ローマの休日の動画を字幕や吹き替えでみる方法!あらすじ結末感想ネタバレもチェック

蒼井さくら

今回は私の憧れでもあるオードリーヘップバーンが登場します。

 

不屈の名作、恋愛映画トップクラスの作品ともいわれるオードリーヘップバーン主演のローマの休日。

美しいオードリーヘップバーンに惚れてしまったという方も少なくないと思います。

 

ここでは、ローマの休日のあらすじや映画の感想・音楽、動画を字幕や吹き替え版で視聴するための方法についてご紹介します。

ローマの休日の映画情報

ウィリアム・ワイラーが制作・監督を務めた作品、ローマの休日。

イタリアのローマを表敬訪問した某国の王女が滞在先から飛び出すことになり、1人でローマの市内に出て偶然知り合った新聞記者と24時間の恋を描いています。

ちなみに、この作品には、トレビの泉や真実の口など、永遠の都ローマの観光スポットを登場させたという点でも有名な作品になっています。

 

新聞記者をグレゴリー・ペック、王女をオードリー・ヘップバーンが担当していて、このときに新人だったオードリーは1953年にアカデミー最優秀主演女優賞を受賞します。

他にも、衣装のこの他に、衣裳のイーディス・ヘッドが「最優秀衣裳デザイン賞」を、また脚本のイアン・マクレラン・ハンターが「最優秀原案賞」をそれぞれ受賞した。

 

監督のウィリアム・ワイラーと脚本家のダルトン・トランボが男女の出会いという月並みなテーマで、細かい感情のやり取りを描きつつ、普遍的なおとぎ話に昇華させた映画となりました。

 

ローマの休日のあらすじは?

ローマの休日のあらすじ結末、映画の感想・音楽、動画を字幕・吹き替えで視聴するならこれだ

それでは、ローマの休日とはどんな作品なのか、あらすじについてチェックしていくことにしましょう。

 

第1幕:身分が異なる二人の出会い

ローマの王室の王位継承者のアン王女。

親善旅行の一環としてローマを訪れることになります。

 

旅行の中で過密で、しかも退屈なスケジュールにうんざりとしていたアン王女は侍従たちの監視の隙をうまくついて、こっそりと宿舎の宮殿から脱走します。

しかし、街を散策している際に、いつも主治医から処方されていた鎮痛剤が効き始めることになり、アン王女は道端のベンチで深い眠りに入ります。

 

そんなときに、アメリカ人の新聞記者ジョーが通りかかることになります。身元を尋ねてみたものの、アン王女の意識は朦朧としていて、目の前の娘が王女ということを知らず、ジョーは娘を家に連れて帰ることになります。

 

第2幕:ローマでの楽しい一時

翌朝に連れて帰った娘がアン王女であることに気づいたジョー。

このまたとないチャンスをスクープに取り上げようと画策します。

 

そんな中で、目を覚ましたアン王女は監視の眼から解放されることになった自由な時間を満喫することに。

ジョーから借りたお金を使って欲しいものを狩ったり、ヘアサロンで長い髪を切り落としてショートヘアにしたり。さらには、たばこも吸ってみます。

 

今までにやったことのないことを出来ることを楽しむアン王女の姿をジョーは次々にカメラで撮影していくことになります。

 

第3幕:強く惹かれあう二人

アン王女が失踪してしまったことがばれてしまうことになり、宮殿では大きな騒ぎが起きることになります。

船の上でパーティを楽しむアン王女とジョーの前に突然、捜査官が現れます。

 

2人はその捜査官から逃げるために河に飛び込んで、追手から何とか逃れることに成功します。河からあがった二人は固く抱き合って、キスを交わします。

そして、2人は強くひかれあうのでした。

 

第4幕:別れの結末

王女と新聞記者という身分の異なる恋は認められない時代。

恋が成就しないことをわかっていた二人はお互いの気持ちを言葉に出すことはせず、アン王女は公務を果たすため宮殿に戻ることになります。

 

ジョーはアン王女と過ごした時間を自分の心の中にとどめることにして、記事にはしないことを決めます。

次の日、宮殿では、アン王女の記者会見が開かれます。

 

新聞記者として会見に訪れたジョーは自分が撮影した写真が入っている封筒をアン王女に渡します。

アン王女は笑顔でジョーに無言の別れを告げますが、その瞳にはかすかな涙のあとが残っていました。

 

ここまでがローマの休日のあらすじと結末になります。

 

ローマの休日を視聴した人たちの感想は?

ローマの休日のあらすじ結末、映画の感想・音楽、動画を字幕・吹き替えで視聴するならこれだ

それでは、実際にローマの休日を視聴した人たちの口コミや感想についてチェックしていきましょう。

 

30代男性
今迄白黒映画ということで敬遠してましたが、超有名なんで重い腰をあげてみました。

見てみると、ストーリー自体はよくあるものなのですが、とてもすんなりと受け入れられました。

また、ヘップバーンがどうして美しいと言われているのか、その理由についてもハッキリとわかりました。白黒作品とは言え、今から60年意表でもとても美しかったです。

見終わったあとにはとても清々しい気分になることができますね。 

40代女性
脚本が非常に素晴らしく、俳優・女優、そして音楽もとても心に残るような作品となっていました。楽しくも切ないラブ・ロマンス。ローマの休日には映画が表現できるあらゆる要素があって、それがとても高いレベルで描かれているという印象をもちました。
30代男性
よく指摘される事ですが、ローマの休日はオードリー・ヘップバーン演じるアン王女と、グレゴリー・ペック演じる新聞記者ジョーが出会うまでがとても長い。

タクシーの運転手に断られて、仕方なくアンを自宅につれたり、ベッドではなく、長椅子に寝かせるなど、コメディとしてはいいと思いますが、若干、身分違いのロマンスという本筋からずれてしまっているような印象を受けました。

20代女性
オードリーヘプバーンの凛々しさと少女さを持ち合わせた演技が非常に心に残りました。

そのラストには、ローマの日々を忘れていない王女に切なさと感動がありました。

30代男性
名シーンと言われるところはテレビで見て知っていたので、それが全て出てきて感動しました。

さらに、当時のオードリー・ヘプバーンが美しすぎて正直びっくりしました。

最後に周囲にわからないように確かめ合うようなシーンがいいと思いました。

あの写真を支えにして王女は日々を過ごしたのだと思うと、しみじみします。

40代女性
やっぱり、多くの人に見られている映画である理由がなんとなくわかったような気がします。

とても世界観というのを大切にしていて、その世界観に最初から最後まで引き込まれてみることができました。

映像が白黒ということもあり、本当にロマンチックな夢の中を映像化したようなそんな作品になっています。

まず、王女と1日だけの切ない恋という設定からしても、夢がありますし。

最後に、オードリー・ヘップバーンには魅了されてしまいました。

 

ローマの休日の主題歌は?

実はこのローマの休日にはこの映画に特有の定義づけが出来るような音楽はありません。

 

ちなみに、ラストのアンの記者会見が終わった後に、無音の中で記者たちが去っていく靴の音だけが響き、2人の別れの憂いを効果的に演出しています。

 

ただ、日本では、ローマの休日のミュージカルが作られて、大地真央さんや山口祐一郎さんが歌ってますが、評価は高いようです。

それに評価も高いようですよ

 

ローマの休日を見てみた考察は?

ローマの休日のあらすじ結末、映画の感想・音楽、動画を字幕・吹き替えで視聴するならこれだ

白黒映画ということもあり、白黒映画が慣れている人たちの場合は、やや見ることに抵抗があるかもしれません。

しかし、中身のクオリティーは非常に高く、作品の展開自体はありきたりなものですが、それをよく恋愛にありがちな行動を通して上手く表現されています。

何度見ても楽しむことが出来、自分自身が今までに経験してきたことによって、この映画の見方も変化する作品になっています。

 

はじめは自由奔放に脱走して色んな事を楽しむアンですが、最後には大使館に戻ってきて、「自分の立場や責任を知っているからこそ、いまここに戻ってきたのだ。」ということを世話係や大使たちに述べるシーンがありますが、この中で子供から大人への変化も見事に描かれています。

 

たとえ、一般の人たちでも人生はままならないものであることを新聞記者とのやりとりの中で感じる王女はその中で自分自身の生きるべき道を見つけることになります。

それは、周囲のおぜん立てに嫌気がさして、不平不満を抱えていた時の彼女は既にいません。

 

自分自身の運命を受け入れて、その人生にいかに向きあうかという覚悟を決めます。

 

一方で、王女に恋をした新聞記者は恋への未練を引きずります。ラストに写真を渡した時には、かなわない恋と認識しつつも、お互いのあのときの記憶は永遠に忘れないでいようという、記者自身の前向きな心の変化だったのかもしれません。

 

このようなことを感じていれば、ラストのシーンは涙なくしてみることは不可能なような気がしました。
オードリー・ヘップバーンが妖精のようにかわいいということがこの映画のテーマではなく、少女が一人の女性になることを描こうとするシーンにこそ、この映画の価値があるように感じられます。

 

ローマの休日を無料で視聴するための方法は?

それでは、ローマの休日を無料で視聴するための方法についてご紹介します。

ローマの休日などの洋画を視聴するのであれば、こちらのU-NEXTという動画配信サービスがおすすめです。

 

この動画配信サービスでは、日本や海外のドラマやアニメ、映画などの作品を月額制で見放題です。

 

中に入っている一部の作品に関してはポイントが必要になることもあるのですが、はじめに600pt無料で配られますので、ほぼすべての作品を視聴することが出来ます。

 

さらに、今なら初めの1ヶ月(31日)は無料で視聴できるキャンペーンをやっていますので、一度契約してみてはいかがでしょうか?

やっぱり辞めたいと思えば、すぐに解約することが出来、1ヶ月以内に解約したらお金は一切かかりません。

 

アニメやドラマ、映画のファンの多くが利用しているU-NEXT、この機会に是非とも申し込んでみてくださいね!

*本ページの情報は17年9月時点のものです。最新の配信状況は 各 サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*