陸王 マラソン足袋のランニングシューズとは?購入方法はあるの?

陸王 マラソン足袋のランニングシューズとは?購入方法はあるの?
蒼井さくら

2017年10月15日スタートのドラマ、陸王!

池井戸潤さんの作品がもとにドラマ化された本作品。

 

ところで、この陸王のマラソン足袋やランニング足袋って、そもそも何なのでしょうか?

ひょっとすると、これ欲しいと思われた方もいらっしゃると思います。

 

このページをご覧になられたあなたも気になっていることと思います。

ちなみに、あたしもその一人です!

 

そこで、今回はマラソン足袋、ランニング足袋って、何なのかについここでは詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

陸王に登場したマラソン足袋とは?

陸王 マラソン足袋のランニングシューズとは?購入方法はあるの?

ちなみに、日本には、昔からマラソン足袋というものがあったと言われています。

 

ちなみに、ドラマの中では、昔から日本には、マラソン足袋というものは存在していたそうです。

ドラマでは、金栗四三(かねぐりしぞう)が足袋でマラソンをしていことが紹介されていました。

 

この人物、こちらの動画で解説されていましたので、チェックしてみてくださいね。

 

この方は当時非常にすごい人物だったと言われています。

 

金栗四三さんとは?

ドラマ楽しみ‼︎ #金栗四三#マラソン#オリンピック#熊本

A post shared by Kaoru Harada (@kaoru_flash) on

国籍 日本
種目 マラソン
生年月日 1891年8月20日
生誕地 熊本県玉名郡春富村(現・和水町)
没年月日 1983年11月13日(92歳没)
死没地 熊本県玉名市
自己ベスト 2時間32分45秒

 

金栗四三(かなぐり しぞう)は、1891年生まれで、日本における「マラソンの父」とも言われている人物。

箱根駅伝を開催するために、日本の高地トレーニングを導入したり、日本のマラソン界に大きな影響を与えた人物です。

 

1910年に東京高等師範学校(現在の筑波大学)に入学。

金栗は1911年(明治44年)に、翌年に開催されるストックホルムオリンピックに向けたマラソンの予選会に出場。

 

マラソン足袋で、当時の世界記録(当時の距離は25マイル=40.225キロ)を27分も縮めた大記録(2時間32分25秒)を達成。

日本人初のオリンピック選手になっています。

蒼井さくら

初の日本人、オリンピック選手だったわけなんですよね。

というか、こんな時代からオリンピックってあったんですねー。

翌1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックでは、レース途中で日射病により意識を失って倒れ、近くの農家で介抱されることになります。

 

このときに倒れた原因としては、日本から列車と船で体に対する負担が多かったこと。

スウェーデンには米を食べる習慣がなかったこと。

マラソンの当日には、金栗を迎えに来るはずの車が来ず、競技場まで走らなければいけなかったということ。

さらに、このときは最高気温40℃という猛暑。

 

このようなことが関係していたそうです。

さらに、参加者68名中およそ半分が途中棄権しレース中に倒れて翌日死亡した選手もいたそうです。

 

ハム二朗

やばぁばぁ、そんなんしたら、おいら死んじゃう。。。

 

当時の金栗はランナーとして時流にのっていたものの、1916年のベルリンオリンピックではメダルが期待されたものの、第1次世界大戦の影響で中止に。

 

1917年(大正6年)、駅伝の始まりとされる東海道駅伝徒歩競走の関東組のアンカーとして出走。

1920年(大正9年)、第1回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が開催され、金栗もこの大会開催のために尽力したと言われています。

 

そして、1967年3月、スウェーデンのオリンピック委員会からストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待をされることに。

ストックホルムオリンピックでは棄権の意思がオリンピック委員会に伝わっておらず、「競技中に失踪し行方不明」として扱われます。

そして、記念式典の開催にあたり当時の記録を調べていたオリンピック委員会がこれに気付き、金栗を記念式典でゴールさせたわけです。

スポンサーリンク

 

足袋シューズって結局何なのか

ドラマの中で登場するのは、こはぜ屋の4代目社長の宮沢紘一が考えていたのは、足袋製造会社が培った技術を生かすことが出来る裸足で走れる感覚を追求したランニングシューズです。

 

これがいわゆる足袋ランニングシューズになります。

 

どうして足袋のシューズが効果的と言えるの?

さて、それでは、どうして足袋を使ったシューズが効果的と言えるのでしょうか?

気になりますよね。

 

ちなみに、今私たちの間で人気がある靴というのは、ソール(かかと)の部分が非常に分厚くて、「ヒール着地」という走り方で走りやすくなっています。

かかとから地面に足をつけるということなんですよね。

 

なのですが、この方法の場合、膝に悪影響がいきやすくなります。

 

そして、もう一つ、「ミッドフット着地」と言われているものがあります。

こちらはかかとからではなくて、脚の中央付近で着地をします。

 

この走り方の場合、地面につく肌の表面積が大きくなり、脚に対する衝撃が弱くなり、エネルギーロスが減ることになります。

 

ちなみに、太古昔には、この走り方というのが人間の本来の走り方。

 

本来の人間の走り方に近いということもあって、そっちの方が走る時には有利ということなんですね。

 

ハム二朗

なるほど、おいらも試してみよう。

ハムスターなめんじゃねぇよ!

スポンサーリンク

 

人間の祖先が生き残ったのもミッドフット着地が原因!?

この人間の祖先が生き残ったのも、ミッドフット着地が原因であると言われています。

 

20万年前の人類の祖先はホモサピエンスと言われています。

 

このときに、ホモ・ネアンデルターレンシスとホモ・フロレシエンシスも一緒にいたと言われています。

 

ですが、この二つの類人猿は滅んでいます。

 

その理由も走り方にポイントがあったともいわれているんですよね。

 

普通に走るとなると、みんなできたのですが、後者二つは短距離しか走ることが出来なかったと言われています。

基本的には、かかとから足をつくヒール着地。

 

一方で、ホモサピエンスは長距離を走ることが出来たと言います。

これで、非常に長い間歩き続けられて、狩りにいくことができます。

 

彼らはミッドウッド着地を行っていたそうです。

 

この走り方があったから人類は生き残っているということになりますよね。

ポイントとしては、底が浅くて、裸足に近いような状態で走れること。

 

底が浅い靴を履くことで、ミッドウッド着地というのが可能になるわけです。

要するに、足袋のように薄いものが出来るわけです。

ハム二朗

おいらは、そもそも体重が軽いから、そんなに足に負担かからないんだよなぁ。。。

 

こはぜ屋のモデル企業でマラソン足袋・ランニング足袋は売っている?

今回のこはぜ屋のモデルとなっているのは、老舗足袋メーカーのきねや足袋株式会社。

 

最後のお話で登場するテロップの中でも紹介されていました。

 

ただし、原作者の池井戸潤さんは、確かに見学はしたものの、ドラマとは一切関係ありませんと否定しています。

ただ、実際に、きねや足袋株式会社では、ランニング足袋「MUTEKI」というランニング足袋シューズが販売されています。

 

ですが、MUTEKIでは、5mmのアウトソールしか売られていません。

コチラは、ソールが薄い部分をみごとに再現。

 

アウトソールは天然ゴムが使用されているということもあって、とても柔らかい設計となっています。

ちなみに、実際に製品を手に取っても、とても柔らかい設計になっていますよ。

 

これによって、裸足の感覚で走ることが出来るようです。

 

実際に製品を手に取ってみても、確かにアウトソールはグニャグニャと簡単に曲がるほどの柔らかさ。

だからこそ、足がしっかりと地面を捉え、裸足と遜色ないランニングフォームが実現できるみたいです。

 

ちなみに、今回ご紹介しているMUTEKIのランニング足袋。

こちらで購入できますよ!

 

おそらく、陸王の影響で、すぐ売り切れてしまうかもしれませんが、こちらから購入できます。

>> きねやのランニング足袋の購入はこちらから

 

ハム二朗

これが噂の陸王、、、。おいらも履いたら早く走れるかなぁ。

蒼井さくら

ハム二郎には無理かもね。。。

スポンサーリンク

陸王のマラソン足袋・ランニング足袋まとめ

蒼井さくら

ということで、今回は陸王のマラソン足袋、ランニング足袋について解説してきましたが、いかがでしょうか?

陸王の作品の中では非常に重要な意味を持つことになる陸王のマラソン足袋(ランニング足袋)。

竹内涼真がどのような走りを見せてくれるのかも必見ですね。

 

こちらの記事もよく読まれていますのでチェックしてみてくださいね。

>> 陸王の動画を第1話から最終話まで視聴するための4つの方法!

>> 陸王のモデル企業は何?アトランティスはアシックス?

>> 陸王の和田正人演じる平瀬孝夫の役どころや評判は?

>> 陸王の山崎賢人の妹役に上白石萌音!役どころや評判を調べると

>> 陸王の名言集は?宮沢紘一や宮沢大地・茂木裕人などのキャストの心に残る言葉はこれだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*