最新映画情報【洋画編】予告やおすすめランキング2017&2018も紹介!

蒼井さくら

ここでは、最新映画情報【洋画編】を紹介していきます!

また、最新の洋画動画を視聴するうえで、どの洋画がおすすめなのかもよくわかりませんよね。

 

そこで、おすすめの動画についてもランキング形式で紹介していますので、是非ともこの機会にチェックしてみてくださいね。

国内で話題になっている者から、既に公開されているものまで、多数の作品がありますので、次にどの洋画を視聴するかの参考にしてみてくださいね。

お好きなところからどうぞ

2017年度最新映画情報【洋画編】

最新映画情報を時系列順に紹介していきます。

新しい作品ほど前に、古くなるほど、後ろの方に執筆していきますので、どの作品を視聴するのかの参考にしてみてくださいね。

 

2017年12月最新映画情報

オリエント急行殺人事件

この映画の原作は、ミステリーの女王アガサ・クリスティーが1934年に発表した長編推理小説「オリエント急行の殺人」です。

名探偵エルキュール・ポアロを演じるのはケネス・ブラナー。

その他、パイレーツオブカリビアンで活躍したジョニー・デップ、デイジー・リドリー、ペネロペ・クルス などオールスターキャストで本作品は描かれます。

公開日:2017年12月

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

2017年15日公開になる映画、スターウォーズ・ジェダイ。

2016年の冬に公開された映画「スターウォーズ・フォースの覚醒」の続編になります。

主人公のカイロ・レンとルーク・スカイウォーカーとの出会いをリアルに描きます。

最後のジェダイということで、いったい、何を指すのかも気になりますよね。

ルークは、「私が知る真実はひとつ、ジェダイは滅びる」とレンに語りかけます。

公開日:2017年12月15日(金)

 

2017年11月最新映画情報

ジグソウ:ソウ・レガシー

2004年より、世界を恐怖と衝撃に陥れてきた映画『ソウ』。

これ以来、2010年の『ソウ ザ・ファイナル3D』まで毎年ハロウィンに新作が公開され、多くの映画ファンを虜にしてきた大ヒットシリーズ。

2017年には、さらに新しい新章が幕を開けることになりますよ。

公開日:2017年11月10日(金)

 

マイティ・ソー バトルロイヤル(11月3日公開)

最強の神ソーvs最強の敵ヘラを描きます。

アベンジャーズでもお馴染みソーを主人公にした「マイティ・ソー」シリーズの最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』。

今回の敵は最強の武器ムジョルニアを簡単に破壊&圧倒的なパワーでソーを宇宙の果てに弾き飛ばすほどの力を持っている最強神。

囚われの身となったソーはどのようにして、この困難を乗り越えていくのか必見な作品です。

公開日:2017年11月3日(金・祝)

2017年10月最新映画情報

ブレードランナー 2049

リドリー・スコット監督映画『ブレードランナー』の続編の映画化が、34年の歳月を経て遂に実現した『ブレードランナー 2049』。

今回の続編で舞台となるのは、1982年に公開されたオリジナル作品から数十年後の世界です。

リドリー・スコットは製作総指揮、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、ライアン・ゴズリングが、新人ブレードランナー“K”として登場。

こちらもどのような展開になるのか、楽しみですよね。

公開日:2017年10月27日(金)

 

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

2011年から続いている「猿の惑星」の新シリーズ第3作目です。

平和を祈って、人類との共存を望んでいた猿のカリスマ的なリーダー、シーザーの理想が撃ち抜かれた全作品の「新世紀」の2年後を描いた作品。

シーザーが最愛の家族を殺害されるところから物語はスタートします。

 

強力な軍隊を統率して、シーザーの抹殺をもくろむ最強の敵の大佐が登場。

シーザーの怒りやプライド、大佐の執念や狂気が錯綜する中で、猿と人類の生き残りをかけた戦いが今幕をあけます。

 

2017年9月最新映画情報

 

ドリーム(9月29日公開)

NASAのもとリケジョの活躍を描く実話です。

舞台は1960年代初頭の旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争の時代です。

「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳としてとても重要な役割を演じた3人の女性がいました。

近年までほとんど語られなかった3人にフォーカスし、性別や人種を超えて活躍する彼女たちをとりあげます。

 

プラネタリウム(9月23日公開)

 

ナタリー・ポートマンやリリー=ローズ・メロディ・デップ(ジョニー・デップの実娘)が姉妹演じるミステリー作品です。

1930年代のアメリカのスピリチュアリスト、ローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリに向かいます。

聡明な姉のローラはショーを仕切っている野心家で、純粋なケイトは自分の世界に閉じこもりがちでした。

 

死者を呼び寄せる降霊術ショーを披露して、話題の美人姉妹として、お金を稼ぎだすことになります。

そんな二人の才能に魅せられたやり手の映画プロデューサーのコルベンは、世界初の映画を撮影しようと姉妹と契約するすることになります。

彼女たちのチカラは本当なのか。姉妹の運命が狂い始めていきます。

 

監督はカンヌ国際映画祭の監督週間部門で絶賛され次世代の監督として称賛された美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキ。

『ブラック・スワン』を超える野心を抱く姉ローラをナタリー・ポートマンが、ピュアでイノセントな妹ケイトをリリー=ローズ・デップが担当します。

この作品は実際に存在したスピリチュアリストの先駆者フォックス三姉妹と、フランスの伝説映画プロデューサーのベルナール・ナタンがモデルになっています。

 

スイス・アーミー・マン(9月22日公開)

本作品はハリーポッターシリーズで活躍したダニエル・ラドクリフが登場します。

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。

いくら待っていても、助けが来なくて、絶望の淵で自ら命を絶とうとしていたときに、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着きます。

ハンクはその死体からガスが出ていて、浮力を持っていることに気が付きます。

 

まさかと思ったものの、その力は次第に強まって、死体が勢いよく沖に動き出します。

ハンクは意志を固めて、その死体にまたがると、ジェットスキーのように発進します。

この様々な便利な機能をもっている死体の名前はメニ―。

苦境の中で死んだような人生を送っていたハンクに対して、メニーは記憶を失って、生きる喜びを知りません。

 

生きることに欠けた二人が力を合わせることを約束します。

2人は上手く大切な人がいる故郷に帰ることが出来るのか、必見です。

 

 

ダンケルク(9月9日公開)

『ダークナイト』3部作や『インセプション』、『インターステラー』などを作成したことで有名なクリストファー・ノーラン監督の最新作、映画『ダンケルク』。

この作品では、1940年にドイツ軍に侵攻されたフランス北部の都市のダンケルクから、軍の船や民間船まで、あらゆる手段を動員して、イギリス軍とフランス軍の兵士約300万人を救出したダンケルクの戦いを映像化した壮大なサスペンス映画になっています。

公開日:2017年9月9日(土)

>> ダンケルクの映画のキャストやあらすじ評価、公開日予告!クリストファーノーラン監督を解説

>> ダンケルクの感想レビュー口コミはこんなかんじ!解説

 

あしたは最高のはじまり(9月9日公開)

本作品は、プレイボーイとゲイ。

この正反対の男2人による子育て奮闘記が描かれることになりす。

もともとはメキシコ映画原作で、フランスでリメイクされることになった作品です。

 

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮の『ジュラシック・ワールド』や、トム・ハンクス主演の『インフェルノ』など、ハリウッド超大作への出演が続いていたオマール・シーが登場します。

 

オマール・シーが、人生はパーティー、恋とダンスに音楽さえあればすべてはOKの超お気楽な男、サミュエルを演じます。

しかし、ある事情からシングルファザーになります。

なんとかゲイの友人ベルニーのサポートを得て、サミュエルの180度激変した人生がスタートします。

 

ザ・ウォール(9月1日公開)

イラク戦争で37人の米兵を殺害したとされる、実在のイスラム狙撃手、ジューバとの戦いを描いた戦争映画です。

「ジョージ・ブッシュよ、お前へのプレゼントだ。私はこれから9人のアメリカ人を殺す。神は偉大なり」と宣言して、その後アメリカ軍兵士が次々と狙撃される様子が流されました。

この映像は世界中から注目を集めることになって、欧米諸国を震撼させてしまいます。

イラクの若者にはヒーローとしてあがめられることになって、占領者への象徴になっていました。

本作品は、ジューバが最後に狙ったとされているアメリカ兵との戦いをもとにして描かれます。

 

 

2017年8月最新映画情報

ハイジ アルプスの物語』21世紀版ハイジとして実写化

21世紀版のハイジがここに誕生します。もともとは、児童文学の名作「アルプスの少女ハイジ」。

そんなハイジを生んだスイスがハイジを実写映画化。アルプスの壮大な自然に包まれた無邪気に遊んでいるハイジとペーター。

草のベッドに寝転んだり、とろけるチーズをパンにのせたり、頬張ったりと。懐かしいあの時のシーンが実写版としてよみがえります。

 

公開日:2017年8月26日(土)

 

ワンダーウーマン

女性だけが住んでいるパラダイスを統治しているヒッポリタ女王の娘(=プリンセス)として生まれて、圧倒的な美貌と美しさを持っているダイアナ。

彼女が自分の真の姿や運命に気づいて、ワンダーウーマンとして生きていくまで、その活躍を描いていきます。

公開日:2017年8月25日(金)

 

ベイビー・ドライバー

天才的なドライビングテクニックを持ち、犯罪組織の“逃がし屋”として生きる若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。

運命の女の子デボラとの出逢いがきっかけになって、犯罪現場から足を洗うことを決意するものの、、、。

機転の効いたコメディセンスとヴィジュアルの魅せ方で人気のエドガー・ライト監督の新作。いったいどのような展開になるのか必見な映画です。

公開日:2017年8月19日(土)

 

スパイダーマン:ホームカミング

スパイダーマンシリーズの最新作『スパイダーマン:ホームカミング』は、アイアンマンと夢の競演を果たすことが今注目されています。

まるで部活動のノリで街を救うヒーロー気取りの高校生ピーター。

その能力を見出すアイアンマンこと、トニー・スターク。

ピーターは、自分の力を認めてもらうために、街に飛び出すことになりますが、、、。

彼の本当のヒーローとしての道がどのように開かれるのか必見の作品となっています。

ちなみに、新スパイダーマンを演じるのは1996年生まれのトム・ホランドです。

公開日:2017年8月11日(金・祝)

2017年7月最新映画情報

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

マクドナルドという”世界最強のハンバーガー帝国”を築きあげた男、レイ・クロックの物語です。

既にキャリアの終盤とも言える50歳を過ぎた頃に、ハンバーガーチェーンの構築に奔走する一人の男の野心と、その成功の裏にある裏切りを描いていきます。

公開日:2017年7月29日(土)

 

2017年6月最新映画情報

20センチュリー・ウーマン

この作品は、自身の母親をテーマに、1970年代後半の南カリフォルニアで、思春期の少年と愛と自由を探し求める3人の女性たちの夏の物語となっています。

アネット・ベニングが主演を演じて、その演技が絶賛されていますよ。

公開日:2017年6月3日(土)

2017年5月最新映画情報

 

メッセージ

映画『メッセージ』は、アメリカ人作家テッド・チャンによる短編小説「あなたの人生の物語」を映像化した作品となっています。

この作品は映像化不可能と言われていましたが、今の科学の力を使うことで、上手く描くことに成功しています。

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。

その内部にいる謎の知的生命体と意志の疎通をはかるため軍に雇われた言語学者・ルイーズを主人公に、彼らが人間に何を伝えようとしているのかを探っていくサイエンスフィクションとなっています。

公開時期:2017年5月19日(金)

 

マンチェスター・バイ・ザ・シー


サンダンス映画祭で話題になり、その後、主要な映画賞を席捲する話題作です。

人から避けるように孤独に生きていたリー・チャンドラー。ずっと心を閉ざしています。

兄の死をきっかけに生まれ故郷”マンチェスター・バイ・ザ・シー”に戻り、甥のパトリックの後見人となっています。

つらい過去を持ちながら、甥と一緒に懸命に生きて、懸命に困難を乗り越えようとする姿を描いていく作品です。

ケイシー・アフレックが『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の名演でアカデミー主演男優賞を受賞した作品です。

公開日:2017年5月13日(土)

2017年4月最新映画情報

美女と野獣(ラブストーリー)

ディズニーアニメ「美女と野獣」の実写映画です。アニメーションの公開から25周年目にエマ・ワトソンがベル役で主演を演じます。

野獣役はダン・スティーヴンス、父親のモーリスをケヴィン・クライン、野獣の城のウェイターでろうそくのルミエール役にはユアン・マクレガーなど、とても有名で豪華なキャストがそろっています。

今までにも実写化されてきた美女と野獣ですが、アニメーション映画史上初のアカデミー作品賞ノミネート、作曲賞と歌曲賞を受賞したものの実写化。日本でも大好評でした!

公開日:2017年4月21日(金)

 

T2 トレインスポッティング

トレインスポッティングの待望の続編、映画『T2 トレインスポッティング』です。

大金を持ち逃げしてから20年ぶりにオランダからエディンバラに舞い戻ってきたマーク・レントンと、御馴染みのメンバーが再会します。

彼らが選ぶ未来の選択とはいったいどうなっているのでしょうか?

公開日:2017年4月8日(土)

 

2017年3月最新映画情報

ムーンライト


アカデミー賞を受賞した作品、ムーンライト。

この作品では、ドラッグやいじめ、虐待、父親の不在といった、数多くの傷を負いつつも、強く生きる黒人少年のシャロンを描きます。

賞レースを席捲。アカデミー賞では、作品賞発表の際、間違ったタイトル名で呼ばれたことがあったようですが、ムーンライトが受賞しています。

公開日:2017年3月31日(金)

 

ラ・ラ・ランド

アメリカ・ロサンゼルスを舞台に、女優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンの恋模様を描いたミュージカル作品『ラ・ラ・ランド』。

この作品のセバスチャン役にはライアン・ゴズリング、ミア役にはエマ・ストーン。

アカデミー賞では、主演女優賞(エマ・ストーン)、監督賞(デイミアン・チャゼル)を受賞しています。日本でも話題になった作品ですよね。

公開日:2017年2月24日(金)

 

 

おわりに

ということで、今回は洋画の最新映画情報について紹介してきましたがいかがでしょうか?

気になる映画作品をチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*