11月公開予定映画のおすすめランキング!アニメや洋画等で気になる作品は?

11月公開予定映画のおすすめランキング!アニメや洋画等で気になる作品は?
蒼井さくら

今回は11月に公開予定になっているアニメや洋画などの映画を紹介していきます。

たくさんの映画が公開される予定になっており、ホラーから恋愛ものやアクション系までたくさんの楽しみな映画が公開されます。

 

久しぶりに公開されるシリーズものや、続編の続きのものが多くあります。

それではランキング形式で紹介していきますのでぜひチェックしてみてください。

 

2017年11月公開予定映画のおすすめランキング!アニメや洋画おすすめは?

それでは以下で2017年11月公開予定の映画おすすめランキングをチェックしていきましょう。

アニメや洋画で今気になる作品は何なのかについてチェックしていきましょう。

 

第12位:KOKORO

キャストには、國村隼 イザベル・カレ、門脇麦、安藤政信らが選ばれています。

この映画はベルギー、フランス、カナダの合作映画で、監督はベルギーのヴァンニャ・ダルカンタラという女性監督です。

 

弟を交通事故で亡くしてしまったフランス女性が日本の飛び降り自殺の名所を訪れ、そこで出会った人たちを通して少しずつ心理的に変化してく様子を描いています。

ロケが行われた場所は島根県の隠岐の知天里島で撮られ、外国人監督によって日本の美しい風景が映されています。

韓国映画「コクソン」で海外から賞賛を得た國村隼と、「愛の渦」などで有名になった門脇麦、フランス人女優イザベル・カレが出演していることもあって、必見です。

 

第11位:ザ・サークル

キャストには、エマ・ワトソン、トムハンクス、ジョン・ボイエと今話題になっている俳優や女優が選ばれています。

「ハリーポッター」シリーズで有名なエマ・ワトソンとベテラン俳優のトムハンクスが共演した映画です。

 

監督は「人生はローリングストーンズ」のジェームズ・ポンソルトが撮っています。

巨大SNS企業の「サークル」に就職した主人公が自分の生活を24時間公開することで、すぐにフォロワーが1000万人になるのだが、様々な問題が襲ってくることになります。

 

「サークル」にも誰にも知られていない秘密を握る企業だったというサスペンス映画。

現代にも通じる過剰になってしまったSNSの問題などを描いており、とても気になる映画です。

トムハンクスとエマ・ワトソンの共演も楽しみな所ですね。

 

第10位:ジャスティス・リーグ

キャストは、ベン・アフレック、ガル・ギャドット、ジェイソン・モモア、エズラ―・ミラー、レイ・フィッシャー。

究極のヒーローチームが集結した映画です。

 

バッドマンとワンダーウーマンを中心として、アクアマン、サイボーグ、スラッシュという豪華な世界を救うために集められたドリームチームのジャスティス・リーグの姿を描いた作品になっています。

バッドマンがリーダーとなりチームをまとめます。

 

大人気になった映画「ワンダーウーマン」がもう一度違う映画で見れるのはファンとしてはとてもうれしいことではないでしょうか。

圧倒的なスケールと凄いアクションの映画です。

 

バッドマンが集団のリーダーをするというのは今ままでなかなか見られなかったのでどんな感じになるのか楽しみですね。

 

第9位:劇場版 はいからさんが通る 前編~紅緒、花の17歳~

大人気の大和和紀のコミックを映画化したこの作品。

これまでに実写化やテレビアニメにもなっている「はいからさんが通る」、映画は前編と後編にの2つ公開されます。

 

前編の監督は「機動戦士ガンダムUC」シリーズなどの高橋一浩が担当しています。

ストーリーは大正時代が舞台になっており、女学校に通う天真爛漫でケンカっ早い性格の17歳の花村紅緒が主人公です。

 

花村がイケメンで笑顔が素敵な伊集院忍少尉と出会い、彼が許婚していることに反発し、お互いに惹かれていくというストーリーになっています。

初めて映画化されるということでとても楽しみな映画です。

 

第8位:GODZILLA 怪獣惑星

「ゴジラ」は日本映画から世界的に有名になった数少ない作品です。

2016年には映画「シン・ゴジラ」が公開され、大人気となり82・5億円という興行収入を記録しました。

 

そして11月にはこれまでにはなかった長編アニメーションとして新しい「ゴジラ」が公開されます。

なんと言っても今回の「ゴジラ」の制作陣が凄くて、「名探偵コナン 純黒の悪夢」を制作した静野孔文監督、「亜人」などのCGの領域のプロである瀬下寛之、ストーリーと脚本は「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄が担当しています。

 

今回の作品ではこれまとは全く違う、2万年後のゴジラがいる地球という未来が描かれています。

日本のアニメ界のスーパースター達を揃えて制作されており、かなり楽しみな作品ですよ。

 

第7位:火花

キャストには、菅田将暉さん、桐谷健太さん、木村文乃さんらが登場します。

第153回茶川賞を受賞した又吉直樹の「火花」が実写映画化されました。

これまでNetflixでドラマ化されており、今回は映画化が豪華なキャストで実現!

 

若手の芸人で芽が全くでない徳永は、同じ芸人である「あほんだら」の神谷の漫才に感動し、神谷に弟子にして欲しいと懇願し弟子になります。

そこから漫才に情熱をかけた二人の芸人の「青春の10年間」を描いています。

 

監督は芸人ながらも、俳優など幅広い活躍をしている板尾創路。

菅田将暉は芸人が大好きでその役を演じれることにかなり興奮し、情熱を向けた作品だったそうです。

どんな映画になっているのか楽しみですね。

 

第6位:KUBO/クボ 二本の弦の秘密

この映画はアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の2つにノミネートされいろんな映画賞を受賞しているとても注目されている作品です。

「コララインとボタンの魔女 3D」のアニメーションスタジオLAIKAが制作しており、ストップアニメメーションという人形を1コマずつ動かして作るという方法で作られています。

とても繊細な動きと映像美に注目です!

 

映画の舞台は日本で、片目が見えない折り紙と魔法の三味線を操る少年が自分の出生をめぐって冒険に出るというストーリー。

予告編を見てみると日本の風景などがきれいに描かれています。

各賞を総ナメにしており素晴らしい作品なので楽しみな映画です。

 

第5位:セントラル・インテリジェンス

キャストは、ドウェイン・ジョンソンさん、ケヴィン・ハートさん。

全米興収100億円を突破している大人気の映画です。

 

「ワイルドスピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンと「ゲットアロング」のケヴィン・ハートのダブル主演でとてもおもしろい組み合わせになっています。

ドウェイン・ジョンソンがコメディに出るのは久しぶりなのでとても期待できます。

 

ストーリーは、昔いじめられていたCIA捜査官と高校時代はバスケットボールの選手として人気者だったが今はさえない会計士が出会いいろんな事件に巻き込まるというストーリーです。

アクションとコメディが混ざっている映画になっています。

大人気の映画のセントラル・インテリジェンスをこの機会に是非とも体感してみてください。

 

第4位:ジグソウ・ソウレガシー

マット・パスモア、カラム・キース・レニー、クレー・ベネットらがキャストとして登場します。

2004年に公開された映画「ソウ」残虐なゲームと、仰天な展開にファンになる人が多く大人気作品になり、これまでにシリーズ化が行われています。

7作目の「ジグソウ・ザ・ファイナル」まで制作されており今回新たに映画が作られました。

 

今回メガホンを取ったのは映画界で若き才能と呼ばれるマイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟です。

「ジグソウ」が死んでから10数年後のに新たな人物が悲惨なゲームを開始したストーリーになっています。

新たなゲームがどのような内容なのか気になります。

「ソウ」ファンは11月まで待ちきれないですね。

 

 第3位:ローガン・ラッキー

キャストは、チャニング・テイタム、ダニエル・クレイグ、アダム・ドライバーらが登場します。

とても豪華なメンバーが登場していますよね。

 

ストーリは不幸が続いているジミーとクライドのローガン兄弟が、爆発のスペシャリストの刑務所に収監されているジョーを脱獄させ、全米が注目している大人気レース「NASCAR」の売上金を略奪するという話になっています。

「007」シリーズで有名なダニエル・クレイグや映画「スターウォーズ」にも出演しているアダム・ドライバーなど豪華な俳優陣が出演しています。

監督は「オーシャンズ」シリーズなどのスティーブン・ソダーバーグです。

 

第2位:シンクロナイズドモンスター

アン・ハサウェイ、ジェイソン・サダイキスらが登場する本作品。

この作品でアン・ハサウェイが主演と制作総指揮をしています。

 

ニューヨークで働いている主人公はダメな女性で、仕事もできず、田舎に帰ってしまいます。

そこに、韓国で謎の巨大生物が姿を表したというニュースが騒がしており、その巨大生物の動きをよく見てみると自分の動きと一致しており、シンクロしていたのだ。

 

「プラダを着た悪魔」や「マイ・インターン」などで有名になったアン・ハサウェイの新しい姿がこのコメディ映画で見ることができます。

監督は「ブラック・ハッカー」のナチョ・ビガロンがメガホンを取っています。

楽しいコメディ映画になっており、内容が気になる映画です。

 

第1位:IT/イット それが見えたら終わり

キャストには、ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、ソフィア・リリスらが登場。

スティーブン・キングホラー小説が原作で、1990年に実写映画化されているのですが、11月にリメイクされて公開されます。

 

ITとはかなり不気味なピエロのことでそれを見てしまったら死んでしまうというとてもおそろしい存在です。

静かな町に突如ど表れて人々を恐怖へと陥いれていきます。

 

全米では公開されており、圧倒的な人気で公開初日から首位になっています。

しかもこの映画の続編も公開前から決まっているんです。

恐怖のITを見にぜひ劇場に見に行きましょう。

 

終わりに

11月公開予定映画のおすすめランキング!アニメや洋画等で気になる作品は?

気になった映画はあったでしょうか?

ホラー系の映画では「ソウ」や「IT」などこれまでに人気にだった作品などが新たに公開されるのでファンの方はとても嬉しいでしょう。

アニメでは日本の「ゴジラ」が初めて長編アニメで作られ、アニメ界のスターの制作陣を揃えて作られておりとても楽しみです。

ぜひこの中で気になった作品を見つけ映画を見に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*