コンフィデンスマンJPの4話ネタバレをご紹介!パワハラ社長をぶっ倒せ!

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレをご紹介!パワハラ社長をぶっ倒せ!
蒼井さくら

コンフィデンスマンJP第4話「映画マニア編」のネタバレです。

 

今回のゲストは佐野史郎さんです。

こよなく映画を愛する、食品会社の2代目ボンボン社長を演じます。

 

そんな社長の口癖は「1本の映画は人生を変える」との事。

本当に1本の映画で、自らの人生が変わってしまうという今回のお話。

 

さぁ、ダー子達詐欺集団の今回の作戦とは?!

 

コンフィデンスマンJP 前回のあらすじは?

前回のコンフィデンスマンJP第3話「美術商編」のあらすじを振り返ります。

 

ボクちゃん(東出昌大)がカフェで仲良くなった美大生・ユキ(本仮屋ユイカ)を深く傷つけた、高名な美術評論家の城ケ崎善三(石黒賢)。

城ケ崎は裏で汚い手を使い、大儲けしている悪徳美術商でもあり、次のダー子達のターゲットとなります。

 

最初にダー子達が仕掛けた罠(ピカソの贋作を高値で城ケ崎に買い取らせる)は、城ケ崎の見事な鑑定眼により、あえなく失敗してしまいます。

その後、再度仕掛けた罠(架空の新進気鋭作家をでっちあげる)にはまんまと嵌り、ダー子達は城ケ崎から3.5億円の大金を奪う事に成功します。

 

実在しない人物の絵を高値で売ろうとした城ケ崎は、美術評論家としての世論の評価はガタ落ちになりました。

ですがその後の城ケ崎は、公園で描く少年の絵を見て、優しくそして素直にその絵を素晴らしいと評価します。

余計な思いも世間の評価も無くなった今、城ケ崎が持つ、本来の絵画に対する愛情が示されたのでした。

 

コンフィデンスマンJP4話を無料で視聴する方法

それでは早速『コンフィデンスマンJP』を今すぐに視聴できるとっておきの方法をご紹介します!

その方法とはフジテレビオンデマンド(FOD)を使用する方法です!!

FODとはフジテレビが運営している動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメなどがスマホやタブレットで視聴できるほか、雑誌なども見ることができるのです。

しかも、FODでは現在1ヶ月間無料トライアルキャンペーンを行っており、最初の1ヶ月間は無料で『コンフィデンスマンJP』をはじめ動画を視聴することができるのです。

仮にサービスが気に入らない場合は1ヶ月以内に解約してしまえば、あなたのお金は一切かかることはありません。

最初から無料期間だけ使いたいという方でも大丈夫なので、まずは試しに利用してみてください。

ただ、この無料期間キャンペーンはいつ終了するかはわからないので、今すぐに登録することをお勧めします!!

今なら1ヶ月間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『コンフィデンスマンJP』動画を無料で視聴する』↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

 

コンフィデンスマンJP第4話のあらすじは?

では、コンフィデンスマンJP第4話「映画マニア編」のネタバレです。

是非ともお楽しみください!

 

告発

俵屋食品フーズの工場長として働く宮下正也(近藤公園)がある日帰宅すると、妻が息子を叱っていました。

 

宮下妻「最近ウソばっかりついて。それじゃパパみたいな立派な大人になれないわよ。」

そう言って、宮下からも息子に一言言って欲しいと言う妻ですが、宮下は息子を叱る事ができませんでした。

 

実は宮下は、自分が勤める俵屋フーズの看板商品”うなぎのカレー煮”の偽装を知り、頭を悩ませていました。

使用しているうなぎを国産と言っていますが、実は外国産だったのです。

 

外部告発しようと試みる宮下ですが、社長の俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈してしまい、告発する事ができずにいました。

 

やりきれない思いを抱え、宮下は飲みに出ますが、酔いつぶれてしまいました。

ダー子「大丈夫?」

そこで通りがかりのダー子(長澤まさみ)に声を掛けられるのでした。

 

ダー子、次のターゲット決定!

酔った宮下が落としていった手紙を拾ったダー子。

厚生労働大臣宛のその手紙を持ち帰り、リチャード(小日向文世)とボクちゃんに見せます。

そして、告発文に書かれていた俵屋勤の調査に取り掛かるのでした。

 

ダー子達の調査の結果、俵屋勤は典型的な2代目ボンボン社長で、普段から社員への恫喝・セクハラは当たり前という、どうしようもない経営者である事が分かりました。

 

そして、大の映画マニアである事も判明しました。

学生時代は演劇部に所属し、所有する映画DVDは数万本。

現在は、月刊キネマ新報という映画雑誌を定期購読している事まで分かりました。

 

さぁ、ダー子達の作戦開始です。

 

ダー子達、俵屋に接触する

配達員に成りすましたリチャードが、俵屋のポストから月刊キネマ新報をすり替えます。

すり替えた中身は、ダー子達が作ったもの。

 

そこに書かれていた記事『映画人が愛したカフェバー/スワンソン』に目を止めた俵屋です。

その記事はダー子達が作った、俵屋をおびき出す為の罠でした。

 

ダー子達の思惑どおり、後日、スワンソンを訪れた俵屋です。

そこで、映画プロデューサーに扮したリチャードと、新人映画監督に扮したボクちゃんが入ってきました。

 

カフェ店員に変装していたダー子は、2人が映画関係者である事を俵屋に耳打ちします。

興味津々の俵屋は、2人の会話に耳を澄ませ、その内容から映画関係者である核心を強め、1人興奮します。

 

リチャードとボクちゃんがカフェを後にしますが、そこには1冊の本が置かれていました。

俵屋がその本を手に取ると、何と映画の脚本でした。

そして、脚本を忘れたと、慌てた様子でカフェに戻ってきた2人に、嬉々として本を渡す俵屋です。

 

お互いに名刺交換をし(当然、リチャードとボクちゃんの名刺はニセモノ)、俵屋に脚本を読んでみないかと持ち掛けます。

「いいんですか?!」興奮気味に、喜んで脚本を読む俵屋です。

 

俵屋「素晴らしい出来です!」

いたく脚本を気に入った様子の俵屋に、畳みかける様に3億円の制作費出資を持ちかけるリチャード達。

ですが、俵屋は「いえいえ、私なんかが」と言って、二の足を踏むのです。

 

ダー子「ヒットしたら、何倍にもなって返って来るんでしょ?!」

俵屋が出資をするように、ダー子も横からアシストしますが、それでも俵屋は謙遜するばかりで「うん」と言いません。

 

どうも俵屋は、映画を愛するあまりに自分がその世界に足を踏み入れる事を躊躇している様でした。

ダー子達は新たなる方法で、俵屋に資金を出資させる様、作戦を練るのでした。

 

ダー子のお色気炸裂!

映画がクランクインしたと言って、現場に俵屋を招待したリチャード。

そこで大物俳優・伊吹吾郎(本人)と握手をしたり、テンションがあがった俵屋に、クランクインはしたが主演女優が降板した為、予定していた出資が得られないかもしれない・・・と、再度出資話を持ち掛けます。

それでも出資の話に乗らない俵屋に頭、を悩ますダー子達です。

 

新たな主演女優として、中国人・マギーリン(長澤まさみ)になったという事を聞かされた俵屋。

そして、主演女優と出資者はデキてしまうという話を聞いた俵屋は、来日するマギーリンを一目見てみようと羽田空港に向かうのでした。

 

リチャード「俵屋から電話があった!3億円、出資するそうだ!!」

羽田空港で、ファンに囲まれながら歩くマギーリンが俵屋にウィンクをします。

そのウィンクを受けて、この上ない笑顔を浮かべた俵屋です。

 

ウィンク1つで俵屋のハートを鷲掴みにしたダー子だったのでした。

 

俵屋、本性を現す

俵屋「出資する以上、納得のいく作品にしたいんです!」

そう言って、傲慢な本性を現してきた俵屋でした。

 

脚本には60カ所弱の修正を加え、それを徹夜で直した脚本にもOKを出しません。

更には、自ら大量の絵コンテを描いて持参してきます。

 

すっかり映画製作者気分の俵屋に、引くに引けなくなったダー子達は、大掛かりな準備をともなって実際の映画撮影さながらの準備を始めました。

更には、映画に自分の出番まで要求してきた俵屋です。

 

ダー子「こうなったら、俵屋さんの夢を叶えてあげましょうよ!徹底的に!!」

こうして武将として出演するシーンを得て、マギーリンとの絡みもあった俵屋は大満足。

 

「さっき振り込んだよ!3億円!!」と、リチャードに報告した俵屋。

とうとう(やっと?!)俵屋から現金をGETする事に成功した、ダー子達詐欺集団です!

 

映画は人生を変え・・・た

映画の完成試写会を控えて、マギーリンの滞在するホテル(という設定)にやってきた俵屋です。

 

俵屋「今後、この世界でやっていくなら、私と仲良くなっておいた方がいい。2人で飲もう・・・私が言っている意味、分かるよね?」

俵屋のセリフを聞き、マギーリンが意を決したように立ち上がりますが、それを俵屋から静止されます。

「君じゃない!」と言い、俵屋が誘ったのは、なんとボクちゃん!

 

マギーリン「この部屋、使ってください。」

そう言って、マギーリンは俵屋とボクちゃんの2人を残し、部屋をあとにするのでした・・・。

 

完成試写会

とうとう完成試写会。

レッドカーペットを歩いて登場し、すっかりご機嫌の俵屋です。

心待ちに試写会に望みます。

 

ですが、試写会のスクリーンに映し出されたのは、見覚えのある1人の男でした。

そう、工場長の宮下です。

 

宮下はスクリーンの中で、俵屋フーズの長年に渡る食品偽装を告発します。

更には、社長である俵屋の恐喝や報復人事の被害にあいそうだった事も告げるのです。

 

会場が明るくなった時、側にいたハズのマギーリン達が居ない事に気が付いた俵屋は、ここで初めて騙された事に気が付くのでした。

 

宮下「ありがとうございました!」

走って逃げていこうとするダー子達に、宮下が頭を下げます。

その宮下に「これからだよ!」と激励の言葉を返す、リチャードでした。

 

アジトにて

アジトに帰ってから、リチャードから「残念なお知らせがあります」と告げられたダー子とボクちゃんです。

今回、見事俵屋から3億円を奪う事に成功しましたが、経費がかさみ、逆に2815円の赤字になってしまったという事でした。

 

新聞には、俵屋の産地偽装が大きく取り扱われていたのでした。

 

今なら1ヶ月間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『コンフィデンスマンJP』動画を無料で視聴する』↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

 

コンフィデンスマンJP第4話を見た人の感想は?

実は詐欺相手の願いまで叶えてあげちゃった?!・・・という、ヒーローの様なダー子達詐欺集団だった今回のお話でした。

4話を見たみなさんの感想も見てみましょう。

今なら1ヶ月間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『コンフィデンスマンJP』動画を無料で視聴する』↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

 

コンフィデンスマンJP第4話あらすじまとめ

毎回、爽快なまでにスカッとするコンフィデンスマンJP。

これって、現代版ねずみ小僧?実写版ルパン三世?!・・・って感じではないでしょうか^^

 

次回第5話は「スーパードクター編」です。

ゲストは、極妻で有名なかたせ梨乃さんです。

迫力ある演技が見れちゃったりするのでしょうか!

 

毎週月曜日が楽しみです^^

見逃しちゃった方には、FDOで是非チェックして頂きたいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*