テラスハウス軽井沢11話ネタバレ!『カンフル剤・聖南』

蒼井さくら

テラスハウス軽井沢11話「Best Actor in a Supporting Role」のネタバレです。

 

新メンバーが加入して、テラスハウス軽井沢もシーズン2に入りました。

ここまで恋愛らしい恋愛模様が展開されていない、テラスハウス軽井沢。

 

でも、新メンバー(と言って良いのか?!)の聖南さんが入った事で、恋も動く予感?!

楽しみな11話を早速チェックして行きましょう♪

 

テラスハウス軽井沢 前回のあらすじは?

まずは前回のお話チェックからです!

 

貴之と安未の初デートでしたが、ステキなカフェだったにも関わらず安未のテンションは低め。

その為か、貴之から見て安未は、気になる存在ではありながらも、”ワガママな妹”という存在のから抜け切らないようです。

 

そして、新メンバー2人がテラスハウスにやってきました。

男性メンバーはミュージシャンの上村翔平さん(28歳)。

女性メンバーは、なんとテラスハウス初期メンバーでもある島袋聖南さん(30歳)!

 

この2人のメンバーを加え、新たなテラスハウスがスタートしたのでした。

 

テラスハウス軽井沢第11話のあらすじは?

テラスハウス軽井沢11話本編「Best Actor in a Supporting Role」のネタバレです!

 

貴之と聖南・旧軽井沢デート

新メンバーがテラスハウスにやってきた翌日の朝、ダイニングで作曲作業を進めている翔平です。

28日のライブに向けて、頑張っている様です。

 

そこに、まだお酒が抜けきらない聖南が登場。

貴之と安未もリビングに集まります。

予定が空いているメンバーで食材の買出しに行く事にしました。

 

その日の夕飯は、みんなでスープとハンバーグプレートを作ります。

食事が終わった後も1人、ワインを飲んでいる聖南に付き合うと言って、至恩も一緒にダイニングにつきます。

 

至恩「明日は何するんですか?」

聖南「明日は、29日に仕事なんだけど、それまではテラスハウスを堪能しようと思ってる。」

そして、聖南は旧軽井沢に行ってみたいと言い、その場で予定が空いているかどうかをメンバーに聞きます。

その場には貴之と安未がいました。

 

貴之「空いてるよ、時に。」

聖南「時に空いてたらさ、ちょっとドライブ連れてって♪」

こうして、貴之と聖南が2人で旧軽井沢デートに行く事になりました。

 

翌日、旧軽井沢を歩きながら、落ち着いた雰囲気の山小屋風カフェに入った2人です。

そこではお互いの家族構成が似ていたり(貴之が5人兄弟の末っ子・聖南が4人姉妹の長女)と、話が盛り上がります。

 

聖南「てか、テラスハウスに入って、どう?仕事とか。恋とか?」

貴之「恋ね、恋はね…してるとは言えないかな。」

聖南「してるとは言えないけど、気になってはいる?」

貴之「そうだね、気になってはいた…のかな。」

聖南「うんうんうん。そこも過去形か。」

貴之の中で、1っの恋が過去になっていったのでしょうか?

 

お似合いの2人

旧軽井沢デートに行った日の夕食を、貴之と聖南が仲良くキッチンに並んで作ります。

落ち着いた雰囲気で料理を進め、お互いのタイプやこれからの恋について話す2人です。

 

貴之「どんな人がタイプって言ってましたっけ?」

聖南「誠実で。面白くて。あとね、頼れる人。」

聖南は長女なだけに、なんでも世話をし過ぎると言います。

それをやり過ぎるのはいけないと、今までの恋愛で学んだとか?!

 

貴之も「気を使わない人がイイよね」と言いながら、結婚を踏まえた恋愛観をお互いで話します。

それぞれが、そういうお年頃というのもあるのでしょうが、この様子はとてもお似合いにうつる2人です。

 

ヤキモキ?安未

そこに安未が入ってきました。

2人が作った夕飯を、安未も一緒に食べます。

 

夕飯を食べながら、昼間に行ったデートの話になります。

寒かったと、笑いながら2人が話しています。

安未「2人で行ったの?」

そう聞いた後の安未は、ちょっと不機嫌そうに見えました。

 

夕食が終わり、男子部屋で1人作業をしている貴之の元に、安未がやってきました。

安未「2017年、遊ぼう。」

唐突に貴之の前に座り、そう言って安未から貴之を誘います。

 

安未からスノーボードに行こうと言います。

行く場所を、近場の軽井沢のゲレンデを提案する貴之に対して、「別の場所がイイ」と言う安未です。

 

ちょっとヤキモキを焼いたのでしょうか?

初めて、安未から男子メンバーへアクションを起こしました。

 

つばさと至恩のスケート&ランチデート

以前から約束していたスケートデートにやってきた、至恩とつばさです。

つばさは自前のアイスホッケー靴を持参、至恩は貸し靴で滑ります。

 

至恩は転びながらですが、終始笑顔です。

つばさも、転んだ至恩を助けたりして、とっても楽しそう。

 

ひとしきり滑った後、少し休憩してからランチに行く事にした2人でした。

 

ランチは冴沙へ

車で移動して、ランチはつばさのお父さんがやっているお蕎麦屋さん「冴沙」へ行きます。

至恩は初来店で、つばさパパと初対面です。

 

2人でお蕎麦を食べつつ、ちょいちょい登場するつばさパパの話題になります。

つばさ「ウチのお父さん、本当に優しい。」

至恩「分かる、感じる。あんなお父さんいたら、こんないい子が育つわ。」

 

至恩「お父さんが1人で育てたって言うか。お母さん居ないんだっけ?」

つばさ「小5だったか、亡くなっちゃって。」

至恩「・・・悲しい?」

つばさ「ねぇ・・・その時はね、悲しかったけど。たぶん、一生分泣いた。」

そう言って、至恩に笑顔を向けるつばさです。

至恩も静かに頷きます。

 

食事が終わり、お店を出る時につばさパパと握手を交わす至恩です。

その胸中には、どんな思いがあったのでしょうか。

 

カッコイイ翔平さん

東京のライブハウスで、翔平率いる「SHIWAS」のライブが行われました。

そこに、至恩・聖南・安未が訪れます。

 

翔平の違った一面を見て、聖南と安未の中のイメージも変わった様です。

安未「なんか、意外な人だったね。」

格好良かったと、安未も素直に感動した気持ちを表します。

 

ライブ後の翔平

ライブ後、バンドメンバーと軽く乾杯をする翔平です。

バンドメンバーにテラスハウスの様子を聞かれた翔平は、一番気が合いそうなメンバーとして聖南の名前をあげます。

 

ですが、安未の事も気になる様で?

翔平「意外と安未ちゃんが懐いてくれれば、いけるんじゃないかな?・・・的な感じはある(笑)なんか結構、心に闇とか抱えてそうな気がする。その闇を晴らしてあげたい。」

 

安未の心の闇。

この翔平の発言は当たっているのか?それとも?!

 

テラスハウス軽井沢第11話 オススメスポット

今回のテラスハウス軽井沢で登場した、オススメスポットをご紹介します。

 

ケラ池スケートリンク

教練我想溜冰 #冬奧後遺症 #ケラ池スケートリンク

A post shared by Penny Hsu (@pennyhsu327) on

名称:ケラ池スケートリンク

住所:〒389-0194 長野県軽井沢町星野(※カーナビ入力設定は、『長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148』)

ここのP1駐車場に車を停め、歩いて約5分。

URL:http://www.hoshino-area.jp/archives/area/skate

 

軽井沢星野エリア近くにある、野鳥の森。

この野鳥の森の中に、ケラ池スケートセンターはあります。

森の中にあるので、自然に囲まれてた自然感満載のスケートリンクです。

自然感…と言っても、現在はかなり整備されていて、キレイなスケートリンクになっています。

 

リンクサイドの建物では、温かいドリンク販売だけではなく、薪ストーブも置いてあるので軽井沢の冬の雰囲気を存分に楽しむ事ができます。

貸靴や貸ヘルメットもありますので、手ぶらで訪れても楽しめますよ^^

 

テラスハウス軽井沢第11話を見た人の感想は?

https://twitter.com/WOSSNAKA/status/973251462271664128

https://twitter.com/Im_kumamon/status/973208642026524673

 

テラスハウス軽井沢大11話 まとめ

毎回癒されるつばさと至恩のデートですが、今回のランチデートの時のつばさの笑顔に、思わず泣きそうになってしまいましたTT

 

お母さんが亡くなって、一生分泣いたという事を笑顔で至恩に話すつばさ…。

至恩に負担を掛けたくなかったのかなっとか、お母さんの死を乗り越えた強さかなっとか、色々と想像して泣きそうになりました。

 

スタジオメンバーが言っていたように、こんなつばさを支えて欲しいですね。

でも、至恩もしっかりしている様に見えて、まだ22歳ですからね…。

どの様に展開していくのか、気になります!

 

そして、意外な貴之と聖南のナイスカップル度(笑)!

安未にも刺激になったのか、ちょっと恋が動く予感があります。

これからどう動いていくのか、気になりますね。

 

次回テラスハウスも楽しみです♪

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*