SPドラマ動画を1話から無料視聴できる方法は?SPの過酷な使命

SPドラマ動画を1話から無料視聴できる方法は?SPの過酷な使命
蒼井さくら

2007年と言うとすでに10年以上前になりますが、当時、大ヒットしたドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係(以下、SP)」をご存知でしょうか?

 

深夜枠で始まったドラマとしては異例の視聴率と、V6の岡田准一さんが本格的な俳優として実力を発揮しはじめた先駆け的作品となっています。

 

「そんな事ない!岡田准一はその前からドラマとか出てた!!」

という、もっともなご意見もあるかと思います。

 

SPの前に岡田さんが出ていたドラマと言えば、「木更津キャッツアイ」や「タイガー&ドラゴン」など。

さくらとしては、どうしてもアイドル枠的な感覚が拭えないかなって思ってました。

 

ですが、SP主演後から大河ドラマや「永遠の0」などに出演されています。

俳優・岡田准一の分岐点はこのSPではないかと?!・・・と、強く思っているさくらです。

 

現在は日本アカデミー主演男優賞を取られる程の、日本を代表する俳優さんの1人となられた岡田さんです。

その岡田さんの魅力が満載で、現在でも根強いファンが多い「SP」をご紹介して行きたいと思います!

 

SPドラマ動画1話の基本情報は?

まずは、SPの基本情報からお伝えしたいと思います。

 

  • 放送期間:2007年11月から2008年1月
  • 放送時間:土曜夜23時10分から23時55分
  • 放  送  局:フジテレビ
  • 視  聴  率:初回14.5%/最終回18.9%(平均視聴率15.5%)
  • 主  演:岡田准一(V6)

 

概要:警視庁警備部警護課第四係機動警護班とは、特定の担当要員を持たない班で、第1から4係の要請や欠員補充などの際に応援警護につくという特殊班となります。

主に、新人SPがまずはここに配属され、様々な経験を積む場となっている・・・とも言われています。

この機動警護班に所属する、特殊能力を持った井上薫(岡田准一)と、その仲間達がテロリストと戦う姿を描いたテレビドラマです。

 

SPはドラマ動画から漫画になった

2010年から2012年にかけて、「ビッグコミックスピリッツ」でSPの漫画が連載されました。

 

最近は漫画が原作となり、ドラマや映画が製作されるパターンはとても多いですが。

SPは逆に、ドラマから漫画に発展した珍しいパターンです。

しかも、ドラマ放送が終了してから約2年後にスタートしています。

 

それだけ根強い人気が高く、話題性に富んだドラマだったと言えます。

 

SPドラマ動画1話を無料で視聴するには?

SPの基本情報をご紹介しましたが、すでにご覧になってみたいと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は『SP警視庁警備部警護課第四係』のように他社のビデオオンデマンドで配信されていなかったり、有料配信の作品を視聴するときにおすすめな方法は『TSUTAYADISCAS』を使用する方法です。

TSUTAYA DISCASとは、スマホやPCやタブレットで視聴できる動画配信と共に、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスです。

しかもDVDレンタルもかなり画期的で、視聴したDVDは専用の袋に入れて郵便ポストに投函するだで返却が完了して、延滞料金等の発生もしません!

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料お試しキャンペーンを実施しています。

このキャンペーン中ならサービスが気に入らなくても30日以内に解約すれば、あなたのお金は一切かかることはありません。

30日間の無料お試しキャンペーンはいつ終了するかわからないので、今すぐにでも登録したほうが良いですよ。

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『SP警視庁警備部警護課第四係』を視聴する↑↑↑

 

SPドラマ動画1話のキャストご紹介

TSUTAYA DISCOUNTでSPを視聴する前に、第1話のあらすじをザッとご紹介したいと思います。

 

SP動画:井上 薫【演:岡田准一】

https://www.instagram.com/p/BgIlkWtAPDR/?tagged=sp%E8%AD%A6%E8%A6%96%E5%BA%81%E8%AD%A6%E5%82%99%E9%83%A8%E8%AD%A6%E8%AD%B7%E8%AA%B2%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E4%BF%82

主人公、警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長。

1982年12月20日生。

 

2歳の時に両親をテロで亡くし、その衝撃から、常に脳内が活性化している状態であるという特異体質。

その体質から「シンクロ(音や空気にも共鳴する事で、その場の異物や違和感を察知する能力)」や「フォトグラフィックメモリー(見たものを一瞬で写真の様に記憶する能力)」という特殊能力を持っている。

 

結婚願望が強く合コンに熱心な姿も見えるが、悪気無く相手の癖や食べた物などを言い当ててしまい、なかなか実を結ばない。

 

SP動画:尾形 総一郎【演:堤真一】

警護課第四係機動警護班係長・警部。

1972年7月7日生。

 

井上の上司であり、井上の両親が巻き込まれたテロの目撃者でもある。

東大法学部卒で警視庁のキャリアも望む事ができる程の高学歴だが、一般採用で入庁する。

上層部からも一目置かれており、課の中での信頼も厚い。

井上の過去を知りつつも、部下と上司としての距離を保ちつつ、陰で支えている。

 

SP動画:笹本 絵里【演:真木よう子】

https://www.instagram.com/p/BgObhyZnUmO/?tagged=%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E3%82%88%E3%81%86%E5%AD%90

警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長。

本作のヒロインであり、第四係の紅一点。

 

射撃の元オリンピック選手で、身体能力も高く、その素質は男性隊員にもひけをとらない。

口が悪く男勝りな性格。容姿端麗なクールビューティー。

 

SP動画:中尾 義春【演:江上真悟】

https://www.instagram.com/p/BZL1clMnidj/?taken-by=egamaxmax

警視庁警備部警護課課長・警視。

 

ノンキャリアだが、警視庁の課長まで昇りつめた。

下積み経験が長かったで、SPの仕事上の苦労もよく分かってくれている。

 

SP動画:テロリスト・大男【演:三代目漁武濱田成夫】

ナイフマニアで、スキンヘッドの大男。

 

第1話で井上達に襲い掛かり逮捕されるが、証拠不十分で釈放される。

だが、この件をきっかけに井上に敵対心を持つようになる。

 

SPドラマ動画1話のあらすじを紹介

井上、お見合い失敗

井上「お前はやれる・・・お前はやれる男だ・・・」

自分に言い聞かせるように、ブツブツつぶやいている井上です。

実は、お見合い(という名の友人の紹介)で女性と会う約束をしていました。

 

その場で唐突に、相手の出身地や食べた物を言い当てたり、結婚を前提にお付き合いを・・・なんて言ってしまい、完全に相手はドン引いていました。

 

そこに救いの手(?)の様に、上司・尾形から呼び出しの電話が入ります。

井上「今日もかなりイイ感じだったんですから。」

高いシンクロ能力を持つ井上ですが、こと自分・・・ましてや恋愛に関しては、この能力は全く役に立たないようです(笑)

 

東京都知事を警護せよ

尾形からの連絡は、東京都知事である大川優子(大場久美子)の警護でした。

 

一度本庁に戻って警備を整え、その上で警護に加わった井上です。

知事のすぐ側で警護する訳では無く、周辺に危険人物がいないかチェックしていた井上ですが、そこで1人の男に目が止まります。

 

井上の目に止まった男、ファー付ロングコートをまとったスキンヘッドの男は、足が不自由な様で杖をついていました。

何か怪しいとふんだ井上は、確認する為に人気の無い劇場に男を呼び込み、突然その男を突き飛ばしました。

その時に見えたのは、コートの中に隠し持った無数のナイフでした。

 

男は次々とナイフを取り出し、更には杖を使って攻撃してきます。

その攻撃を見事にかわす井上です。

井上が男を抑え込んだところで尾形が応援に現れます。

尾形から手渡された手錠で、井上は見事、男を逮捕する事ができました。

 

井上のお手柄・・・と思いきや?!

中尾「警備課員の職務はなんですか?」

井上「要人の警護です。」

中尾「警備課員の職務は何ですか?」

井上「あらゆる危険から要人を守る事です。」

中尾「警備課員の職務は・・・・」

課長から、職務以上の出過ぎた行動である事を戒められる井上でした。

大男も、取り調べで「相手から先に手を出してきた」と息巻いていると言います。

 

尾形「SPは、いつまでも動く壁の華でいろ・・・と言う事ですか?」

井上をかばって上司である中尾に意見する尾形です。

ですが中尾も、現場の立場も気持ちも分かっていて、我慢しているのでした。

 

新たな危険人物が

都知事が、小笠原諸島の世界遺産登録に関する記者会見を行う事になりました。

警護する為に、その会場にやってきた井上です。

 

そこで、神経質そうに机を指で叩いている男・郷田に目が止まります。

会場には金属探知機も無いし危険だと助言する井上ですが、記者だけが集まる会見だから危険は無いと言って、会場の外に追い出されてしまいます。

 

都知事が壇上に上がった時、井上が怪しんでいた男・郷田が拳銃を持って都知事に歩み寄ってきました。

まさに都知事に向かって拳銃を発砲しようとしたその時、壇上に滑り込んできた井上が、都知事の盾になります!

 

ですが、そのまま鉄砲の引き金は引かれ、井上は近距離で銃弾をあびてしまいます!

床に伏している井上。

再度、郷田が都知事に向かって発砲されようとしたその時、井上が起き上がり郷田を取り押さえます!

 

危険を察知していた井上は、念の為、防弾チョッキを着ていました。

その為、拳銃を打たれても無事だったのです。

 

捕まった郷田という男。そして・・・

都知事を襲った「郷田」という男、実は以前行われた記者会見で、都知事から直接罵倒され、それを根に持っていました。

 

郷田「僕は東大法学部卒で、バカじゃない・・・」

1人の部屋で、そうつぶやきながら拳銃を準備し、都知事殺害を秘かに計画していたのでした。

井上に取り押さえられた時も「僕は東大法科を出てるんだぞ!チクショー!!」と叫び、抵抗するのでした。

 

今回の事件は無事解決したと思われる反面、以前掴ませたスキンヘッドの大男が、証拠不十分で釈放されました。

その顔には、何かを企てている様子が伺えます。

・・・その時井上は、雨の道路に2人の人が倒れている姿を幻視するのでした・・・。

 

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『SP警視庁警備部警護課第四係』を視聴する↑↑↑

 

SPドラマ動画1話の見所は?

第1話を見ただけでもハラハラが止まらないSPですが、その必見ポイントをチェックしました!

 

岡田准一の本気度!

https://www.instagram.com/p/BZDaCsKgYbh/?hl=ja&tagged=井上薫

現在は、ジャニーズなのに筋肉マッチョとして有名な岡田准一さんですが、その筋トレのきっかけとなったのが、このドラマなんじゃないか?!・・・と思っているさくらです。

 

じつは岡田さんは、このドラマの話を聞いた時からスポーツジムに通い、アクションシーンも自分でこなせるようにと体作りを始めたんだとか。

その期間、なんと1年半!

かなり本格的にトレーニングをつんだものと思われます。

 

それだけ、このドラマにかけていた岡田さんの本気度が伺えます!

 

直木賞作家が脚本!

https://www.instagram.com/p/BgdaajilleT/?hl=ja&tagged=金城一紀

SPは金城一紀(かねしろかずき)さんのオリジナル脚本です。

金城さん曰く「(SPは)誰にも要請されずに制作し、フジテレビに押し売りした企画」という程、気合の入った作品と言えます。

 

そんな金城さんですが、実は脚本家としてだけではなく小説家としても執筆されていて、なんと直木賞受賞作家さんでもあるのです!!

(いや、まぁ脚本家としてより、小説家活動の方が先ですが・・・^^;)

 

『(日本の文芸作品には)読んでて楽しくなく、自分を解放してくれる作品もなかった。だから僕が作家になって、僕らの世代の為のエンタティメント小説を書こうと思った』

というのは、金城さん自身が直木賞を受賞された時のコメントです。

 

そう、エンターティメント志向が強い金城さんの作品は、ドキドキ・ワクワク・ハラハラしながら見る事を前提の作品として、期待して良いという事ですね^^!

 

本格アクションシーン!

https://www.instagram.com/p/BeAoZzan6EX/?hl=ja&tagged=井上薫

SPの見所として外せないのが、リアルなアクションシーンです!

 

SPの作中では、岡田さんが鍛え上げた肉体で激しいアクションをこなす姿が見られます。

ほぼスタント無しで挑んだそうです!

その為に体も鍛え上げて、スゴイですね。

 

また、岡田さん以外のアクションシーンでも、よりリアルさを追求しています。

例えば、細い女性警備課員が敵と戦う時に、消化管で殴る・急所を蹴り上げるなど。

実際の護身術として使えるアクションシーンとなっています

 

そんなリアルに基づいた、迫力あるアクションは必見です!

 

SPドラマ動画1話を見た人の感想は?

ここで、SPを見た人達の感想を集めました。

 

今なら30日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑TSUTAYA DISCASに登録して無料で『SP警視庁警備部警護課第四係』を視聴する↑↑↑

 

SPドラマ動画1話のまとめ

けっこう昔のドラマですが、今と変わらずカッコいい岡田准一を見る事ができる、「SP」をご紹介しました。

 

SP、当時はちょっとした社会現象にもなりましたね。

深夜枠としては平均15.4%という高い視聴率。

そして、SP終了後に放送された「スペシャルアンコール特別編」はなんと、21.5%という高視聴率でした。

 

そんなSPの魅力を、少しでもお伝えする事ができたなら、とても嬉しいです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*