2018年1月公開予定の映画おすすめは?洋画や邦画・アニメではあの作品が

2018年1月公開予定映画情報おすすめは?洋画や邦画・アニメではあの作品が!
蒼井さくら

今回は1月に公開される映画を紹介していきます。

たくさんの洋画や邦画、アニメの作品が公開予定になっています。

 

昔から人気のアニメや続編の作品、今回でシリーズが終わる作品までたくさん楽しみな作品が目白押しです。

それでは2018年1月に公開予定の映画の中でもおすすめの作品をランキング形式で紹介します。

2018年1月に何か映画をみたいと考えている人必見ですよ!

2018年1月公開予定の映画おすすめランキング!

それでは、2018年1月に公開予定の映画の中でもおすすめの作品にはどのようなものがあるのか、気になりますよね。

ここでは、2018年1月に是非とも視聴したいおすすめ作品をランキング形式で発表していきます。

早速チェックしていきましょう。

 

第12位:ちょっとまて野球部!

キャストは須賀健太、小関裕太、山本涼介などです。

高那原作の高校野球部のパッとしない日常を描いたコミックを実写映画化した作品です。

監督は「孤独のグルメ」シリーズの宝来忠照がメガホンを取っています。

 

ストーリーは、強くもない野球部の1年生の3バカトリオである大堀と秋元、宮田の日常を描いており、ある日大堀が追試の関係で夏休みの練習に出れないというピンチを乗り越えますが、また新たな試練が襲ってきます。

大堀役を「ALWEYS 3丁目の夕日」などの須賀健太、秋元役を「ごめんね青春」などの小関裕太が、宮田役を「仮面ライダーゴースト」の山本涼介が演じています。

 

かなりおもしろそうなコメディで楽しみですね!

公開日:2018年1月27日

 

第11位:サラバ静寂

キャストは吉村界人、SUMIRE、若葉竜也など。

脚本と監督を「黒い暴動」などの宇賀那健一がメガホンを取ります。

ストーリーは音楽などの娯楽が禁止された世界を描いており、若者たちは音楽を知らずに過ごしていくが、ある日「SON OF A NOISE」という闇ライブが行われていることを知りそこに行くことを目標にする。

 

今作品でヒロイン役を演じるのは初映画出演のSUMIRE。

SUMIREは浅野忠信とCHARAを両親に持っていて、モデルとして活躍しています。

SUMIREの演技に期待したいですね。

 

公開日:2018年1月

 

第10位:マザー!

キャストはジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、エド・ハリス、ミシェル・ファイファーなどです。

ストーリーはサイコミステリーになっており、郊外の一軒家に住む夫婦の元に一人の不審な訪問者が現れたことで夫婦の生活が一変します。

どんどんエスカレートしていく訪問者によって事件が起こるという話です。

 

監督は「ブラックスワン」などのダーレン・アロノフスキーが制作しました。

主演には「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー主演女優賞を受賞した大人気の若手女優のジェニファー・ローレンスです。

どんな映画になっているのか楽しみですね。

 

公開日:2018年1月19日

 

第9位:中二病でも恋がしたい take on me

自意識をこじらせた学生生活を描く大人気のアニメシリーズの劇場版が公開されます。

前作の「小鳥遊六花・改~劇場版 中二病でも恋がしたい!~」と同じ石原立也が監督を務めます。

声優陣も「亜人」シリーズの福山潤や「新劇場版 頭文字D」シリーズの内田真礼などが参加しています。

 

今回は高校3年の進級の時期を控えている、共同生活をしている勇太と六花のところに六花の姉である十花が成績が良くない妹を見てイタリアへ連れて行こうとする。

それを見た勇太は駆け落ちを試みるというストーリーになっています。

 

ファンの人は2018年まで待ちきれないですよね。

劇場版の2作目としてどのような内容になっているのか楽しみですね!

 

公開日:2018年1月6日

 

第8位:劇場版 マジンガーZ INFINITY

1972年に天才・永井豪によって制作され、アニメ界の常識を「マジンガーZ」が覆したと言われており、世界的にも大人気になっています。

「乗り込み型ロボット」という新しいアイデアが受けて爆発的なヒットを記録しました。

 

初の劇場版「マジンガーZ」として帰ってきます。

ストーリーは「マジンガーZ」の10年後を描いています。

 

時が立ち科学者へとなった兜甲児に新たな巨大生物の謎の生命反応と新たな敵が現れ再びマジンガーZを出動させるという話です。

監督は「映画 プリキュアオールスターズ春のカーニバル」の志水淳児が、オープニングテーマを新たに水木一郎が取り直しています。

大人も子供も楽しめる映画ですよ!

 

公開日:2018年1月13日

 

第7位:キングスマン・ゴールデン・サークル

キャストはコリン・ファース、タロン・エガートン、ジュリアン・ムーア、マーク・ストロングなどです。

前回の作品の続編の映画です。

高級スーツ店を営んでいる主人公のスパイ活動を描いています。

 

謎の敵であるゴールデン・サークルに襲われ、キングスマンの基地が破壊されてしまい、生き残ったエグジー達は、組織ステイツマンに同盟を結びにアメリカへと向かうがそこで問題が起こってしまう。

監督は「キックアス」などのマシュー・ヴォーンがメガホンを取っています。

スパイアクションになっており、登場人物たちのスーツの着こなしなどとてもスマートでカッコいいです。

ぜひ劇場に見に行きましょう。

 

公開日:2018年1月15日

 

第6位:ジオストーム

キャストはジエラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュなどです。

監督は「インディペンデンスデイ」のディーン・デブリンが務めています。

ストーリーは最新テクノロジーを使っていた宇宙ステーションが暴走してしまい、地球が超異常現象に襲われてしまいます。

 

世界各地で起こる異常現象を大きなスケールで描き出します。

日本の銀座などもスクリーンに登場します。

 

主演は「300スリーハンドレッド」「エンド・オブ・ホワイトハウス」などのジエラルド・バトラーが演じており、他にも実力派が出演しています。

 

公開日:2018年1月19日

 

第5位:殺人者の記憶法

キャストはソル・ギョング、キム・ナムギル、ソリョンなどです。

韓国の映画で、韓国では大ヒットとなっており動員観客数を200万人を突破しています。

この映画は韓国のベストセラー作家のキム・ヨンハの小説を実写映画化したものです。

 

昔犯罪を犯していた主人公はアルツハイマーを患っていたが、ある時新たな殺人鬼が現れその姿を見て忘れていた殺人の習慣を思い出していくという犯罪スリラーになっています。

監督は「サスペクト哀しき容疑者」や「セブンデイズ」などのウォン・シニョンがメガホンを取っています。

 

韓国映画のスリラー系はとてもおもしろい作品が多いのでこの作品も楽しみです!

 

公開日:2018年1月27日

 

第4位:嘘八百

キャストは中井貴一、佐々木蔵之介、森川葵、木下ほうか、友近、坂田利夫。

映画「百円の恋」の監督の武正晴と脚本家の足立紳のコンビがまたタッグを組み、今井雅子を加えた脚本で新たに映画が製作されました。

 

今回のストーリーは大阪、堺が舞台になっており、さえない古物商と陶芸家が「千利休の幻の一品」を巡るという話です。

意外にも今回主演を務める中井貴一と佐々木蔵之介は初めての共演なのでどんな感じになっているか楽しみです!

その他にも大阪ならではの芸人の友近や坂田利夫が出演しています。

 

公開日:2018年1月

 

第3位:パディントン2

大人気のパディントンが前作の続編として帰ってきます。

パディトンとは1985年にイギリスで生まれたキャラクターで、児童文学として全世界にも翻訳、出版されて世界的有名なキャラクターです。

 

ストーリーは前作と同じくブラウンの家で幸せに暮らしており、都会の人気者になっていました。

ある日ペルーで暮らすルーシーおばさんの誕生日プレゼントを買うためにプレゼント探しているとある一つの本を見つけそれをプレゼントすることに決めてお金を貯めます。

 

しかし、その本が何者かに盗まれてしまい、その犯人をパディントンが探し出すという話です。

日本語の吹き替えキャストは、パディントンが松阪桃李、ブラウンさんが古田新太、ブラウン夫人を斉藤由貴、ジュディを三戸なつめがしています。

パディントンのファンの方は1月まで待ちきれないですね!

 

公開日:2018年1月

 

第2位:祈りの幕が下りる時

キャストは阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈などです。

2010年からドラマとして東野圭吾原作の「新参者」シリーズとしてスタートしたこの作品。

 

阿部寛が演じる加賀恭一郎が日本橋署に異動してきて謎に包まれた殺人事件の犯人を捜し、犯人の心情を描き出し泣けるミステリーとして描かれています。

今回の映画では加賀が日本橋署に異動してきた理由や父との確執、母の失踪など加賀自身の謎を紐解きながら女性演出家との出会いで巻き起こる事件を解決していきます。

 

監督に「半沢直樹」や「私は貝になりたい」などの福澤克雄がメガホンを取っています。

シリーズの完結編なのでどんな展開になっているのか楽しみです!

 

公開日:2018年1月27日

 

第1位:嘘を愛する女

キャストは、長澤まさみ、高橋一生、川栄季奈、吉田鋼太郎、DAIGO、黒木瞳などです。

映画界の若き才能と言われいる中江和仁が2015年に「TUTAYA CREATOR’S PROGRAM2015」で応募総数474本の中から選べれた作品豪華キャストで映画化された作品です。

 

ストーリーは一流企業に勤めるヒロインが恋人である小出の本当の姿がなんなのか分からなくなり翻弄されていくという話です。

ヒロインの川原由加利役を長澤まさみ、恋人相手である小出桔平を高橋一生が演じています。

 

大人気俳優の高橋一生と数々の作品に出ている長澤まさみという豪華なメンバーです。

ストーリーも気になり、出演しているキャストの演技にも注目したいですね!

かなり楽しみな映画です!

 

公開日:2018年1月

 

終わりに

2018年1月公開予定映画情報おすすめは?洋画や邦画・アニメではあの作品が!

どうだったでしょうか?

気になった映画はありましたか?

「マジンガーZ」などとても懐かしい作品が映画化され昔からファンなどは楽しみでしょう。

 

しかし「新参者シリーズ」として終わりを迎える作品もあり少し悲しい思いがある人もいると思います。

たくさんの映画が1月に公開されます。

気になる作品があればぜひ劇場に見に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*