ハリーポッターと死の秘宝Part2動画視聴法!あらすじ解説や感想・吹き替え声優、スネイプ特集も必見

蒼井さくら

ハリーポッターシリーズの最終作、ハリーポッターと死の秘宝Part2.

この作品では、いよいよ最終話。

ハリーは、上手く、分霊箱をすべて破壊して、宿敵ヴォルデモートを倒すことが出来るのか、必見の作品となっていますよ。

 

今回は、ハリーポッターと死の秘宝Part2の動画の視聴方法、あらすじや解説、スネイプの特集も組みながらご紹介していきます。

 

ハリーポッターと死の秘宝2の動画のあらすじ解説!

ハリーポッターと死の秘宝Part2動画視聴法!あらすじ解説や感想・吹き替え声優、スネイプ特集も必見

それでは、続いて、ハリーポッターと死の秘宝Part2のあらすじを初めにチェックしていきましょう。

 

第1幕:迫りくる闇と戦う3人

闇の魔法使い・ヴォルデモートは死の秘宝の一つであるニワトコの杖を手にすることになります。

3つ存在すると言われている死の秘宝をもしもヴォルデモートが集めてしまった場合、さらに力を増し、滅ぼすことが難しくなります。

そこで、ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人はヴォルデモートの陰謀を阻止するために同じく死の秘宝を探すことになりますが、それと同時にヴォルデモートの魂の一部が宿っている7つの分霊箱を破壊する作業も着々と進めていきます。

 

ヴォルデモート卿は手下の死喰い人とともにホグワーツを包囲して抵抗をしようとするものたちと戦っています。

魔法界の大半はヴォルデモート卿に屈していて、その勢力に抵抗するのはホグワーツのみという状態になっていました。

しかし、スネイプが校長の座に座り、また教員もヴォルデモート卿の支配下の人間が教員になって危機的な状態にありました。

 

第2幕:スネイプの死

迫りくるヴォルデモートの勢力に対抗するために、マクゴナガルは学校の中の守護石像を魔法の力で動かします。さらに、他の教員たちと力を合わせて、ホグワーツにヴォルデモート卿の一行の侵入を防ぐために魔法学校全体に守りの結界を張り巡らせます。

しかし、ヴォルデモートの勢力が攻めてきて、ロンの双子の兄の片方のフレッド、ハリーの父の友人のリーマス・ルーピン、さらに、不死鳥の騎士団のメンバーでリーマスの妻のニンファドーラが亡くなります。

 

そんな中、ダンブルドアの墓から奪い取ったニワトコの杖を使うヴォルデモート。しかし、ニワトコの杖はヴォルデモートの言うことを聞こうとしません。

ニワトコの杖は真の持ち主に絶対的な忠誠を誓って威力を発揮する杖。

ダンブルドアを殺したのがスネイプだったこともあり、スネイプを殺したらその真の力を発揮できると考えたヴォルデモートはスネイプのもとに足を運び、スネイプをナギニに殺させます。

 

第3幕:スネイプの過去の記憶と真実

スネイプの死に間際にスネイプは過去の記憶をハリーに送り、ハリーは真実を知ることになります。ハリーの母のリリーとスネイプは幼馴染で、リリーがハリーの父・ジェームズと結婚してもスネイプはリリーのことを愛していました。

 

しかし、自分の情報をきっかけとして、リリーがヴォルデモートに殺されてしまったことを嘆いたスネイプは、そのときからヴォルデモートの手下のふりをしつつ、ダンブルドアに協力をしていたのでした。

さらに、ハリーはヴォルデモート卿の魂の一部が自分自身であることを知り、ハリー自身が分霊箱であったことを知ります。

そこで、ハリーは自分自身が死ぬことで分霊箱が破壊されるために、ヴォルデモート卿のもとに足を運ぶことになります。

 

第4幕:決戦

ハリーは死の秘宝の一つである死者と会話することができる「蘇りの石」を取り出し、父や母、名付け親のシリウスとの思い出を胸に刻み、ヴォルデモートに殺されます。

すると、何かが起きました。ハリーはキングスクロス駅のような白いホームにいました。

そして、死んだはずのダンブルドアと会話をします。その後、もとの世界に帰って戦うと決めたハリーは自分自身のもとの肉体で意識が戻ります。

 

ヴォルデモートは「ハリーを殺した」ことを知り、捉えていたハグリットにハリーの身体を運ばせて、降伏させるためにホグワーツの前にいきます。

しかし、ハリーが生きていることがわかり、再び激しい交戦がホグワーツで行われることになります。

 

最後の決戦でヴォルデモートはニワトコの杖を使ってハリーを攻撃しつつ圧倒されつつも、ネビルがナギニをグリフィンドールの剣を使って破壊します。

ナギニ自体も分霊箱でヴォルデモートのチカラが落ち、不死身ではなくなってしまったヴォルデモート。

 

さらに、ニワトコの杖の真の持ち主は、ダンブルドアから杖を跳ねたマルフォイ、そして、マルフォイから杖を跳ねたハリーに移っていて、最後に激しい魔法の攻撃を加えるものの、ニワトコの杖はヴォルデモートの言うことを聞かず、ハリーの攻撃でヴォルデモートは消滅してしまいます。

 

19年後、ハリーとジニー、ロンとハーマイオニーは結婚していて、その子供たちがホグワーツに入学します。

ハリーの子供は、アルバス・セブルス・ポッターという名前でした。

 

>> ハリーポッターと死の秘宝Part2の動画を無料視聴するためには?

 

ハリーポッターと死の秘宝Part2の死者は?

ハリーポッターと死の秘宝Part2の死者は以下の通りです。

  • グリンゴッツの小鬼→27章。ヴォルデモートに殺される
  • ビンセント・クラッブ→31章。「悪霊の火」の制御を失い焼け死ぬ
  • フレッド・ウィーズリー→31章。死喰い人の起こした爆発で死亡
  • セブルス・スネイプ→32章。大蛇ナギニに殺される
  • リーマス・ルーピン→33章。死喰い人との戦いで死亡
  • ニンファドーラ・トンクス→33章。死喰い人との戦いで死亡
  • コリン・クリービー→34章。死喰い人との戦いで死亡
  • ベラトリックス・レストレンジ→36章。モリーの「失神呪文」で倒される(気絶の可能性あり)
  • ヴォルデモート→36章。ハリーとの決闘に敗れる

 

ちなみに、既に死んでいた人物と判明するのは以下の通りです。

  • ケンドラ・ダンブルドア→8章、28章、35章。アリアナの発作に巻き込まれて死亡
  • アリアナ・ダンブルドア→8章、28章、35章。発作で死亡
  • レギュラス・ブラック→10章。分霊箱入手の際、亡者に湖に引きずり込まれ死亡
  • バチルダ・バグショット→17章、22章。ハリーと出会う以前にヴォルデモートに殺されたことが判明
  • ヘレナ・レイブンクロー→31章。「血みどろ男爵」に殺され、ゴーストになった
  • 「血みどろ男爵」→31章。ヘレナを殺したのちに自殺し、ゴーストになった

 

ハリーポッターと死の秘宝Part2の動画を見た人たちの感想は?

それでは、死の秘宝Part2を見た人たちはどのようなことを感じたのでしょうか?

20代男性
話の内容はとても印象に残るものでした。一ついうなら最後の方でヴォルとの戦いが短かったような気がします。

あそこまで長い割に、最後の戦いはやや短かったような気はします。

とはいえ、最後にネビルが最後に活躍したのは正解だったと思います。

大人になったマルフォイとハリーの対面するシーンもあってほしかったです。

40代女性
とりあえず、熱い!

戦うシーンやアクションがとても多くて、子供には見せられないかもしれませんが、、、。

スネイプとネビルがいい役をしていました。

今回の作品はスネイプのための映画だったのかもしれません。ネタバレレシーンが印象的

20代男性
学校が蹂躙され生徒が次々と殺されていくバトルロワイヤル的要素と、デス・イーター達とホグワーツの魔法使い達との戦争映画というような要素もあって、児童文学という枠を超えてしまったように思います。

子供にはよくない凄惨な映画で、初めの方から登場している人物も結構死にますし。

とはいえ、映画としては大作であることに間違いなく、ここまで見た人たちからすると最終地点でもあるので、これでいいような気がしました。

20代女性
観終わっての感想ですが、残念ながら本を読まないとわからないことだらけです。

やはり、今までの展開をみていないとなかなか内容が掴めず、結局想像にお任せというような気がします

一度必ず本を読むことをおすすめします。

ハリーのお父さんはよくない人っぽい、スネイプはかわいそうすぎるし、ダンブルドアは結局いい人なのかどうかわからない。何か中立の立場のような。

また、なんでハリーが生き返ったのかも不明。

このあたり、本を読んで真相を知ったのですが、やっぱり、本を知っておかないとこのストーリーを完全に理解することは出来ないです。

30代男性
見終わった後ですが、主人公のハリーの活躍や決意も印象的だったのですが、普遍的な母の強さを実感しました。

ハリーの母親、リリーはまっすぐで純粋でとても強い人であったことを知りました。

後、男には裏と表があるというようなスタイルは作者自身離婚を経験していることもあってなのか…。

スネイプ、ダンブルドア、シリウス、ジェームス。

児童文学は気遣いはありつつも大人も楽しむことが出来る謎解き的な作品でした。

全体的に、戦いのシーンが少なかったような気はしますが。。。各役者に見せ場があって、ラストにふさわしい内容だったように思います

30代女性
原作を読んでいるので、展開は知っていたのですが、終わってしまったという感慨深さと、先生たちの格好良さに感動しました。

学校の先生が生徒たちを守るために立ち上がるのは見ていてとても感動的でした。

二部に分かれると知った初めは、今まで二部に分けることなく進めてきたのに、最後に限って二部に分けても問題ないのか?って不安でした。

なのですが、一部と二部を通してみると、不安を吹き飛ばすくらいしっかりとした作品になっていて、個人的には満足です。

改めて、ハリーポッターは映画向けの作品だったと思います。魔法の世界を垣間見せてくれて感謝です。

10代男性
10年におよぶ歳月と壮大で奇抜なストーリー。

久しぶりに全部の作品をエンドロールで見返しました。

この作品のすごいところは、時間軸の長さと、人気があるから続編を続ける邦画ではなく、なんとしてでも長編作品をまとめあげようとするプロデュース力にあります。

こんな壮大で偉大な作品というのはこれからもなかなか生まれるものではないように思います。

ここまで感動が続いて、興奮した映画は皆無に近いです。もう一度、原作者とスタッフの人たちに感謝

20代女性
全編クライマックス!スケール感抜群。迫力満点!!

悲壮感を劇的に打破してゆく展開がドラマ性に優れていました!死の秘宝(ニワトコの杖、透明マント、蘇りの石)を手にして荘厳な死の世界と支えられた遺志によって、勇気で前に進み、圧倒的な死と対峙することになるハリーポッター。

過酷な運命に終止符を打つことになる終盤が感動しました。エモーショナルに生と死を伝える見事なファンタジーだった。

>> ハリーポッターと死の秘宝Part2の動画を無料視聴するためには?

 

ハリーポッターと死の秘宝Part2の吹き替え声優は?

ハリーポッターと死の秘宝2の無料視聴法!スネイプや声優・あらすじなどを特集!

死の秘宝の声優は以下の通りです。

  • ハリー・ポッター············· 小野賢章
  • ロン・ウィーズリー············· 常盤祐貴
  • ハーマイオニー・グレンジャー············· 須藤祐実

 

  • ネビル・ロングボトム············· 上野容
  • ルーナ・ラブグッド············· 三村ゆうな
  • ジニー・ウィーズリー············· 高野朱華
  • フレッド・ウィーズリー············· 尾崎光洋
  • ジョージ・ウィーズリー············· 尾崎光洋
  • シェーマス・フィネガン············· 渡辺悠
  • ディーン・トーマス············· 山本隆平
  • ナイジェル············· 海鋒拓也
  • オリバー・ウッド············· 川島得愛
  • チョウ・チャン············· 川庄美雪
  • パンジー・パーキンソン············· 東條加那子

 

  • ドラコ・マルフォイ············· 三枝享祐
  • グレゴリー・ゴイル············· 辺土名龍介
  • ブレーズ・ザビニ············· 河西健吾

 

  • アルバス・ダンブルドア············· 永井一郎
  • セブルス・スネイプ············· 土師孝也
  • ルビウス・ハグリッド············· 斎藤志郎
  • シリウス・ブラック············· 辻親八
  • リリー・ポッター············· 田中敦子
  • ジェームズ・ポッター············· 後藤敦
  • ミネルバ・マクゴナガル············· 谷育子
  • リーマス・ルーピン············· 郷田ほづみ
  • モリー・ウィーズリー············· 一龍斎貞友
  • ビル・ウィーズリー············· 佐藤拓也
  • フラー・デラクール············· 小笠原亜里沙
  • キングスリー・シャックルボルト············· 立川三貴
  • フィリウス・フリットウィック············· 田村錦人
  • ホラス・スラグホーン············· 森功至
  • シビル・トレローニー············· 幸田直子
  • アーガス・フィルチ············· 浦山迅

 

  • アバーフォース・ダンブルドア············· 菅生隆之
  • ヘレナ・レイブンクロー············· 愛河里花子
  • グリップフック(ゴブリン)············· 宮澤正
  • ボグロッド(ゴブリン)············· 後藤哲夫
  • オリバンダー············· 小林勝也
  • 若いペチュニア············· 諸星すみれ(子役)
  • 若いスネイプ············· 野口 響(子役)
  • 若いリリー············· 出野泉花(子役)
  • 若いジェームズ············· 橘 敏輝(子役)

 

  • ベラトリックス・レストレンジ············· 高乃麗
  • ルシウス・マルフォイ············· 諸角憲一
  • ナルシッサ・マルフォイ············· 佐藤しのぶ
  • パイアス・シックネス············· 家中宏
  • ヴォルデモート············· 江原正士

 

ハリーポッターと死の秘宝のスネイプ特集!

https://www.instagram.com/p/BQx05mLjimA/?tagged=%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%97%E5%85%88%E7%94%9F

第1作品目から必ず登場しているセブルス・スネイプ。

ここまでは、ハリーポッターを嫌な感じでへしらったり、ダンブルドアを殺したりということで、非常にネガティブに描かれていて、いいと思っていた人たちは本当に数少なかったと思いますが、本作品で評価が一転してしまいます。

今回の作品では、ヴォルデモートを倒すということと、もう一つ非常に重要なのがセブルス・スネイプという人物の描き方。

 

ちなみに、ハリーポッターの中で人気のキャラクターランキングというのがあるのですが、そちらでは

1.セブルス・スネイプ
2.ロン・ウィーズリー
3.ハリー・ポッター
4.ハーマイオニー・グレンジャー
5.シリウス・ブラック
6.リーマス・ルーピン
7.アルバス・ダンブルドア
8.ネビル・ロングボトム
9.ドビー
10.ルーナ・ラブグッド

出典:http://npn.co.jp/article/detail/34237835/

このようにセブルスがダントツ1位になっているのです。

 

ちなみに、J.K.ローリングも「ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人がヒーロー的な役割を果たしている一方で、スネイプがJ・K・ローリングの最も重要でかつ複雑なキャラクターであることは間違いないです」と話しています。

 

スネイプの人生は?

スネイプの人生の流れを簡単にみておきましょう。

出生

1960年1月9日、スピナーズ・エンドに住むスネイプ家に生まれます。

スピナーズ・エンドは、廃墟となった工場と汚れた川の近くにある荒れ果てた袋小路の名です。

 

ホグワーツでのリリーとの出会いと心の乖離

そして、9歳から10歳のときに、ハリーの母親リリーと出会います。

リリーには初めて会ったときから惹かれていて、マグル生まれのリリーに魔法界のことを色々と教えている中で情を通わせるようになります。

 

1971年、ホグワーツに入学して、入学時点で既に上級生よりも多くの闇の魔術を知っていることもあり、スリザリン生の間でも異端児として扱われることになります。

しかし、リリーとの友人関係が続いていて、リリーに好意を同じく寄せていて闇の魔術を嫌うハリーの父、ジェームズポッターと対立することになります。

ジェームズと彼の友人のシリウス・ブラックやリーマス・ルーピン、ピーター・ペティグリューのいじめに合うことになります。

 

そして、寮が分かれてしまい、リリーとの心の距離は学年を重ねるたびに開いてしまうことになります。

彼女の心を取り戻すために、一番優秀な闇の魔法使いの死喰い人になるしかないと思って、さらに闇の魔術や純血主義という思想に傾倒していきます。

このようなこともあり、マグル生まれのリリーを「穢れた血」とうっかり侮辱してしまい、友情を失います。

しかし、リリーへの思いを断ち切ることは出来ませんでした。

 

二重のスパイ活動

ホグワーツを卒業すると死喰い人に加わることになり、不死鳥の騎士団をスパイする任務を与えられることになります。

そんなとき、自分と対立していたジェームズとリリーが結婚をしてしまいます。

 

そんなときヴォルデモートがポッター家の命を狙っていることを知り、リリーの命を守るためにヴォルデモートを裏切り、ダンブルドアを頼るようになります。

このときに、闇の陣営の密偵も兼ねる二重スパイ状態になります。

 

しかし、スネイプの思いにも関わらず、1981年にリリーはヴォルデモートに殺されることになります。

リリーを守ることが出来ず絶望と悲しみにくれていたスネイプにダンブルドアから諭され、リリーの遺志を継いで、彼女の息子を守ることを誓います。

 

 ハリーの入学と影の支援

1991年にホグワーツに入学してきたハリー。

ハリーに憎き恋の敵のジェームズの面影をみたスネイプは激しく偏見を抱くものの、リリーの息子を守るという誓いのために、ダンブルドアに従って行動します。

それから、ハリーポッターシリーズで登場したお話の通り、ここでは謎の多い人物として描かれます。

 

1996年に事前にダンブルドアとの打ち合わせの上、ダンブルドアを殺してホグワーツから亡命します。

そのあと、 ヴォルデモート卿が魔法界を掌握して、その力からホグワーツの校長に就任することになります。

 

表向きにはヴォルデモートに従いつつも、裏ではダンブルドアの命で、ハリーを陰から支援することに。

 

セブルス・スネイプの死

1998年5月2日にホグワーツ防衛隊と死喰い人が戦う中で、ニワトコのチカラを引き出すためヴォルデモートがナギニに致命傷を負わせます。

その直後に現れたハリーに自分自身の記憶を託し、リリーの眼と同じハリーの眼を見て最期を迎えます

 

ここまでがスネイプの生い立ちになります。

>> ハリーポッターと死の秘宝Part2の動画を無料視聴するためには?

 

スネイプに対する感想は?

ハリーポッターと死の秘宝2の無料視聴法!スネイプや声優・あらすじなどを特集!

それでは、スネイプに対して視聴した人たちはどのような感想を抱いたのかチェックしていきましょう。

20代男性
悲しい人生を送ってきていて多分、スネイプ自身は早く死にたかったのかもしれない。それでも生きていてほしかった。

ハリーの安全を守れた今、彼自身の幸せを探して欲しかった。

多くの読者が彼の想いを知り、感動し、尊敬の念を抱いていることを彼が知れば、少しは慰みになるだろうか。

40代女性
ハリーの緑の目(リリーの目が緑)がスネイプをとらえたら息を引き取ったので、スネイプはハリーの中にリリーが見えて現在の(年齢の)スネイプがハリーの中で生きているリリーに向けて放った言葉にも思えてならないのでした。

最後の時に、最愛の人と同じ目を持つ緑の瞳に見つめられたことは、彼にとって安らぎになったのではないだろうか。

20代男性
とにかく、1作目からセブルス・スネイプが好きだ。このシリーズは主人公であるはずの3人より、魅力的なキャラクターが山ほどいるのが長所でもあり、短所でもあると思う。本作も完全にスネイプの映画と言っても過言ではないだろう。

というかんじでかなりの高評価!

さらに、俳優のアランリックマンさん。亡くなられたのですが、今なお多くの人にあいされています。

 

 ハリーポッターと死の秘宝Part2の動画を無料視聴するためには?

それでは、ハリーポッターと死の秘宝2の無料視聴方法についてチェックしていきましょう。

 

死の秘宝を視聴するのであれば、U-NEXTというサービスがおすすめです。

こちらのU-NEXTというのは動画配信サービス。

日本や海外のドラマやアニメ、映画などの作品を月額制で視聴することが出来ます。

 

一部の作品にはポイントが必要になるのですが、はじめに600pt無料で配られますので、こちらを利用すれば、ほぼすべての作品を視聴できます。

 

今なら31日間無料で動画を視聴することが出来るキャンペーンを行っているということもあり、一度契約してみてはいかがでしょうか?

 

もしも合わないと思えば、1ヶ月以内に解約すると、一切お金はかかりません。

アニメやドラマ、映画のファンの多くが利用しているU-NEXT、この機会に是非とも申し込んでみてくださいね!

 

>> U-NEXTの登録はこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*