ブックスワン映画の動画を無料視聴する方法は?ストレスフリーな方法

ブックスワン映画の動画を無料視聴する方法は?ストレスフリーな方法

 

蒼井さくら

こんにちは!管理人のサクラです。

美しく純粋なバレリーナが、与えられた役にのめり込むうち狂気に蝕まれていく様子を描くサイコスリラー映画、ブラックスワン。

こちらの記事では、そんな映画「ブラックスワン」のあらすじ、登場人物、必見ポイントなどについてご紹介します。

ブラックスワンの基本情報は?

「ブラックスワン」は、2010年に公開されたアメリカのサイコスリラー映画です。

監督は映画「レスラー」などで知られるダーレン・アロノフスキー。

アカデミー賞ではナタリー・ポートマンが主演女優賞を受賞したほか、撮影賞・監督賞・編集賞・作品賞の計4部門でノミネートされるなど、大変高い評価を得た映画です。

興行収入は世界中で3億ドル以上と、この年公開された「英国王のスピーチ」に次いで二番目の結果となりました。

 

主人公のバレリーナ、ニナを演じたのはナタリー・ポートマンで、彼女を狂気に導くフランス人演出家、トマをヴァンサン・カッセルが演じました。

ニナの先輩プリマバレリーナをウィノナ・ライダーが演じるなど、豪華なキャストもこの映画の魅力の一つです。

 

ブラックスワン映画動画を無料視聴するには?

ブラックスワンを無料で視聴する為には、フジテレビオンデマンド(FOD)の無料お試し期間を使用する方法が一番確実に視聴できます。

現在フジテレビオンデマンドでは、1ヶ月間の無料お試しキャンペーンを実施しておりますので、登録しても1ヶ月以内に解約すれば無料で動画を視聴することができるのです。

登録も解約もとっても簡単にできますので、ぜひ登録して『ブラックスワン』やそのほかの映画やドラマを視聴してみてくださいね。

↑↑↑FODに登録して今すぐ無料で『ブラックスワン』を視聴する↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

 

ブラックスワンのあらすじは?

ニューヨークで暮らすバレリーナ、ニナ。

ニューヨークの一流バレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、すべてをバレエに捧げる毎日を送っています。

一緒に暮らしている母親は現在は絵画を描いて暮らしていますが、娘時代にはバレリーナを志していたことがあり、自分の夢をニナに託してステージママとしてニナに過剰なほどの愛情を注いでいます。

ニナの所属するバレエ団は次の公演である「白鳥の湖」の準備をしていました。

フランス人の演出家トマ(ヴァンサン・カッセル)は主役の白鳥にふさわしいプリマを選ぶためにオーディションを開きます。

 

オーディションに苦戦するニナ

「白鳥の湖」の主役である白鳥の女王は、純真で無垢な「白鳥」と官能的で邪悪な「黒鳥」を一人二役で演じなければならないため、相反した魅力を表現する実力を持つプリマが求められます。

トマは年をとったプリマバレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を白鳥の女王役にせず、新人であるリリー(ミラ・クニス)、ヴェロニカ(クセニア・ソロ)、そしてニナの三人を主役の候補として選びました。

 

しかし、生真面目で純粋な性格のニナは白鳥役には向いていましたが黒鳥を表現しきれず、トマはヴェロニカを主役に選ぼうとします。

再度のオーディションを懇願しようとトマの事務所を訪ねたニナはトマに突然キスをされ、それを拒むため思わず彼の唇を噛んでしまいます。

ニナに意外な二面性があることを知ったトマは、ニナを白鳥の女王役に抜擢するのでした。

 

周囲からの嫉妬と過酷な練習

ニナを主役に選んだトマは、パーティーでバレエ団への支援者たちに年長のプリマバレリーナであるベスの引退発表と、新しいスターとなるニナの紹介をします。

ベスに代わって主役に選ばれたことで、ニナはベスから、トマを性的に誘惑して役を手に入れたのだろうと責められます。

 

その後トマのアパートに招待されたニナは彼に、黒鳥の魅力を表現するには、性的な喜びを追求する必要があると忠告をされます。

次の日から過酷な練習が始まるのですが、ニナはトマから性的な魅力や情熱に欠けていると繰り返し責められ、そのストレスから幻覚や妄想に取り付かれるようになりました。

やがてニナには、代役として控えているリリーが自分の役を奪おうと狙っているように思えてくるのです。

 

混乱し、迷走していくニナ

精神的に疲れ、母親とも喧嘩をしてしまったニナを、リリーは気晴らしのためにクラブに連れ出します。

酔った勢いでニナは麻薬を使い、男性と性的な行為に興じます。

その後ニナとリリーは一緒にニナの家へ帰ったものの、家に居た母親と夜遊びのことでまた言い争いになり、ニナはリリーと共に自分の部屋に閉じこもって性行為に耽ります。

 

翌朝、寝坊をしたニナが目覚めると部屋にリリーはおらず、急いで練習場所に駆けつけると代役のリリーが白鳥の女王役を踊っている場面に出くわします。

ニナはどうして朝自分を起こしてくれなかったのかとリリーを責めますが、リリーはそもそもニナの家になど行っていないと言います。

リリーとの性行為は、麻薬がもたらしたニナの妄想だったのです。

 

やがて本番を迎えるが……

ニナの幻覚や妄想は日増しにひどくなり、精神的に混乱したままニナは公演本番の日を迎えます。

憔悴しているニナに代わってリリーが主役を演じる準備をしていますが、ニナはトマを「代役は不要」と押し切って舞台に上がります。

 

第一幕は順調に滑りだしたかに見えましたが、やがて舞台上のニナには幻覚が見え始め、うまく踊ることができません。

しまいには王子役のダンサーがニナを受け止め損ねてしまい、肩を落として楽屋に帰ったニナが見たのは黒鳥の衣装を着たリリーでした。

激怒したニナはリリーと揉み合いになり、幻覚も相俟って彼女を鏡の破片で刺殺してしまいます。ニナはリリーの死体を隠し、第三幕を踊るため黒鳥の衣装を着て舞台に戻ります。

ニナは完璧に黒鳥を踊りきり、観客の拍手喝采を浴びます。

 

そこへ殺したはずのリリーがニナを賞賛するために駆け寄ってきたのを見て、ニナは鏡の破片で刺したのはリリーではなく、自分自身だったことに気づくのです。

仲間のダンサーやトマが賞賛の言葉を彼女に浴びせる中、ニナは息をひきとるのでした。

 

↑↑↑FODに登録して今すぐ無料で『ブラックスワン』を視聴する↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

 

ブラックスワンに登場するキャラクター(登場人物)は?

ニナ・セイヤーズ役:ナタリー・ポートマン

バレエを愛し、バレエにすべてを捧げる真面目な性格のバレリーナで、ニューヨークの一流バレエ団に所属しています。

新人として大抜擢の配役で白鳥の湖の主役である白鳥の女王役に選ばれますが、厳しい練習と周囲からの嫉妬や期待により追い込まれ、幻覚や妄想に悩まされてゆきます。

 

トマ・ルロイ役:ヴァンサン・カッセル

ニナが所属するバレエ団の演出家で優秀な仕事ぶり、バレエダンサーたちからは尊敬されています。

女性の魅力は異性の手によって目覚めると考えており、バレリーナに性的な発言や接触をすることで彼女らの才能を開花させようとします。

 

リリー役:ミラ・クニス

ニナの代役に選ばれたバレリーナで他のバレエ団から転入してきたダンサーですが、天真爛漫な性格ですぐに周囲に馴染みます。

大役へのプレッシャーや厳しい練習に悩まされるニナに親身になり、遊びに連れ出したりもしますが、結果としてそれがニナの幻覚や妄想を肥大させることにつながります。

 

エリカ・セイヤーズ:バーバラ・ハーシー

ニナの母親でニナと同居していて、現在は絵を描いて暮らしています。

娘時代にバレリーナを目指していたことがあり、ニナに自分の夢を託して過剰なほどの愛情を注いでいます。

ニナに対して過干渉な部分もあり、それがニナを悩ませますが、幻覚を見始めておかしくなっていくニナにも優しく寄り添います。

 

ベス・マッキンタイア役:ウィノナ・ライダー

ニナの先輩にあたるバレリーナで以前は才能あるスターバレリーナでしたが、年齢を理由にプリマバレリーナの地位から降ろされます。

また、トマと恋愛関係にあるためニナにトマを取られたようにも感じており、それらの不満からニナを攻撃します。

 

ブラックスワンの動画の3つの必見ポイントは?

ナタリーポートマンの迫真の演技

アカデミー主演女優賞も獲得した、主人公ニナを演じるナタリーポートマンの演技力は見どころの一つです。

役にのめり込み、やがて妄想と幻覚に飲み込まれてく精神分裂病患者のような難しい役を、迫真の演技で演じています。

また、実は4歳から13歳までバレエ経験があるというナタリー・ポートマンの踊りはプロのバレエダンサー顔負けですので、そちらにも注目です。ナタリーポートマンはニナを演じる際、役作りのために9kgの減量をしたそうです。

 

恐ろしくも美しい幻覚の数々

ニナを苦しませる幻覚の数々は、ほとんどがCGで作られています。

踊っている自らの身体がだんだんと黒鳥に変化していったり、絵画の中に描かれた人々に嘲笑われているように感じたり。

高い表現力でリアルに再現された幻覚の数々には、まるで自分がニナになってそれを見ているかのようなリアリティがあります。

独特の世界観をもつ幻覚は、怖くもありますが美しくも感じます。

最新のCG技術を用いた独特の映像美にも注目です。

 

迷走するニナの行き着く先

完璧な白鳥の女王を表現するため、過酷な練習にのめり込んでいくニナ。

黒鳥としての魅力を引き出すため、男性を誘惑したり、薬に手を出したり、危ない橋を渡っていきます。

やがて心を病み、幻覚や妄想に悩まされるようになっても白鳥の女王という役を追求し続けるニナを待つ運命とは一体どうなるのでしょうか。

自らを犠牲にしてでも追い求めるべき、本当の芸術とはなんなのでしょうか。

ニナが文字通り身を切るようにしてたどり着いた、クライマックスのダンスシーン。ニナが迎える結末は必見です。

 

ブラックスワンの動画を視聴した人たちの感想は?

山形県:東海林綾子さん

最初、チャイコフスキーの「白鳥の湖」をテーマにしたスポ根ものを連想したら見事にいい意味で裏切られてびっくりしました。

ナタリー・ポートマンのオスカー受賞は当然だと思います。

おそらく歴代の主演女優賞でもベスト5に入るほどの熱演ですばらしかったです。

特にクライマックスのポートマンの黒鳥に鳥肌が立ち、すべてを終えたあとの彼女の表情になぜか泣けてしまいました。

 

広島県:黒田陽菜さん

あらためて鑑賞してみると、ナタリー・ポートマンの演技力と監督の演出の良さが見えてきます。

ストーリー全体があっての映画で、清純なヒロインが少しずつ狂気へと変わっていく姿が上手に表現されています。

ラストのブラックスワンの姿は圧巻でした。

映画中の「現実」と「幻覚」が鑑賞者側も分からなくなる演出も、人間の狂気を表現するために効果的な方法だったと思います。

 

徳島県:原田直人さん

最後のバレエのシーンは、圧倒されました。あんなに可憐な女の子が、信じられない変貌を遂げていて、神がかっているとはこういうことか?と思いました。

楽屋で主人公が妄想でライバルの女の子を刺しちゃうシーンで「マイターン!」と絶叫するシーンがお気に入りです。

人間って自分で自分を諦めたり、本当の自分を押し込めたりすることもあるけど、必ずどこかでその押し込めた、我慢してた自分が襲ってくるんですね。乗り越えた主人公は偉いです。

 

ストーリーや世界観も勝ことながら、ナタリーポートマンの演技がとっても素晴らしいのですね。

 

↑↑↑FODに登録して今すぐ無料で『ブラックスワン』を視聴する↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

 

ブラックスワン映画動画まとめ

いかがでしたか、公開当時とっても話題になったブラックスワン。

主演のナタリー・ポートマンの迫真の演技はオスカー賞受賞は必然といえますよね。

 

そんなブラックスワンを視聴する方法は上部でも説明した通り、フジテレビんデマンドがとってもおすすめです。

今ならフジテレビオンではんでは1ヶ月間お試しキャンペーンもやっているので、ぜひ試してみてくださいね。

登録も解約もとっても簡単なので、もしサービスが気に入らなくても1ヶ月以内に解約してください。

そうすればあなたのお金がかかることはありません。

↑↑↑FODに登録して今すぐ無料で『ブラックスワン』を視聴する↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

 

*本ページの情報は18年6月時点のものです。最新の配信状況はFODのサイトにてご確認ください*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*