル会社のアトランティスによる妨害工作や資金のやりくりの問題、機械のトラブルを乗り越え、大手アパレルメーカー「フェリックス」の融資を受け、陸王の製造・安定供給に漕ぎつけます。

 

以上が陸王の簡単なあらすじになります。

>> 陸王のドラマキャスト(出演者)を予想!キャスティングに高橋一生?配役やエキストラ出演は

>> 陸王のドラマ化!ロケ地・撮影場所はここ!エキストラ情報も紹介

 

 

陸王の最終回・最終話のネタバレは?

それでは、この陸王の最終話・最終回のネタバレを見ていきましょう。

なお、こちらを見てしまうと、ドラマの先がどうなるかわかってしまうので、読まれる際には注意してくださいね。

 

第1幕:陸王計画の始まり

埼玉県行田市にある足袋製造業者のこはぜ屋は創業して100年の歴史があります。

しかし、足袋に対するニーズは年々減っていて、卸先の百貨店での販売数もどんどん減少していました。

会社の運転資金にも困って、熟練工の社員たちを抱えていくのも、今後は難しくなりつつあるのが目に見えた状態になっていました。

 

社長の宮沢紘一は、将来に対する危機感を感じていました。

そんな中で、娘にスニーカーを購入することを依頼されていた宮沢は、池袋の百貨店のスポーツ用品店売り場を訪れました。

そこで、5本指のスニーカーを発見して、地下足袋との共通点を見出した宮沢。

「地下足袋の技術を上手く活用したスニーカーを製造・販売することは出来ないか」と考えます。

埼玉中央銀行の担当者の坂本太郎と相談を行いながら、宮沢は次第にスニーカーを作ることを本格的に考え始めます。

まずは坂本に紹介してもらって、スポーツ用品のショップを営んでいる有村融と出遭うことになります。

そこで、ランナーの故障を防ぐことが出来る「ミッドフット着地」が出来るようなランニングシューズを制作してはどうかと提案されます。

 

経理を担当している冨島玄三は、参考にするためにと、仙台が作ろうとしていたマラソン足袋の陸王を見せます。

そこから、宮沢は製作しようとしているスニーカーを「陸王」と名付けます。

そこから本格的に計画が進んでいきます。

 

「怪我や故障をしにくい、ミッドフット着地を実現するシューズ」というコンセプトで陸王を作ることに。

そして、経営危機状態に陥っているこはぜ屋の社員たちからプロジェクトチームを結成することになります。

 

 

第2幕:シルクールとの出会い

https://twitter.com/kentooo97_1005/status/903234950475857921

陸王の試作品を作成して、そこで、社員の安田利充は「ソールで勝負すべき」と提案します。

ゴムではなく、特殊な布などを使って、ソール部分を作成することを宮沢は検討します。

しかし、その新しい素材を見つけることが出来ず、現行商品の改良を重ねて、小中学校などに卸すことはできないかと宮沢は動き出します。

 

ソールの素材を探しているときに、埼玉中央銀行の坂本から「前橋に、倒産したインテリア製造販売会社シルクールの特許技術が使えるかもしれません」と伝えられます。

生ゴムと比較をすると、格段に軽い繭を使った素材を宮沢は陸王の中で使用できないかどうかを考え始めます。

 

しかし、シルクールの社長・飯山晴之に連絡したところ、飯山は自己破産した後に金融業者から報復されることを恐れて、身を隠して暮らしていました。

妻のパート代で細々と暮らしていた生活から何とかして抜け出すために、飯山は宮沢に「年間5000万円を特許料として支払うように」と命じます。

 

あまりにも法外な条件であったために、宮沢は契約を諦めようとしていたものの、社員の西井冨久子は、「一度、ウチの会社を見てもらうのはどうですか?」と提案します。

飯山ははじめは、その申し出を断るものの、宮沢は繰り返し連絡して、飯山はその提案を受け入れることになります。

 

飯山はこはぜ屋を訪れて、足袋作りや新規事業にいかに熱意を傾けているのかということに気づかされます。

そこで飯山は「特許を使わせてやるには、条件がある。俺を、お宅のプロジェクトに加えて欲しい」と言い出します。

 

そして、飯山は実は、シルクを用いた新素材・シルクレイを製造する機械を、飯養蚕農家である義弟の家に保管していたのでした。

もしもこれを使うことが出来るとなると、こはぜ屋は設備投資の費用を捻出する必要がなくなり、リース料のみで製造できるようになります。

シルクレイを製作するうえで、宮沢は息子の大地をこの飯山の部下につけることにします。

大地は就職活動が上手くいかずにいて、こはぜ屋で働いていたのでした。

 

だが、足掛程度で考えていた大地の仕事ぶりはあまりにも杜撰なものでした。

初めは大地に関わらせることを反対していた宮沢だったものの、安田の進言もあって、大地を参加させることを決めたのでした。

 

 

第3幕:シューフィッター村野

https://www.instagram.com/explore/tags/%E9%9F%B3%E5%B0%BE%E7%90%A2%E7%9C%9F/

飯山は色々とあれこれと考えて作成を心がけてみるものの、なかなか思っているような硬度で製作することが出来ません。

そんな中で、宮沢は有村に紹介されて、大手シューズメーカーのアトランティスのシューフィッターの野村尊彦と出会います。

 

村野は上司の営業部長・小原賢治と対立することになって、アトランティスを退職していました。

村野にシルクレイを見せたところ、村野は新しい素材に興味を持ち始めます。

そして、村野もアドバイスをする人として、陸王の計画に乗ることにします。

 

飯山は、設定温度や攪拌のタイミングなどを少しずつ調整して、「煮繭(しゃけん)の温度」がカギになるという結論に至ります。

この結果、狙った硬度を出すことに上手く成功して、さらに、シルクレイでソールを作ることが出来るようになります。

大地もはじめは熱意を持てなかったものの、シルクレイでのソールづくりに没頭して、いつになく真剣に仕事に情熱を注ぐことが出来るようになります。

 

村野は宮沢に宮沢にダイワ食品の陸上部に所属する茂木裕人を紹介。

茂木は怪我をしばらく復帰できないでいました。

そのようなこともあって、復帰戦に向けて、陸王を履いてもらおうと村野は考えていました。

 

村野は、茂木の足型データを宮沢に渡し、茂木モデルの「陸王」を製作していました。

試作品をみたときに、茂木は陸王の軽さに驚きます。

 

茂木は部内のトライアルに陸王を履いて参加しますが、走っている最中にふくらはぎに痛みを覚えて、今回は途中退場せざるを得ませんでした。

そのようなこともあって、サポートを今までしていたアトランティスは茂木と契約を解除することに。

 

富島は、新規事業に否定的な意見を口に出し始めます。

「いつまで、この事業にカネをつぎ込む気なんですか?」

 

そのような発言の裏には、先代社長の苦い失敗がありました。

先代社長も同じようにマラソン足袋に夢を託したものの、結果、本業が疎かになってしまい、結果的に、大損害を被ってしまった過去がありました。

 

富島の指摘もあって、宮沢は「生ゴムではなく、シルクレイをソールにした地下足袋」を製作することを提案します。

そして、完成した「足軽大将」はプロショップで売れ、宮沢は増産を決定することに。

「足軽大将」は、ヒット商品になって、希望の光が見えてきたのでした。

 

結:アトランティスとの戦い

茂木は、陸王について、ソールではなく、アッパー素材の問題を指摘します。

アッパーを提供してもらえるように企業を探し始めます。

 

そんな中で、足軽大将の生産を増やしていく中で、飯山は金融会社からの報復を受けて、全身打撲・骨折を受けて入院をせざるを得なくなります。

そこで、大地が飯山の仕事を引き継いで、シルクレイの製造をすることになります。

ところが機会にトラブルが生じてしまい、飯山は入院している病院を抜けて、シルクレイの製造を手伝うことになります。

 

アッパーの素材を提供してくれた会社を探していた宮沢は、埼玉中央銀行の大橋に繊維メーカーのタチバナラッセルを紹介してもらうことになります。

ベンチャー企業の中では、無名な会社であったものの、特許を申請した経網技術を持っていました。

そのアッパー素材を活用して、陸王は改良モデルになって、茂木のもとに届けられることになります。

 

茂木は、陸王を履いて記録会に望み、そこで、1万メートルで27分という好成績を残します。

これが公式戦のデビューでもありました。

 

しかし、アトランティスの村野の後任である佐山は、こはぜ屋の経営状態がよくないことを茂木に吹き込みます。

「シューズの供給がなくなってしまうかもしれない」と佐山は行って、茂木に揺さぶりをかけていきます。

茂木は、陸王ではなく、アトランティスのRIIを履くようになり、宮沢は驚きます。

そんな中、ニューイヤー駅伝の区間走者として茂木が選出されることになります。

さらに、ライバルであるアジア工業の毛塚直之も選出され、同じ区間にぶつけてこられたのでした。

 

宮沢は社員たちの激励メッセージが書かれた色紙を用意して、茂木に色紙を手渡します。

宮沢は茂木に「君が他社のシューズを選んだとしても、うちの社員たちが君を応援し続けることは変わらない」と発言。

 

駅伝が行われる当日、バスから降り立った茂木はRIIを履いて登場。

アトランティスの佐山は、さぞかし勝ち誇った表情をしていましたが、走る直前になり、RIIから陸王に履き替えます。

佐山が茂木に抗議をするものの、村野は「選手の邪魔をするな」と言い出します。

 

こはぜ屋の社員が一同が見守る中で、茂木は毛塚とデッドヒートを繰り広げていきます。

向かい風を上手く活用して体力を温存しつつ、最後のラストスパートで、茂木は見事区間賞を受賞。

このことがきっかけとなって、陸王が話題になります。

 

宮沢が陸王への注文が殺到するであろうと夢見ていた中、アトランティスの佐山はそれを阻止するように工作を企てます。

佐山はアッパー素材を提供していたタチバナラッセルに近づき、専属契約を結び、こはぜ屋への素材提供をやめるように圧力をかけます。

 

タチバナラッセルは、アトランティスを選ぶことになってしまったので、宮沢は再びアッパー素材を探さざるを得なくなったのです。

さらには、シルクレイを製造していた機械から出火。

機械を再稼働することさえも困難な状態になっていました。

 

新しく機会を作り直すためには、1億円の設備投資が必要になっていました。

様々な問題が重なってしまって、さらに資金集めが難しくなってしまった今、宮沢は陸王の生産をここまできて諦めようとします。

 

そんなときに、ベンチャーキャピタルの会社に転職した坂本は、「会社を売りませんか?」と提案。

アパレルメーカー「フェリックス」がシルクレイという素材に目をつけ、こはぜ屋を買収しようと計画していたのでした。

サカモトの提案は、このアパレルメーカー「フェリックス」の小会社となって、資金を得て、シルクレイの製品を製造してはどうかというもの。

 

フェリックスの創業者の御園丈治と会い、その経営者の手腕・人柄について信用できると考えます。

しかし、会社を売却することに関しては正直なところ迷いがありました。

そのような中で大地が大地がタテヤマ織物にアッパー素材の供給をしてもらえそうであるという知らせを得ます。

 

宮沢は会社売却の方向で考えます。

しかし、そこで坂本に「御園社長は、飯山顧問に先に話を持ちかけた」と明かす。

けれども、飯山は「シルクレイの特許を売れば、こはぜ屋に迷惑がかかる」と断ったというのです。

 

宮沢は飯山に礼を言うと同時に、会社の売却に関する話を打ち明けることにします。

ですが、飯山は「そんな簡単に、100年ののれんを売るのか。その程度の経営者なのか」と売却に反対。

 

さらに、「俺は、シルクレイの製造許可をこはぜ屋だけに与えた。御園の狙いは、その権利だ。だったら、他にやりようがあるだろうが」と提案をします。

その提案を聞いた宮沢は御園に「設備投資のため、融資して欲しい」と提案す。

 

御園は初めはその考えに対して、拒否して交渉が決裂してしまいます。

 

しかし、御園は後日、「3億円の融資、融資の期間は5年、3年間の発注保障」を行うと提案をします。

要するに、5年以内に3億円を完済し、できない場合は子会社として買収するという条件をつけます。

 

そこで、宮沢は、社員を集めて説得。

陸王を製造・販売することに夢を託した社員たちは、宮沢の説得に対して応じることに。

 

続いて、品川で開催された京浜国際マラソン大会に茂木が出場します。

そこでは、ライバルの毛塚も参加。

 

茂木は、アトランティスのRIIではなく、こはぜ屋の陸王を履きます。

再びこの姿をみたアトランティスの佐山は、再び茂木に声を荒げます。

 

しかし、茂木は「今のこはぜ屋さんは、2年前の俺と同じなんです。ピンチで困り果て、必死で這い上がろうとしている」と発言。

今、陸王を見限っってしまえば、自分を捨てていった人々と同じになると思ったそうです。

 

先頭の集団がかなりオーバーペースで走り出していく中で、茂木は冷静に自分のレースプランで走り続けていきます。

先頭集団がペースを乱していく中で毛塚を抜かして1位でゴール。

その瞬間、宮沢や村野たちが喜びを爆発。

この陸王は一躍有名なシューズになったのでした。

さらに、大地は、メトロ電業の内定を獲得。

しかし、大地は「こはぜ屋で続けて働きたい」と宮沢に申し出します。

そこで宮沢は、「いや、お前はメトロ電業に行け」と言います。

「メトロ電業のような優良企業で働き、ウチでは得られない経験と知識を蓄積してくれ。世界を見て来い」と、宮沢は息子を送り出したのでした。

 

そんな中でアトランティスは選手からのサポートの打ち切りの申し出に対して焦っていました。

佐山や小原部長らは、陸上競技界で村野、さらにフェリックスが支援するこはぜ屋の存在感がアップすることに焦りを感じていました。

 

シルクレイという新素材や村野がフィッティングするシューズはトップアスリートが注目するまでに発展します。

 

埼玉中央銀行の家長たちは、巨大な機械がフロアを埋め尽くすこはぜ屋の新工場に驚きを隠すことが出来ませんでした。

そして、埼玉中央銀行ではなく、東京中央銀行本店がメインで使っている銀行であることを宮沢は明かす。

融資を渋った結果、宮沢が顧客ではなくなってしまったことを、家長はくやしがっていたのでした。

 

>> 陸王のドラマキャスト(出演者)を予想!キャスティングに高橋一生?配役やエキストラ出演は

>> 陸王のドラマ化!ロケ地・撮影場所はここ!エキストラ情報も紹介

 

陸王のキャスティングや出演者は?

陸王のあらすじ結末ネタバレや感想、脚本家や原作は?キャスティングや出演者は?

陸王のキャスティングや出演者に関してはこちらの記事で紹介していますので、この機会にチェックしてみてくださいね。

>> 陸王のドラマキャスト(出演者)を予想!キャスティングに高橋一生?配役やエキストラ出演は

 

 

陸王の脚本家は?

陸王のあらすじ結末ネタバレや感想、脚本家や原作は?キャスティングや出演者は?

脚本家は矢津弘幸さんが担当します。

1971年生まれの脚本家です。

小説家、漫画原作者、脚本家としても活動されています。

 

過去には以下のような作品の脚本を担当されていますよ。

  • シュガーレス(2012年10月-12月)
  • 半沢直樹(2013年7月-9月)
  • HAMU -公安警察の男-(2014年1月)
  • ルーズヴェルト・ゲーム(2014年4月-6月)
  • 流星ワゴン(2015年1月 – 3月)
  • 刑事7人
  • 下町ロケット(2015年10月 – 12月)
  • 赤めだか(2015年12月)
  • 家政夫のミタゾノ(2016年10月 – 12月)
  • LEADERS リーダーズII(2017年3月26日)
  • 小さな巨人(2017年4月 – 6月、脚本協力)
  • 1942年のプレイボール(2017年8月)

 

今回の作品でどのような活躍を見せてくれるのか、必見です。

 

おわりに

陸王のあらすじ結末ネタバレや感想、脚本家や原作は?キャスティングや出演者は?

ということで、今回は、陸王のあらすじ結末ネタバレや感想、脚本家や原作は?キャスティングや出演者について紹介してきましたがいかがでしょうか?

どのようにドラマでは描かれるのか、必見です。

>> 陸王のドラマキャスト(出演者)を予想!キャスティングに高橋一生?配役やエキストラ出演は

>> 陸王のドラマ化!ロケ地・撮影場所はここ!エキストラ情報も紹介

 

最新ドラマや映画情報はこちらの記事でまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

>> 10月秋のドラマ(2017)一覧!視聴率やおすすめランキングは?

>> 最新映画情報一覧!【邦画編】予告やおすすめランキング2017・2018をチェックすると

>> 最新映画情報【洋画編】予告やおすすめランキング2017&2018も紹介!

>> 2018年1月冬最新ドラマ情報一覧!おすすめランキング!視聴率や評判も紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*