僕のいた時間動画を1話から無料で視聴する方法!三浦春馬の生きる覚悟とは?

僕のいた時間動画を1話から無料で視聴する方法!三浦春馬の生きる覚悟とは?

蒼井さくら

あなたは「ALS 筋萎縮性側索硬化症」という病気を知っていますか?

運動神経細胞が侵される病気で、難病の一つに指定されおります。

日本に、約8,300人前後のASLの方がいます。

 

徐々に体が動かなくなり、最後は呼吸すらできなくなってしまう恐ろしい病気です。

主演の三浦春馬さんが、命と向き合っている作品です。

 

僕のいた時間動画1話の基本情報は?

2014年に放送されたドラマです。

脚本は、橋部敦子。

『僕の生きる道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』『フリーター、家を買う。』など、名作ドラマを数々手がけています。

 

ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞を何度も受賞している脚本家です。

自分の病気を知り、命が残りわずかとわかった時、家族や恋人とどう向き合っていくでしょうか?

 

三浦春馬が、フジテレビプロデューサーの中野利幸に「命を題材にしたドラマをやりたい」と持ち掛け作られた作品です。

 

僕のいた時間を無料で見る方法は?

それでは早速『僕のいた時間』を今すぐに視聴できるとっておきの方法をご紹介します!

 

その方法とはフジテレビオンデマンド(FOD)を使用する方法です!!

FODとはフジテレビが運営している動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメなどがスマホやタブレットで視聴できるほか、雑誌なども見ることができるのです。

 

しかも、FODでは現在1ヶ月間無料トライアルキャンペーンを行っており、最初の1ヶ月は無料で『僕のいた時間』をはじめ動画を視聴することができるのです。

仮にサービスが気に入らない場合は1ヶ月以内に解約してしまえば、あなたのお金は一切かかることはありません。

最初から無料期間だけ使いたいという方でも大丈夫なので、まずは試しに利用してみてください。

ただ、この無料期間キャンペーンはいつ終了するかはわからないので、今すぐに登録することをお勧めします!!

今なら1ヶ月間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『僕のいた時間』動画を無料で視聴する』↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

 

 

僕のいた時間動画のあらすじは?

出会い

澤田拓人(三浦春馬)は、就職活動中の大学生。

集団面接中に、本郷恵(多部未華子)の携帯電話が鳴り響く。

 

謝罪しようとしていると、隣に座っていた拓人が、恵が震えている事に気付く。

自分の携帯だと、面接官に謝罪をする。

 

恵は、会社を出ていた拓人を追いかけ、なぜ助けてくれたのか?と尋ねる。

「かばったわけじゃなくて、ピンチの時のどう冷静に対処するか、面接官にアピールするためだから。」

と立ち去って行った。

 

恵は、父親を亡くし母親・翔子(浅田美代子)と暮らしている。

奨学金を返すため、どうしても正社員で働きたいと思っていた。

しかし、就職は決まらない。

 

なかなか決まらない仕事

ある日、水島守(風間俊介)に採用の電話が来る。

友人の内定が分かった時、拓人は1人暗くなるが、悟られないよう笑顔で祝福した。

 

恵の友人・村山陽菜(山本美月)も、就職が決まらない。

陽菜は、就職を諦め結婚相手を探そうとしている。

 

陽菜の理想は、エド(アニメ「鋼の錬金術師」のエドワード・エルリック)。

恵の王子様は?拓人が頭によぎるが、「王子様なんて居ないって」と否定する。

 

実は、拓人と恵は、同じ大学に通っていたのだ。

拓人の面接の結果が不採用だった事を知った恵は、自分のせいだと気にしていた。

すると、不採用になった理由を聞きにいってみようと拓人は提案する。

 

しかし「当社が求めていた人材が他の人だっただけ。」

と当たり障りのない、納得のいかない回答だった。

 

帰りに、2人は海へ向かう。

3年後の自分に宛てた手紙をシャンパンの瓶に入れ、砂浜へ埋めた。

 

前兆?足がもつれる

拓人の父・昭夫(小市慢太郎)は、山梨の開業医。

弟の陸人(野村周平)と両親が、マンションへ訪れた。

 

医学部に進学する弟に期待し、拓人には冷たい態度をとる両親。

弟も拓人を見下しているが、家族の前では、明るい態度を振る舞う拓人。

 

拓人が面接の順番待ちの間、同じ大学の坂下柊二(夕輝壽太)がいた。

ほんの少しだけ話し合った2人だった。

 

拓人は、大学のサークルでフットサルをしていると、試合中に足がもつれ転んでしまった。

先輩の向井繁之(斎藤工)に笑いながら、介抱してもらう拓人だった。

 

メグと親しげに呼ぶ拓人に、向井は「彼女?」と問う。

あっさり否定され、少し悲しい恵だった。

 

ハンドルが握れない・・・

坂下柊二(夕輝壽太)か、自殺した。

就職難を苦に、命を絶ってしまったのだ。

 

通夜の帰り道に、拓人は恵にキスしようとしたのだ。

同級生が亡くなったというのに。

面接で助けてくれたと思っていたのに。

 

拓人にがっかりし、恵は帰った。

 

拓人が家に帰ると、受験を控えた弟に母がトンカツを作っていた。

面接の話をするが、関心のない様子で「頑張ってね」と声をかけられる。

 

集団面接に拓人と恵が来ていた。

恵は、自己アピールが隣の人とかぶり気まずい状況。

 

最後に拓人は、参考書通りの自己アピールを話し始めたが、途中から自分の言葉で話し始めた。

本当の自分をさらけだした拓人は、内定が決まった。

 

拓人と恵は仲直りをした。

恵の自転車を押そうと、ハンドルを握ろうとしたが、掴む事が出来ず、自転車を倒してしまった。

帰り際、「バイバイ、拓人」初めて下の名前で呼び、自転車に乗って帰って行った。

 

拓人は、初めて名前で呼ばれた嬉しさと、なぜ自転車のハンドルが掴めなかったのか?が気になっていた。

 

ついに結ばれた二人

拓人は、家具販売会社で働き始めます。

アルバイト店員が指導者となり、嫌味を言われながらも、懸命に仕事を覚えます。

 

就職活動に失敗した恵は、ファミレスのバイトを続けながら、就活を続けていた。

久しぶりに再会した2人は、水島と陽菜を誘って食事をしようと約束する。

 

拓人のマンションを訪れた恵と陽菜は、陸人と顔を合わせる。

先に守が来ていて、父親が開業医で、陸人が後を継ぐ予定である事を聞いた。

 

ペットボトルの蓋を開けようとしたが、左手に力が入らない事に不安を抱く。

バイトと社員、立場の違いによる不満で、喧嘩してしまった2人

 

左手に違和感を感じた拓人は、ネットでASL筋萎縮性側索硬化症の病名を知る。

症状が一致しており、動揺する拓人。

 

陽菜に合コンに誘われた恵。

まず仲直りしてと、拓人の勤務先へ向かう。

 

そこで、バイトから使えない奴と、怒られている拓人を見てしまう。

自分が言った言葉で傷ついたのだと気付く。

 

その後の合コンでは、飲みすぎてしまった恵。

拓人に電話をかけていたようで、起きると膝で寝ていたことに驚く恵。

 

謝罪し、仲直りした二人そしてキス。

ついに結ばれるのだった。

 

ALS=筋委縮性側索硬化症

向井は、恵に近付くが2人が付き合ってると聞くと表情が曇る。

拓人は、仕事で成果を出せるようになっていた。

 

嬉しい気持ちでシャワーを浴びたていると

腕の力が入らないことに気付く。

 

不安がどんどん膨らんでいく。

頭をよぎるのは、ALSの事。

拓人は整形外科で、頚椎症と診断された。

 

恵は町内会のイベント後に、介護のボランティアを始める。

施設職員から、アルバイトに来て欲しいと誘われる。

 

拓人は、左手に力が入らなくなり、左足も痙攣するようになっていた。

大学病院の神経内科を紹介され、担当医は谷本和志(吹越満)となる。

 

検査結果と、治療方針を家族の人と一緒に聞いてもらいたいと言うが。

拓人は、1人で聞く事にした。

検査結果は『ALS  筋委縮性側索硬化症』。

 

後日、病院を訪れた時に、人工呼吸器を付けたALSの男性を見かける。

体は動かず、目で意思表示する姿が、後の自分に見え、逃げだしてしまいます。

 

「誤診って事は無いんですか?どうして俺なんですか?

今まで悪い事などしたことが無かったのに!まだこんなに若いのに!」

拓人は怒りと不安を、谷本にぶつけるのでした。

 

別れの時、相手を思っての嘘

気持ちを打ち明けられる人はいないか?と問われ

恵のことを思い浮かべた拓人。

 

拓人「もしこのまま左手がずっと動かなくなったらどうする?」と恵に尋ねる。

恵「どうもしないよ。ずっと拓人のそばにいるだけ。」

 

仕事は順調で、営業成績も3位。

しかし、体の自由は奪われていく。

 

恵の母・翔子の弁当屋を訪ねた拓人。

亡くなった恵の父の話を聞かせてもらう事に。

病気の事を知った時どうしたか?

 

泣いてる場合じゃないと、気を張っていたという翔子。

「じゃぁ、出会わなければよかった?」

翔子は「ない」と即答。

一緒に過ごした時間は、かけがえのないものだと言う。

 

その話を聞いて、恵に話があると呼び出した。

「今日で最後、もう会えない、俺と別れて欲しい。ちょっと重くなってきた。

オレ、メグとの将来とか、そういうの考えらんないから。」

恵を思って嘘の演技をする。

 

拓人の気持ちを知る為、向井を訪ねる恵。

思わず泣き出した恵を抱きしめる向井。

向井は、拓人に恵への思いを打ち明ける

 

進行するALS

荷物の中にあった、ALSの申請書類を目にしてしまう。

だから恵と別れたのか、と感づく向井。

拓人は、自分の事で精一杯だ、恵によけいな事は言うなと言う。

 

恵は向井と、朝にウォーキングを始め、距離が近づいてゆく。

別れる直前に一緒に食事をしていた母・翔子は、なぜ別れたのか気にしていた。

 

陸人が不登校になり、心配して母・佐和子がやってきた。

母「陸人には医者になってもらわないと困る」

拓人「陸人は医者に向いていない」と答えた。

 

病状は悪化し、杖を使っての歩行も困難となる。

職場の仲間に、ALSである事を告白する。

 

2人が別れて、1年半以上経った。

電動車椅子での、生活を送っていた。

水島は度々訪れている。

 

陸人は引きこもったまま、2ヵ月大学に行っていない。

恵は、介護施設の正社員になり、ALS患者・今井の訪問介護に取り組んでいた。

 

恵は、向井と付き合っていた。

拓人は、ALSである事を告白後、仲間の協力を得ながら、自分にも出来るパソコン作業の仕事を用意してもらっていた。

 

久しぶりの4人の再開

拓人の父・昭夫は、ALSの論文等を調べ、主治医である谷本を訪ねた。

谷本は、拓人が自分に出来る事を懸命に取り組んでいる事を伝える。

 

水島は、電動車椅子サッカーの練習を見学に行く。

練習に参加する拓人。

 

陸人は、なぜ兄は楽しそうなのか、と水島に問いかける。

陸人は、自分がALSになったら、誰にも会いたくないと感じるだろう。

なぜ兄は楽しんでいるのだろう、と不思議でならなかなった。

 

電動車椅子サッカーの練習中に、偶然恵と会ってしまう。

ノートに日記をつける事が日課の拓人は「幸せでいてほしい」と何度も書いた。

 

恵は、向井と結婚する事となったが、再会した事により、新居を掃除をしながら泣いていた。

陽菜は、水島の様子がおかしいと、こっそり尾行すると拓人とサッカーをしていたのだ。

 

久しぶりに、昔のように食事をします。

気を使って、陽菜は水島と陸人を連れ出し買い物に出ます。

恵の携帯に、向井から電話が入り、拓人といる事を打ち明け電話を切ります。

 

今も思い合っていた、ふたり

https://twitter.com/harumasa108/status/828195316172279808

 

陸人は「大学には戻れない」と言い出す。

母・佐和子は、拓人も一緒に一度家に戻ろうと話をした。

 

「仕事もあるからここに残りたい。

そして介護ヘルパーの利用時間を増やしてほしい」と頼んだ。

 

父・昭夫が拓人に「絶対に死なせない」と言い残し家を出た。

1人暮らしを始め、店長から広告の仕事を任せられる事にやる気になっていた。

 

水島は、恵と向井に拓人の世話をして欲しいと頼みます。

向井は了承し、恵は拓人の世話をすることに。

 

以前、2人が手紙をビンに入れて砂浜に埋めた事を恵が思いだす。

その瓶を拓人は、掘り出していたのだ。

 

2人で手紙を見てみる事にします。

恵『隣にいる人は?』

拓人『今生きてる?』

 

2人で海に行く事にします。

昔のように、丸太に2人で座り。

恵は拓人を抱きしめて泣き出した。

 

拓人は、日記に恵を抱きしめたいと書いていたのだ。

 

拓人、医学部を目指す

拓人の所に翔子が訪れてきた。

恵が向井とは一緒に暮らせない、と言い出した事を打ち明ける。

拓人は恵を呼び出し、早く一緒に暮らした方が良いのではないかと助言する。

 

しかし、恵の今の正直な気持ちは、拓人と一緒にいたい、という思いである事。

向井と結婚する方が幸せだ思い、自分の気持ちを押し殺す拓人だった。

 

拓人は、陸人に勉強を教えてもらい医学部を目指す事にする。

恵と笑い合い、夜も隣で寝てもらい、充実した日々を過ごしていた。

 

陸人はホームセンターで、アルバイトを始め以前より楽しそう。

 

一方、拓人のALSの進行は更に進み、無呼吸が発生した。

人工呼吸器装着に否定的な拓人だか、皆に装着を勧められる。

 

そして、拓人は行方をくらます。

雨の中、車椅子ごと転倒し起き上がれない。

皆が必死で探し、無事に見つかった。

 

生きる覚悟

https://twitter.com/Liyin11/status/742740850908663808?s=20

拓人の家庭教師の教え子、桑原すみれ(浜辺美波)に、中学校で講演してほしいと頼まれます。

講演が始まります。

 

拓人は、病気になる前、なってからの事を語り出します。

今は人工呼吸器を付けるかの選択を迫られている事。

 

もし、付けたら話すことも出来ず、ただ生きているだけの状態になる事。

僕が僕であり続けるには、どうしたらいいんだろうか。

 

そうなった時に、僕を支えてくれるのは、それまで生きた時間。

『僕のいた時間』なんじゃないか。

 

僕は覚悟を決めました。

生きる覚悟です。

と、講演を見に来ていた、家族や友人先輩に向けて話しました。

 

3年後。

人工呼吸器を付け、顔の感情を動かす筋肉もなくなりパソコンを活用した音声で会話をしていた。

 

そして拓人の夢を実現し、そして精力的に講演も行っている。

拓人は無事、医学部に合格。

 

恵と拓人が3年前に埋めた、タイムカプセルに残した言葉は。

「拓人へ、私の隣にいてくれてありがとう」

「メグへ、オレのとなりにいてくれてありがとう」

 

同じ内容のメッセージを見て、結婚指輪のついた拓人の手を握り、微笑むのでした。

 

今なら1ヶ月無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『僕のいた時間』動画を無料で視聴する』↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

僕のいた時間動画に登場するキャストは?

澤田 拓人役:三浦春馬(俳優)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状が現れる。

高校までは医者を目指していた大学4年生 。

卒業後は、家具店にて働き出す。

 

ドラマ『14才の母』で、恋人役を演じ、知名度を上げる。

今作『僕のいた時間』で第51回ギャラクシー賞個人賞を受賞しています。

 

本郷 恵役:多部未華子(女優)

就職面接にて、拓人と知り合った同級生。

拓人と恋人関係になる。

 

『山田太郎ものがたり』でドラマ初出演。

2009年、朝ドラ『つばさ』のヒロインを務め、注目を集める。

 

水島 守役: 風間俊介(俳優)

拓人の親友。

 

中学2年に、ジャニーズ事務所に入所。

ドラマ『3年B組金八先生 』にて、第3回日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞

 

村山 陽菜役:山本美月(女優・モデル)

恵の親友。

 

2009年7月に第1回「東京スーパーモデルコンテスト」に出場しクランプリを受賞。

『cancam』の専属モデルをはじめる。

その後、ドラマやモデルとして活躍中です。

 

僕のいた時間動画の3つの必見ポイントは?

今を生きるという事

拓人が、病気になり今をただ何となく生きるという事はもったいない事。

今を疎かに生きる事は本当にもったいない!

拓人に恥じぬように、今を精一杯生きて一瞬一瞬を大切にしたいと感じました。

 

別れを選んだ、嘘の演技

病気がわかって、恵を思って別れを選んだ事。

正直重くなったと、嘘をつき、病気の事を一切話さず別れた2人。

 

一番側にいて欲しい人なはずなのに、その人を思ってあえて別れを選んだ拓人。

自分が拓人の立場なら、別れを選ぶことはできただろうか?と考えさせられました。

 

未来を見つめて

精力的にサッカーや、勉強、仕事に取り組んだ事。

今を無駄にしないために大事に生きていますね。

そして、人工呼吸器で生きる選択をした拓人は最後まで未来を見つめてとても、素晴らしいと思いました。

 

僕のいた時間動画を視聴した人たちの感想は?

それでは、僕のいた時間動画を視聴した視聴者の感想を見ていきましょう!

新潟県 コキンちゃんさん
病状が進行していく役の為、三浦春馬さんは7キロ減量したそうです。

別ドラマでは、体重を増加させ肉体改造したり。

役により、別人のように体型を変える、凄い俳優です。

佐賀県 トレーナーさん
素晴らしいドラマに巡り会いました。

生きること、家族、友達、仕事。

今まで当たり前だと思っていた事は、大切なことだと。

このドラマを通して気づかされました。

神奈川県 たけうちゆうこさん
人工呼吸器で生きていく覚悟をした拓人。

拓人と生きていく覚悟をした恵。

きっと二人なら、乗り越えて生きていくでしょう。

普通に生きている事、その大切さを教えてくれた素晴らしいドラマでした。

滋賀県 かばさん
言葉だけでなく、目や表情、声、仕草で伝えてくれる役者の演技は、心に響くものがありました。

私はこのドラマに出会えて本当に良かったです。

命と向き合う姿が、とても素晴らしかったです。

病気の役を演じるために、減量した三浦春馬さんの演技力に驚きました。

 

今なら1ヶ月無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑FODに登録して『僕のいた時間』動画を無料で視聴する』↑↑↑

*1ヶ月以内に解約すれば利用料金は一切かかりません*

僕のいた時間動画1話のまとめ

なんとなく生きる事のもったいなさ、今を大事に生きる事がとても大切である事。

病気がわかり死を覚悟した時、拓人のように精力的に今を楽しむことが自分にはできるのだろうか?

とても考えさせられるドラマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*